特例子会社とは?「仕事内容や職場の様子、求人の見つけ方を紹介」

特例子会社とは?「仕事内容や職場の様子、求人の見つけ方を紹介」

「特例子会社」ってよく聞くけれど「一般企業や障害者雇用と何が違うの?」「どんな仕事をするの?」「どうすれば就職できるの?」など疑問に思ったことありませんか?

そんな特例子会社について寄せられる質問や、特例子会社で働くメリットデメリットまで紹介してきます。

障害や病気のある方で、転職や就職を考えている方は、ぜひ今後の仕事探しの1つ選択肢としてご覧ください。

目次

1. 特例子会社とは

2. 特例子会社の様子

3. 特例子会社と障害者雇用枠の違い

4. 特例子会社の求人情報の見つけ方

5. まとめ

1. 特例子会社とは

「特例子会社」とは、「障害者の雇用の促進及び安定を図るため、事業主が障害者の雇用に特別の配慮をした子会社」で、厚生労働大臣から認定を受けた会社を指します。

特例子会社を設立すると、そこで雇用する全従業員は事業主である親会社の雇用であるとみなされ、雇用率を算定する際には親会社と同一の事業所として取り扱われます。

引用:静岡県ホームページ「特例子会社をつくろう」

つまり「特例子会社」は障害者が働く会社として設立された会社で、障害者が働きやすいように、施設面、仕事内容、就業規則などへの配慮やサポートを手厚くしています。そのため一般企業に比べると、障害者の働きやすい環境が整っているといえるでしょう。

また「特例子会社」で働く従業員は、親会社の法定雇用率を算定する際に加えることができます。

では、障害のある方が多く働く特例子会社は、一般企業と何が違うのでしょうか?
昇進昇格などキャリアップはできるのでしょうか?
給料はどれぐらいもらえるのでしょうか?

特例子会社の取り組みとともに、その様子をみてみましょう。

2. 特例子会社の様子

ここからは、特例子会社の取り組みを具体的に取り上げながら、職場の様子をお伝えします。 現在、全国には517社の特例子会社(2019年6月現在)があります。所在地や親会社などが掲載された一覧はこちらをご覧ください。

参照:厚生労働省「障害者雇用率制度」

それぞれ業種、業界、規模も異なります。様々な角度からその様子をみてみましょう。

2-1 精神障害者の職場定着を促進している特例子会社

2018年4月1日から障害者雇用義務の対象が、身体障害者、知的障害者に精神障害者が加わりました。それに伴い、精神障害者の雇用を積極的に行う企業も増えています。

ただ、身体障害や知的障害とは障害の特徴が異なるため、新たなサポート体制が必要になります。その精神障害者に向けたサポート体制の構築を積極的に行っている特例子会社を紹介します。

NTTクラルティ株式会社

東京都武蔵野市にあるNTTクラルティ株式会社は、情報サービス業を行う従業員数404人の特例子会社です。うち304人の従業員は障害のある方です。

障害種別の内訳は以下の通りです。

    ・身体障害者 177人
    ・知的障害者 53人
    ・精神障害者 74人

精神障害のある方が増加するにつれ、社員のフォローや採用後の定着支援を充実させるために、様々な取り組みをしてきました。

    ①2018年4月「定着支援担当」を作り、人事担当が兼任していた定着支援業務を移管しました。
    ②社員の小さな悩みや課題を解決につなげる「つなぐ相談室」を設置しました。
では、それぞれの取り組みを詳しくみてみましょう。

①定着支援担当の設置

定着支援担当には、社内では「総務担当兼務の担当課長」「主査」「シニアアドバイザー」を、社外では精神保健福祉士2人と臨床心理士1人を配置することで、社内外の支援体制を構築しました。

これにより、上司による日々の業務マネジメントや体調管理の充実を目指していきました。また、定期的に定着支援面談を実施することで、精神障害者のメンタル不調等の問題を早期に把握し、支援機関の協力を得ながら迅速に対応できるようになりました。

②つなぐ相談室の設置

小さなな悩みや課題は、他者に知られたくないという思いから抱え込む傾向にあり、メンタルの不調を生じていました。

そこで、プライバシーに配慮した相談窓口の必要性を感じ、定着支援担当者が窓口となってつなぐ相談室をスタートさせました。

「つなぐ相談室」のキャッチフレーズは「どなたでも、どんな相談でもお受けします」。勤務時間内に電話、メールなどで相談でき、相談者が開示先を限定することも可能です。

2018年6月に開設してから半年で100件を超える相談を受けました。開設当初は、相談しやすいメールでの相談が多くなると予想していました。しかし一番多かったのは直接来訪して相談した方で、約半数を占めたことに驚いたといいます。

相談内容の内訳は「体調に関すること40%」「職場での人間関係14%」「就労支援事業所に関すること7%」と続きました。

相談後の状況は、2019年1月までに106件あった相談のうち60%はすでに解決し、その他の案件も早期解決に向けてフォローし続けています。これからも「つなぐ相談室」をさらに相談しやすい窓口にしていくことを目指しています。

参照:平成30年度障害者活躍企業 事例集 (厚生労働省委託事業 公益社団法人 全国重度障害者雇用事業所協会)

このような特例子会社の取り組みを知ると、精神障害者がどのような環境で働いているのか、長く続けられる職場なのかといった悩みも少し解消するのではないでしょうか?

メンタルのちょっとした変化にも気づいてもらえる上司や担当者がいれば、安心して働けそうですね。そして、我慢やストレスをためない環境は、長く続けるためにも大切なポイントです。

2-2 昇進や昇格、キャリアアップを目指せる特例子会社

特例子会社は、他の一般企業と同じような昇進や昇格といったキャリアップを目指すことはできるのでしょうか?

目標があると仕事へのモチベーション向上に繋がります。また責任ある立場になることで、やりがいを感じることもあります。モチベーションや仕事へのやりがいは、ここで仕事を続けたいと思える1つの理由になります。

次は、キャリアアップを目指せる制度を導入したことで、自分たちが中心となって会社を動かしていく原動力となり、障害のある社員のモチベーション向上につながった特例子会社を紹介します。

SMBCグリーンサービス株式会社

千葉県にあるSMBCグリーンサービス株式会社は、銀行事務受託を行う従業員684人の特例子会社です。うち442人の従業員は障害のある方です。

障害種別の内訳は以下の通りです。

    ・身体障害者 262人
    ・知的障害者 73人
    ・精神障害者 107人

①キャリアップ制度の導入

SMBCグリーンサービス株式会社は、2016年より障害者社員のキャリアアップ制度を導入。業務スキルに優れ、実力のある社員を積極的に登用しています。これにより「社員が主体となって日常業務を運営する会社」を目指してきました。

導入当初は限定的に運用していましたが、その後対象者を拡大し、役職者が社員と連携しながら業務運営の中核として活躍しています。
2018年7月現在、課長3人、ジョブリーダー13人、サブリーダー50人が登用され、その割合は障害者社員の15%に相当しています。

②評価基準の設置

また、リーダー職を目指す社員への明確な説明をするために、以下のような推薦基準を制定しました。

    ①仕事力(業務能力・対応能力)
    ②コミュニケーションスキル(対人理解力・対人影響力・役 職者との連携)
    ③健康管理(勤務意欲・メンタルヘルス)
    ④周囲影響力(人望・信 頼性・誠実性)

リーダー等になるには、単に業務遂行能力が高いだけでなく、心身共に健康を維持できているかいうことも重要になります。そのため特に②③を重視しています。

2018年度には、初めて精神障害のある社員2名がサブリーダーに登用され、処遇面での対応もあわせて社員のモチベーション向上につながりました。

今後も、更なる社員のモチベーション向上を目指して、評価の公平性・透明性を重視しながら、障害者社員が活躍できるステージの拡大を検討しています。

UMBREにも、SMBCグリーンサービス株式会社で働いた方から体験談が届いています。

「月に1回は上司と面談し、困っていることはないか聞かれたり、障害状態が悪くなってないかなどを面談で聞かれて、配慮することがあるかどうかを聞かれ、内容によっては配慮してもらえる。」
(男性、肢体の機能障害、デスクワーク)

特例子会社は、従業員の多くは障害のある方なので、配慮やサポートといった点は重要視されていることが多いでしょう。働きやすさに加えて、ステップアップ望んでいる場合は、キャリアップ、昇進、昇格といった制度の有無について確認してみるのも必要ですね。

参照:平成30年度障害者活躍企業 事例集 (厚生労働省委託事業 公益社団法人 全国重度障害者雇用事業所協会)

2-3 直接話しをうかがった、注目の特例子会社

UMBRE編集部は、今注目の特例子会社3社を訪問しました。担当者にインタビューすると、他の特例子会社がお手本とする会社や高い定着率を誇る会社など、注目される理由がよくわかりました。

次のコラムでは、それぞれの会社の魅力を詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

株式会社湘南ゼミナールオーシャン

神奈川県内初となる、学習塾の特例子会社です。各地で公演を開くなど特例子会社として注目を集めていますが、その要因の1つが3年定着率84.6%という高い定着率です。その秘密をうかがいました。
※続きはこちらをご覧ください。

株式会社ぐるなびサポートアソシエ

ぐるなびのコンテンツチェックやデータ入力、情報調査などぐるなび本社に関連する仕事を担っています。自社オリジナルの仕組化により、様々な障害のある方が働きやすい環境を整えています。気になる「オリジナルの仕組化」を具体的に教えていただきました。
※続きはこちらご覧ください。

富士ソフト企画株式会社

ホームページや名刺やパンフレットのデザインなど、本社や外部からの仕事を行っている特例子会社です。障害者雇用のノウハウを学びたい企業が年間200回も訪問するなど、その実績が注目されています。詳しい様子をうかがいました。
※続きはこちらをご覧ください。

3. 特例子会社と障害者雇用枠の違い

病気や障害のある方は、様々な働き方を選択することができます。

    ・一般企業の一般採用枠
    ・一般企業の障害者雇用枠
    ・特例子会社

一般採用枠との比較は別の記事に譲るとして、今回は一般企業の障害者雇用枠、特例子会社を比較してみてみましょう。
どちらも障害者であることを告げた上で採用され、働くことに変わりはありませんが、違いはあるのでしょうか?

3-1 アンケートからみる、特例子会社と障害者雇用枠の違い

まず「、特例子会社と一般企業の障害者雇用枠の違い」を知るために、アンケートを実施しました。結果は以下の通りになりました。

hogehoge


一番多く回答があったのは配慮やサポート体制で、約半分の方が回答しています。その次に仕事内容でした。

配慮やサポートといった点では、特例子会社について以下のようなコメントも寄せられています。

・生活指導員が配置されているて、障害の事や配慮、現状のこと等の話し合える
・管理職や指導者以外はほとんどが障害者なので働いやすい。仲間意識も強い。
・障害者にふれる機会や経験が豊富がなので配慮や理解が濃い。

配慮やサポートが手厚いのが特例子会社の特徴でもありますが、配慮の度合いについては 「仕事だけでなく日常生活まで管理されたので、向き不向きがある」といった意見もありました。

障害の特徴やその方の感じ方はそれぞれです。入社前に見学や体験などを通して、特例子会社の雰囲気や様子を知っておくのも良いですね。

3-2 特例子会社とその親会社の障害者雇用枠の違い

次に、障害者雇用枠と特例子会社の働き方や待遇など両社の違いを、当サイトに届いた体験談で比較しながらみてみましょう。

①配慮やサポート内容、職場環境を比較

■「株式会社リクルートホールディングス」と「株式会社リクルートオフィスサポート」

親会社である株式会社リクルートホールディングスは人材紹介やメディア&ソリューションなどを行う大企業です。従業員数も多く、全国に事業所を構えています。

特例子会社である株式会社リクルートオフィスサポートは、リクルートグループ各社の総務、経理、人事など幅広い分野のサポートを行っています。

株式会社リクルートホールディングス(親会社)の障害者雇用で働いている方のコメントをみてみましょう。

「なかなか理解しがたい病気や障害ですが、体調優先で勤務をしていい、と話してくださる。」
(女性、1型糖尿病・適応障害)

「かつての上司は、精神障害を配慮して対応してくれていたが、変わった上司は、配慮がなかった。」
「働いた分の給与は、もらえてなかった気がする。時間の拘束がきつく、精神的にきつかった。」
(女性、その他の精神障害)

「家事や育児などプライベートが忙しい方も、体調に不安がある方も自宅で無理なく働けます! どんな田舎に住んでいても、パソコンさえあればお家で仕事ができます。また個人への気遣いが素晴らしく、その日その日のスケジュールや体調に合わせて担当する仕事量を調節できます。」
(女性、脊髄小脳変性症)

病気や障害が異なる方々が、様々な部署で働いていらっしゃるようです。部署が異なれば当然上司や同僚も異なり、その対応も異なるようです。つまり、会社としての考え方や取り組みに加え、自分の所属する上司や同僚の考え、病気や障害に対する理解度が、そのまま職場環境に響いてきます。

また在宅で働くことも可能なようです。最近はテレワークといった働き方も増えています。働き方があっている方にはとても働きやすい会社なのかもしれません。

次に、株式会社リクルートオフィスサポート(特例子会社)で働いている方のコメントをみてみましょう。

「階段や廊下に手すりがあったのは有難く、調子が悪くなったら掴むことが出来ましたし、休憩室もあったので何も不安に感じることはありませんでした。周りの人達も私の病気に理解を示してくれた人が多かったので気分良く働くことができました。」

「仕事が忙しい時には体調が悪くなってもなかなか言い出せる雰囲気ではなかったので、その点は残念に思っています。」

(男性、尿・腎臓・膀胱に関する疾患)

「特例子会社ということもあり、さまざな障害を持った人が働いているため、自分の障害で引け目を感じることが少なく、体調管理もしやすいと感じます。またさまざな職歴の人がいるため、初めて携わる仕事だとしても、最初は丁寧に教えてもらえるので、働きやすいと感じています。」

「障害に対する配慮はあるものの、1人の社会人、労働者として働けることが大前提にあるため、体調が安定しない状態だと、働き続けることが難しいとおもいます。 また自分できちんと体調管理し、不調な時に早め早めで相談するなどできないタイプの人も難しいと思います。」

(男性、うつ病)

特例子会社の場合は、障害者の勤務を前提で作られた会社であるために、施設面や仕事の進め方について配慮やサポートが手厚いようです。
ただ、労働者として働く以上、会社の状況に任せるだけでなく自分自身の体調管理ができる、考えを自己申告ができることが、長く働くためには必要かもしれません。

いかかでしたでしょうか?
もちろん、親会社と特例子会社では会社の規模が違いますし、ここに挙げた体験談が全てではありません。

ただ特例子会社の方が、バリアフリーや休憩室などといった施設面や、仕事の進めやすさや周りのサポート力といった点では、期待できるのかもしれませんね。

また一般企業に比べて特例子会社は、上司の異動が少ないようです。「前の上司は理解してくれたのに、次の上司は態度が違う」といった上司の異動による環境の変化が、働きやすさに影響を及ぼすということは少ないように思います。環境が安定していたほうが、落ち着いて働けますよね。

②給料などの待遇面の比較

続いても、同2社を比較しながら給料の違いをみてみましょう。

    【株式会社リクルートホールディングス(親会社)の給料】
    例1:時給985円
    例2:時給1200円
    例3:月給200000円

    【株式会社リクルートオフィスサポート(子会社)の給料】
    例1:月給 140000円
    例2:月給 290000円

    参照:UMBREに寄せられた体験談より

部署や働き方、勤務日数が異なるので、同じ条件や状況で比較することはできませんが、株式会社リクルートホールディングスと株式会社リクルートオフィスサポートを比較してみると、お給料の大きな差はみられないように感じます。

もちろん、待遇にはお給料だけではなく、福利厚生や昇進や昇格など様々要件が含まれます。また会社により待遇はそれぞれ異なります。入社する前に確認しておきたいですね。

※会社についての体験談や、会社情報、求人情報がご覧いただけます。詳しくは以下をご覧ください。

■株式会社リクルートオフィスサポート(子会社)

■株式会社リクルートホールディングス(親会社)

3-3 同じ業界で比較する、特例子会社と障害者雇用の違い

では次に、「業界」という切り口で障害者雇用と特例子会社を比較してみましょう。 皆さんの中には、「この業界で働きたい」というこだわりを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

今回は「アパレル業界」に注目して比較してみましょう。
それぞれ会社は異なりますが、職種としては同じアパレルのバックヤード業務を行っていらっしゃいます。

①アパレル業界の障害者雇用枠と特例子会社の違い

まずは、アパレル業界の一般企業の障害者雇用枠で働いた方のコメントを見てみましょう。

「作業内容は値札の取り付けやチェック等でしたが、値札等は、他従業員が持ってきてくれたり、作業に必要な物は準備してくれました。」
「出退勤とトイレや昼食時は他従業員が手伝ってくれました。車椅子が通れない場所はなくしてもらいました。」
(男性、筋ジストロフィー、アパレルショップバックヤード業務)

この方は、障害や病気に理解のある会社で働いている様子が伝わってきます。自分の状況を予め詳しく伝えることで、会社もサポート体制を整えることができます。

次に、アパレル業界の特例子会社で働いた方のコメントをみてみましょう。

「毎日朝礼と終礼があり、体調確認や業務上悩んでいること困ったことを話して振り返る時間がある。業務上の悩みや困ったことはすぐに解決したり、アドバイスをくれる。 いかに長く働き続けるかを考えてもらえ、無理をしないペースで働くように指導してくれる。」
(男性、双極性障害、アパレルショップバックヤード業務)

特例子会社も周囲の配慮やサポートを得られる環境であることがわかります。
また特徴的なのは、会社が「長く働き続けるにはどうしたらよいか」という点を大切にしていること。
働きやすさを備えるだけでなく、働いている人が働き続けたいと思えるよう、精神面やモチベーションにも気を配っていることがわかります。

両社の比較は、障害や病気の内容が異なりますので、単純に比較することはできませんが、アパレル業界で働く方へのアドバイスとして、以下のようなコメントが届いています。

「重いものを持つことはないが、立ち作業であることや脚立を使う作業であるためどうしても体力仕事になる点。疲れが残ったり足が痛くなったりして体のケアをしないといけない時がある。年齢が高くなると体力的に働き続けられるか不安がある。 アパレルブランドの仕事のため、セール等の繁忙期で入荷量の増加があり業務量が増える時期がある。 店長によって職場の雰囲気や業務内容や業務量が異なる傾向がある。また店長経験歴の長さによっても業務内容や業務量が変わる。」

体力が使うことや、時期により忙しさや業務量が変わることは、頭の片隅に入れておいたほうが良いかもしれませんね。

4. 特例子会社の求人情報の見つけ方

特例子会社の様子や、一般企業の障害者雇用との違いをみてきました。
では、一般企業に比べて数が少ない特例子会社ですが、どうやって求人情報を見つければよいのでしょうか?

4-1. 特例子会社のホームページをチェック

一番手軽にすぐチェックできるのは、気になる特例子会社のホームページです。「障害者の採用情報」として、募集要項を載せている特例子会社もあります。
同時に、会社概要や理念などの基本情報も知ることができますね。

このサイトでも、障害者雇用の採用ページがある企業ページにはリンクを張っています。 体験談が寄せられ、採用ページがある特例子会社は以下をご覧ください。

4-2. ハローワークの障害者専門窓口をチェック

ハローワークには障害がある方を専門的に支援してくれる「障害者専用窓口」があり、専門の職員・相談員を配置しています。必要な場合は、職業紹介・就業指導なども行ってくれます。

ハローワークを利用して、特例子会社に入社した方のコメントも届いています。

「障がい者専門の求人を探してくれて、たまたま特例子会社の求人があり応募し、採用された。」
(男性、うつ病)

「ハローワークで職業訓練校を受験して入校し就職に関する指導助言や職業紹介を受けた。」
(男性、肢体の機能)

「障害者就業支援センターに相談し紹介して頂いた。」
(男性、肢体の機能)

ハローワークは求人情報の提供だけでなく、相談や職業訓練校の紹介なども行っています。また国のサービスなので、安心して利用できるのが魅力ですね。
最寄りのハローワークに相談に行くのも良いですし。その前にホームページでチェックしてみても良いでしょう。

参照:ハローワーク インターネットサービス

また障害者の雇用促進のために厚生労働省や都道府県が委託している事業「障害者就業支援センター」は、ハローワークや就労移行支援などと連携しながら雇用支援を行っています。自分にあったサービスを活用してみましょう。

参照:厚生労働局 東京労働局「障害者就業・生活支援センターとは」

4-3. 障害者専門の人材紹介会社をチェック

障害者専用の人材紹介会社があるのはご存知でしょうか?
< 障害者の転職相談を専門とするアドバイザーが直接本人と面談し、希望の条件・障害の内容などを確認した上で本人と企業にニーズに合った求人を紹介してくれます。

「人材紹介会社で採用面接等様々なサポートを受けました。」
(男性、尿・腎臓・膀胱に関する疾患)

なかには、企業との面接日程の調整や面接に同行するサービスや、入社後の状況確認と新たな相談を受けてくれる人材紹介会社もあります。

また、精神障害、身体障害、発達障害、知的障害など障害の種別ごとに担当者がおり、障害の知識や就職相談の経験を活かしてサポートしてくれる人材障害会社もあります。

人材紹介会社によって扱っている企業も異なりますので、自分の希望の職種に強い会社などを一度チェックしてみても良いですね。



▼障害者雇用枠の求人を見つける方法はこちらでもご紹介しています。
ハローワークだけじゃない、障害者雇用枠の求人はここでも!求人サービスを紹介


5. まとめ

特例子会社といっても、業種も規模も様々です。気になる特例子会社があれば、まずどんな仕事をしているのかを確認することからはじめると良いでしょう。

特例子会社の数は増加しています。また、企業は東京や大阪といった大都市に集まりがちですが、親会社が東京にあっても、特例子会社は地方に設立する会社も多くあります。さらに、最近ではパソコンが利用できる環境であれば、在宅ワークを可能にした特例子会社も数多くあります。通えない場所への就職や通勤が難しい方の就職も可能になりつつあります。

特例子会社も模索しながら会社を運営しています。そのため、障害のある方がより長く働ける環境作りに積極的に取り組んでいる会社が多いのも事実です。

様々な情報を活用しながら、やりたい仕事、働く場所、採用方法、雇用形態など検討して、自分の希望する会社を見つけてください。

新着口コミを毎週火曜に定期配信中
働きやすい環境を見つけるきっかけに


口コミを受け取る

関連するコラム

新着記事一覧へ