「精神障害者手帳」を取得したら仕事は? 続けられる仕事探しのコツ

精神障害と診断され、「精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)」を申請し、交付された方もいらっしゃるでしょう。もしかしたら、申請しようか迷っている方もいるかもしれません。

精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)が交付されると、様々な支援を受けられることをご存知ですか?
日本では、精神障害者の自立と社会参加の促進のために、手帳保持者への支援が広がっています。

精神障害と診断されても、通院や服薬で症状のコントロールがしっかりとできていて、仕事に就きたい、仕事を続けたいと思う方も多いでしょう。
しかし一方で、「ブランクがある人間が就職できるのだろうか…」「無理して再発するのも怖い…」「障がいのことは隠しておかないと就職は無理なのでは…」と悩むことも。

でも、悩んでいても次へは進めません。
自分のペースで良いので、少しずつ悩みを解決して前に進んでみませんか?

精神障害と診断され、働いている方はたくさんいらっしゃいます。またその中には「精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)」を取得している方もいらっしゃいます。

今回は、同じような症状を持ちながら実際に働いている方の体験談をもとに、働き方や仕事の探し方についてまとめてみました。

ぜひ、自分の望んでいる仕事や職場で働くために、同じ症状をお持ちの方の意見を役立ててください。
精神障害があっても就職活動をして自分の望む未来が実現できるように一緒に考えていきましょう。

精神障害者保健福祉手帳を取得したら仕事は 続けられる仕事探しのコツ

目次

1. 精神障害者保健福祉手帳とは

精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)とは
厚生労働省のホームページでは、上記のように定められています。

では、対象となるのはどのような場合でしょうか?
同じく、厚生労働省のホームページは以下のように記載されています。

『何らかの精神疾患(てんかん、発達障害などを含みます)により、長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある方を対象としています。
対象となるのは全ての精神疾患で、次のようなものが含まれます。

•統合失調症
•うつ病、双極性障害(躁うつ病)などの気分障害
•てんかん
•薬物やアルコールによる急性中毒又はその依存症
•高次脳機能障害
•発達障害(自閉症、学習障害、注意欠陥多動性障害等)
•その他の精神疾患(ストレス関連障害等)


ただし、知的障害があり、上記の精神疾患がない方については、療育手帳制度があるため、手帳の対象とはなりません。(知的障害と精神疾患を両方有する場合は、両方の手帳を受けることができます。)
また、手帳を受けるためには、その精神疾患による初診から6ヶ月以上経過していることが必要になります。

精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)の等級は、1級から3級まであります。』

参照:厚生労働省 「みんなのメンタルヘルス 総合サイト」より

厚生労働省の推計では、日本には何らかの精神障害を抱えた人が約393万人、そのうち精神障害者保健福祉手帳を取得されている方は約42万人とされています。
約1割の方が取得されているんですね。

では、精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)を持っていると受けられるサービスについてみてみましょう。

2. 精神障害者保健福祉手帳を取得するメリットは

2-1 暮らしの中で受けられるサービス

精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)を持っていると、さまざまなサービスが受けられます。

・公共料金等の割引
・税金の控除や免除
・生活福祉資金の貸付


これらは、全国一律で行われているサービスです。
他にも、地域や事業者により行われていることもあります。以下は一例になります。詳しくはお住まいの市区町村の窓口へお問い合わせください。

・鉄道、バス、タクシー等の運賃割引
・携帯電話料金の割引
・上下水道料金の割引
・公共施設の入場料等の割引
・公営住宅の優先入居


参照:厚生労働省 「みんなのメンタルヘルス 総合サイト」より

2-2 仕事に関連するサービス

では、精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)を持っていると、就職や就労など仕事に関連するサービスは受けられるのでしょうか?
①障害者職場適応訓練を受けられる


「障害者職場適応訓練」は就職後に行う仕事を、実際に職場で体験することができる実習制度です。
訓練は原則2週間以内で、訓練(実習)手当も支給されます。
この制度を管轄しているのは、ハローワークになります。お住まいの地域のハローワークにお問い合わせください。

参照:厚生労働省 「みんなのメンタルヘルス 総合サイト」より
参照:埼玉県庁 ホームページ「障がいのある方、就労支援者の方へ」より

②障害者雇用枠で就労できる


求人には「一般枠」と「障害者雇用枠 」があり、精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)を所持している方は、「一般枠」・「障害者雇用枠」のどちらにも応募することができます。

≪一般枠≫
「一般枠」は、障害であることを伝えず(クローズ)仕事をすることになります。障害のない方と同じように働くことため、広い職種から選べ、昇進や昇給などの機会もあります。しかし、精神障害への理解を得られにくく、周囲のサポートを受けることは難しいのが現状です

≪障害者枠≫
「障害者雇用枠」は、障害であることを伝えて(オープン)仕事をにすることになります。選べる職種は、一般枠に比べる少なくなることもあります。しかし、職場の理解を得られ、周囲のサポートが受けやすくなるなど、働きやすさにつながることも考えられます。実際にも「障害者枠」の求人を活用したというアドバイスもあります。

あなたの理想の働き方はどちらですか?
障害であることをオープンにすることに迷いがある方は、この後の続きも参考にしてみてください。

ではここからは、実際に「精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)」をお持ちの方の体験談をもとに、仕事探しのコツを見ていきましょう。
まずは、悩みや不安です。同じような経験はありませんか?

3. 精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)をお持ちの方が実際に感じていること

精神障害者保健福祉手帳を取得している方が、疾病や症状を抱えながら仕事をするとき、どのような場面で不安や働きにくさを感じたのでしょうか。
体験に基づく声を聞くことで、自分にあった職場探しの参考にしてみましょう。

「慢性的な不眠症があるため夜なかなか寝付けないことがあります。眠れない日が続くと翌朝起きるのがしんどいため、欠勤することがありました」

「強迫性障がいで確認グセが酷いのでその点では仕事でも困っていました」

「数を数えられないことや突然違うことになるとパニックになって固まってしまいます」

「身体は元気でも、精神的に調子が悪いと朝起きれません。」


精神障害者保健福祉手帳を取得している方は年齢も障害の程度も様々です。そして、体調や気分の変動や睡眠リズムの不安定さに悩みや、環境の変化に適応しにくいという不安を抱えているという声が多く寄せられていました。

このように、精神障害のある方は個々の障害の程度や症状は異なりますが、環境の変化や新しいことへの順応が不得意であるという点や少しの変化でも心身のバランスを崩しやすいという点では、共通した悩みとして捉えることができるかもしれません。

それは、主治医の先生と相談し、薬の量を調節しながら障害と上手につきあっている方でも、時にはコントロールできない不調のため欠勤せざるを得ないこともあるという例からも察することができます。

しかし、周囲の方のサポートを受けながら、仕事を続けることができているという声も今回のアンケート結果で得られています。

では、精神障害者保健福祉手帳を取得して働いている方が感じている「働きやすい」と感じる職場とはどのような環境なのでしょうか?
寄せられた声を見ながらオススメの職場環境のヒントを見つけましょう。

4. 精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)をお持ちの方にオススメの職場とは

障害からくる体調の悪さなどは、本人の努力だけでカバーできるものではありません。
周りのサポートや整った環境が、良い影響をもたらすということを念頭において、精神障害のある方が満足感を抱いている職場をみていきましょう。

4-1 満足度が高い職場環境の条件「障害があることを理解してくれる 」

「周りの方が障がい者の事をよく理解してくれました。急な体調の変化にも柔軟に対応してくれて手助けもしてくれました。」

「適応障がいの自分でも邪険に扱う社員は一人もおらず、言動で嫌な思いをしたことがありません。」


精神障害のある方が働きやすい職場とは、「障害者であることを理解してくれる職場」です。
しかし、就職活動を進めていく中で、給与や勤務時間など、他の条件を優先して「障害者への理解」という点をつい後回しにしてしまうこともありえます。

そうした場合、途中で体調が変化し、このままの勤務体制で続けられない感じたとき、どうなってしまうでしょうか?
本人と企業との相互理解ができていなければ、働き続けていくことが難しくなってしまうかもしれません。

障害の症状はそろぞれ異なります。精神障害のある方を雇用した前例がある企業であっても「その人の症状と気持ちの理解」が出来ていなければ意味がありません。
職場選びでは「障害を理解しようという方針のある職場」を探すと共に、自分自身の障害を知ってもらうこと、そしてどのような協力や支援が必要なのかを企業や周りの人に伝えるという努力が必要です。

受け身のままでは、企業が障害のことを理解しようとしていても、十分に把握することは難しいでしょう。自分自身の状態や思いを伝えなかったばかりに、手に入るはずだった働きやすい環境を失ってしまうようなことがないように、自分の障がいのことを正しく告げる勇気を持ちましょう。

次は、自分が障害をもっていることを告げる勇気の大切さについて、もう少し詳しく説明します。

4-2 職場に障害のことをオープンにする大切さ

精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)が交付されるために該当となる疾患は、統合失調症や発達障害などの他に高次機能障害やてんかんなどがあり、一見して症状が分からない疾患も多くあります。

また、その時の体調や精神状態、おかれている状況によっては症状が全くみられないこともあり、就職した後に症状が現れて初めて周囲が理解できることもあります。

そのため、長く勤務し続けていくためには、障害をオープンにしておくことがとても重要です。

障害をクローズにしていたばかりに生じた、デメリットとしどのようなことが起きたかの声を次に紹介していきます。

①障害をクローズにした体験からわかったデメリット


「障がいがあることを隠して就職したので、当然のごとく配慮はないし、責任のある仕事は任されてしまうし、そういうストレスを背負ってとにかくしんどかった。」

「障がいをクローズで入社しました。結局思った以上の激務だったため、もともと不安定だった体調がさらに悪化してしまい、退職することになりました。」


障害をクローズにしているため、企業側はその症状や辛さを知ることはありません。そうなれば障害に対しての配慮を受けることは期待できないようです。
そのような中で生じた悩みや不安を持ったまま、仕事を長く続けるのは難しいかもしれませんね。

次は逆に、障がいのことを伝えて(オープンにして)就職した方の声を聞いてみましょう。

② 障害をオープンにした体験からわかったメリット


「障碍者であることを認めて雇用してくれていたので周りの目も気になりませんでした。体調の悪いときは一休みさせてもらえて、とても配慮が行き届いていました。」

「クローズにすることで得られることより、オープンにするメリットの方が大きいと感じました。」


障害者雇用を積極的に推進している企業でなくても、通院で欠勤することや勤務時間の短縮が認めてもらえる環境があれば、障害を抱えながら勤め続けることができる可能性も広がってきます。

自分の精神障害をオープンにしなかったために、無理して辛い思いを持ち続けることや、自分が望む未来を手に入れることができないということは勿体ないことだと思いませんか?

5. 職場の配慮は仕事への満足度につながる

精神障害者手帳をお持ちの方の仕事への満足度と職場での配慮の関係

5-1 職場での配慮と仕事への満足度の関係

精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)をお持ちの方に、仕事への満足度と職場での配慮の有無をアンケ―トで伺ったところ、以下のような結果になりました。

このグラフからは
・仕事や職場への満足度が高い→周囲からの配慮やサポートを受けている
・仕事や職場への満足度が低い→周囲からの配慮やサポートを受けていない

という結果がわかります。

満足度の高い職場や仕事は、長く続けられる可能性は高くなります。それは、症状の改善にも少なからず影響してくるのではないでしょうか?

やはり、仕事をする上で不可欠なのは、周囲からの配慮やサポートのようですね。

では、具体的にどのような配慮があると助かるのでしょうか?

5-2 嬉しかった職場での配慮

周囲の目からはわかりにくいことがある精神障害。
障害のことを職場にオープンにしたことでどのような支援や配慮を受けることができたのでしょうか?

大きくわけると以下の3つです。
・通院への配慮
・欠勤の際のカバー
・業務内容での配慮


では、具体的な声とともに、それぞれを更に詳しく見ていきましょう。

①通院への配慮


「通院の日は1時間早く仕事を切り上げさせてもらっていました。」

定期的な通院だけでなく、調子の悪い時に急に通院する必要があることもあります。
「午前中、病院に行ってから出社できれば、仕事を休まなくてすむな」と思うことはありませんか?
そんなときも遅刻や早退などの形で通院時間がとれるように配慮してもらえると、仕事と通院の両立も望め、安心して働くことができます。

②遅刻や欠勤への理解


「体調が悪くて休んでしまっても、理解してくれるので助かっています。」

「体調不良による遅刻もありましたが許容してもらえました。」


急な遅刻や欠勤は避けたいことですが、コントロールできない体調の変化もあります。
朝起きたとき「今日は思うように体が動かない、どうしよう。体調が回復するのを待ちたいけれど、遅刻することを伝えなくては...」と余計に気持ちが落ち込むことはありませんか?

このような障害から起きる体調不良を認めてもらえる職場環境があれば、自分の状況を伝えやすくなります。
気持ちを楽に持てることは、長く働くためには大切なポイントです。

③業務内容への配慮


「メンタル面で不調なときは、清掃や品出しなど、接客の少ない業務をさせてもらっていました。」

業種によっては、いくつかの業務のうち体調によって配置や担当する業務を変更してもらうことが可能な場合があります。
「今日は立って仕事するのは厳しいけど、座ってできる仕事ならできそう」と思ったことありませんか?

できることを行うことで、少し不調なときでも欠勤せずに仕事をカバーできる体制があれば、仕事への負担からくるストレスも軽減できそうです。

職場との意思疎通を密にして信頼関係を構築できると、上司や同僚にサポートをお願いしやすくなるでしょう。

6. 仕事を続けるためには復職?それとも転職?

精神障害だと診断された方の中には、休職中の方もいらっしゃいます。少しずつ快方がみられ、仕事をしようかなと考えている方もいらっしゃるでしょう。

精神障害と付き合いながら仕事をする場合、前にあげたような不安や悩みも頭をよぎることでしょう。

まずは続けられる職場で働くことが大切です

そのためにも、先ほど述べたように、自分の症状や特徴を会社に伝えることは、理解が得られ、配慮やサポートを受ける体制の中で仕事を行うことに繋がる第1歩でしょう

そのとき悩むのが次のことではないでしょうか?
あなたは①~④のどれに当てはまりますか?

1.今まで働いていた会社で、同じ仕事に復職することができそう
2.今まで働いていた会社で理解を得られそうだが、部署は変更してもらいたい
3.今まで働いていた会社では難しそうなので、新たな仕事を探し転職する
4.すでに仕事を退職しているので、新しい仕事を探す


では、アンケート結果をもとに、それぞれの状況をさらに詳しくみてみましょう。ご自分の環境に置き換えて考えてみてください。

①今まで働いていた会社で、同じ仕事に復職することができそう


休職と復職に対する理解があり、復職後も安心して仕事ができる体制が整っている会社であれば、復職に対する不安も少ないでしょう。実際にもこのような会社があるようです。

「職場のおすすめポイントは、福利厚生が充実していて、病気になっても、診断書を出して、3ヶ月程度は、仕事を休むことができ、それでも、病気が良くならない場合は、休職もできるということです。その後、復職も可能です。 復職する際には、保健師さんなどが復職に向けて、サポートして下さり、復職後、1か月間は、短縮勤務も可能です。」

「3度休職しましたが、復帰のたびに段階的な慣らし勤務や産業医の面接手配、担当のパートナーが付くなどの配慮をしていただきました。」


②今まで働いていた会社で理解を得られそうだが、部署は変更してもらいたい


会社に相談窓口や相談制度があり、自分の症状を理解してサポートを受けられる会社であれば、部署を変更して仕事を続けることを検討しても良いですね。

サポート体制の整った会社で、復職後は部署を変更して働いている方もいらっしゃいます。

「会社は大きな会社だったので、休職をした際にもしっかりと手当が出て、復職をした際も、部署移動のサポートを受けました。」

「自分の症状をしっかり見据えて、できない場合は、たしか1年に1回部署変更希望を出せるので、自己管理がしっかりできる部署に異動したほうがいい。」


③今まで働いていた会社では難しそうなので、新たな仕事を探し転職する


自分の症状を説明し、相談したいのにできないという会社は、復職したところでその先を望むことが難しいでしょう。
また、周囲の理解を得られない会社もあり、症状の悪化につながるケースもあります。 実際にもこのような経験をした方もいます。

「うつで休職した際どのタイミングで復帰するのがベストか相談する相手がいない。休職していると金銭面で大きな不安があるが、うつで休職した際、その間有給休暇が使えるのかどうかも分からず、何も連絡がなく不安な毎日を過ごす。うつに対して理解もなく、気軽に相談できる上司がいない。」

精神的にやられてしまい2017年7月から8月まで休職しました。その後、復職はしたものの周囲の態度は変わらず体調を崩しては休むの繰り返しになってしまいました。出勤時、周囲の怒りがこちらにも伝わってきてとても怖く、暴言を吐かれました。それが引き金になり2度目の休職。このまま居ても二次障害に悩まされると思い、医事課宛てに手紙を書いてそのまま退職しました。」

「過去働いていた会社ではサポートは休職期間を設けるのみだったのですが、今後転職するとしたら、時短勤務と通院のための休暇を認めてもらえる企業で働きたいです。」


④すでに仕事を退職しているので、新しい仕事を探す


休職には期間を設けている会社もあり、相談することもなく退社を余儀なくされたケースもあります。

「2014年頃から体調を崩す。(その後躁鬱病と診断される。)同年8月頃休職する。休職は8ヶ月しか猶予がなく、そのまま退職。」

次は、精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)をお持ちの方で、今の仕事や職場に満足しているという方が働いている会社を集めてみました。アンケート回答の一部になりますがご紹介します。

7. 精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)を取得している方が働きやすい企業・業種

ではここで、寄せられたアンケートから精神障害のある方から「働きやすい」と回答があった企業と特徴を紹介します。リアルなコメントが届いていますので、仕事選びの参考にしてみてください。

・イオンリテール株式会社
「職場の社員の方々も適応障がいの僕のような人に気にかけてくれ、職場の雰囲気としてはこれほど良い環境は今まで目にしたことがありません。」
満足度:★★★★
配慮 :★★★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

・磯子中央病院
「障がい者雇用の方だけの部屋を用意され、相談員の方を1人付けてくれました。障がいで仕事が遅くても文句を言われない。3カ月に1度面談してもらえます。」
満足度:★★★★★
配慮 :★★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

・株式会社オハラ
「会社も職場の上司も私の障がいにとても理解があり、自分のペースで働かせてくれています。加えて、休んでしまった時にも理解を示してくれています。又、職場の先輩も理解してくれています。」
満足度:★★★★★
配慮 :★★★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

・キユーピー株式会社
「僕のような精神障害を患っている人でも気配りのできた素晴らしいスタッフがたくさん配置されていることです。」
満足度:★★★★
配慮 :★★★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

・株式会社資生堂
「こまめに休憩を取り、同じ社員の方が気を使ってくれます。精神障害を持っているいるのに特にストレスに思う事のない職場だったからです。」
満足度:★★★★★
配慮 :★★★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

・日本アイ・ビー・エム株式会社
「福利厚生の充実が図られている。 職場の人も対応が良い。出張手当が同業他社よりも手厚く保障がなされている。 有給休暇の取得がしやすい。 障がい者雇用も同業他社よりも積極的に行っている。」
満足度:★★★★
配慮 :★★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

回答から傾向をみると、多くの従業員を抱えている大企業の方が、障害者の雇用経験が多く、周囲の理解やサポートも受けやすいようです。
しかし、中小企業の中にもアットホームな雰囲気で働きやすい職場はたくさんあります。

医療・福祉系の業種では、他に比べて障がいへの理解は進んでいることが多く、求人の中では人気の業種です。しかし、人手不足の現場では十分な配慮ができにくいという実情もあるようです。

今回紹介した以外にも、興味のある職場をどんどん探ってしていきましょう。

次は、転職を考えている方へのアドバイスになります。
転職を成功させるための参考にしてみてください。

8. これから仕事を探す方へのアドバイス

精神障害者保健福祉手帳を取得されている方が就職をする際、前述でも触れましたが「一般枠」と「障害者枠」のどちらの求人にも応募することができます。

障害をオープンにすることが長く仕事を継続できる重要なポイントにはなりますが、状況や条件によっては「求人の枠が2つもある」と捉えて、前向きにチャレンジするというケースもあるでしょう。

ここからは、仕事を探す上での方法を紹介します。

8-1ハローワークで探す

「ハローワークの障がい者合同会社面接会というイベントを利用しました。」

「ハローワークで障がい者向け雇用を中心に探してもらいました。障碍者雇用をしていないところにはハローワークが、障碍者だけど大丈夫か、と問い合わせてくれていました」


ハローワークでは「障がい者雇用枠」「一般枠」の求人の中から希望に近い条件を探してもらい、民間の就職・転職情報サービスも積極的に活用して情報を集めましょう。
ハローワークでは、障がい者に方のために専門の職員や相談員によるケースワーク式で対応してくれます。就職後のアフターケアも行っています

その他にも、国と県が設置している障がい者しごとサポートセンターを利用した声も寄せられています。

「障がい者しごとサポートセンターを利用しました。履歴書の添削、面接の練習などに加え、面接日の当日も付き添いに来てくれました。就労中も月に1回のペースで面談をし、働く上での不安を聞いてくれました。」

障がい者しごとサポートセンターについては、北九州の例(福岡)などはネットで情報を得ることができます。自分の住んでいる地域にもあるのか、名称が異なっても国や県が主体的に敷いている機関があるのかなどを調べてみるのも良いでしょう。

8-2精神障害のある方専用の人材紹介会社

「企業研究を一緒に手伝ってもらいました。履歴書の書きかたから面接の練習をしました。面接のポイントなども教えてらえました。」

精神障害のある方専用の人材紹介会社は、障害について勉強を重ねたスタッフと一緒に就職活動を進めることができます。個々に会った職場探しのサポートのために個人の事務作業やパソコン操作のスキルチェックなどを行ってくれます。

また、面接前の企業との調整や、面接への同行や、就職後のサポートもしてくれるなど、きめ細やかで継続性のあるサービスが用意されています

企業との連携を密にしているので、ハローワークには無い求人情報を扱っていることもありますので、より広い求人情報から選ぶことができるかもしれません。

8-3就労移行支援事業所の利用

障害のある方の就職支援では、就労移行支援を行っている施設が日本全国にあります。 就労移行支援事業所では、障がい者総合支援法にもとづいて職業訓練や求職活動のサポートが受けられます。

例えば、障害のために退職し、ブランクがあると就職活動を始めるにも不安が先にたつ方も多いことでしょう。就労支援では、職業訓練を通じて生活のリズムも整え、支援施設への通所で実績と自信をつけて、安定して通勤できるようプログラムが用意されています。

実際に就労移行支援施設を利用した方の声を紹介します。

「就労支援サービスのスタッフと人と接するための訓練を行い、実際に近くのコンビニで付き添いの元働いていた時期がありました。」

就職したのちも、自分ひとりではうまく伝えられない要望を職場に伝えるサポートをしてもらったり、相談をすることで不安を解消したりすることで、仕事を続けやすくする「職場定着支援」が受けられるサービスもあります。

「職場まで訪問したり、相談をしてもらうこともありました。」

「会社訪問や、ワークスのセンターにきて面談しました。電話面談もよく活用していました」

「就労人数が多い企業を選ぶといいかもしれません。人数が少ないと必然的にサポートできる人も少なくなるので少数の企業はあまりお勧めできないです。人数が少なくてもサポートしてくれる場所もあるとは思いますが、やはり人が多い企業の方が福利厚生も充実していますし、サポートも受けやすいかと思います」


就労移行支援事業所を利用して企業に住職する割合は年々増えています。就労支援事業所はハローワークや障害者職業センターなどの求人を紹介してくれる機関と連携しているので、適性にあった職場探しが可能です。

9. 面接でのアドバイス

就職に向け、精神障害があっても働きやすそうな職場環境や就職活動の心構え、向いている職場についてここまでみてきました。

次は面接についてです。

症状や現在の状態を知っている主治医の先生や、周囲の方とも相談しながら何をどのように伝えて面接にのぞむか、よく考えてみましょう。

面接で慌てないためにも、面接のシュミレーションを重ねることで、働き始めてからのイメージもつかみやすくなります。面接で質問したい内容や企業に伝えておきたい障害や受けたい支援についてはチェックシートを作っておくものよいでしょう。

具体的に確認したい内容や、気をつける点は以下を参考にしてみましょう。

9-1 面接でかならず確認したいポイント

面接では、気になることは些細なことでも質問するようにしましょう。

「可能であるなら忙しい時間帯とそうではない時間帯の両方で職場見学を行うことが必要だと思います。」

「会社見学は当然ですが、その時に業務内容をちゃんと確認しておかないと、あとで無理な仕事を言われて結局退職になりかねません。上司がきちんと相談に乗ってくれるかと言うことも大事であると思います。面接時に良く話し合うことです。」

「自分自身の障がい特性の説明や理解、又、その会社が障がいについて事前に社内研修を行っているか等は入社前に聞いておいたほうが良いと思います。」

「拘束時間がフルタイムか時給制で短いか、自分に合っているか、考えた方が良いでしょう。作業内容が自分に合っているか、しっかりと説明を受けましょう。又、自分の苦手な事を説明して受け入れてくれそうかどうか確認しときましょう。」


「採用してもらえるなら」と質問を控えてしまいがちですが、働き始めてから後悔しないように、できるだけ面接の場で疑問点は確認し不安要素を解消しておきましょう。

9-2面接では自分の症状を正しく伝える

長く続けられる企業、満足できる職場環境に必要なことをもう一度思い出してみましょう。

「精神障害への理解があること」
「周囲のサポートや配慮があること」


でしたね。

繰り返しになりますが、企業にこの2つがあるかどうかを確認するためには、自分は精神障害を診断されていることを伝えなくてはなりません。

ただし、漠然と診断名だけを伝えるのでは、採用担当者に自分の特徴を理解してもらうことは難しいでしょう。

症状が現れると、できなくなることも多くあります。できることとできないことを正確に伝えることが大切です。そして、症状が現れやすい環境や具体的な症状について、自分の特徴を伝えるようにしましょう。

また、無理せず働くことができれば再発を防げることや、自分でもできる仕事のペースなどを伝えることは、企業側にとっても採用後の状況を想像しやすくなります。理解のある職場ならサポート体制を整えるなどの対応を考えてくれますし、そのような職場は働きやすい職場といえるでしょう。
そのためにも、まず自分の特徴を良く知ることが大切ですね。

アンケートにも、アドバイスが届いています。

「障がい者枠による就職活動でとても苦労し、症状が安定した状態だった為障がいを隠して入社しました。服薬の必要があった為、パセドゥ病だと嘘をついての入社でした。2~3時間残業する日が週に数日あり、元気なフリをして働いていた所、軽い鬱症状が出始めて欠勤が多くなりました。」

「障がいを開示していなかったこともありますが、体調が悪くても患者さんに対して笑顔で明るく接しなければいけなかったことがしんどかったです。」

「自分が仕事をする上で何か障がいや病気を抱えていて、他の方に比べて同じようなスピードや量をこなせないことがある場合は、それを隠して仕事探しをすると、逆に自分の病気が悪化したり、勤務先の会社側の配慮も期待できませんので、隠さず面接の 時に正直に話しておいた方が、より理解をしていただけると思います。」


仕事をしていく関係性において雇われる側と雇われる側と言う立場を考えると、雇われる側としては自分の状況や何らかの支援が必要であるということを雇い主に伝えておくことは仕事に対する責任であると思います。そして、精神障害の方にとっては特にそれが後に自分自身を救うことにもなり得ます。
v もちろん、すぐに理想的な仕事が見つからず、面接を何件受けても、なかなか決まらないかもしれません。

しかし、焦って続かない企業に勤めてしまうよりは、すぐに決まらないほうが良いのだとわりきって、じっくり転職活動を行ってみてはいかがでしょうか。

10. 入社後や復職後に心得ておきたいこと

面接を経て就職に成功したら、職場での日々が始まります。
復職した方も、久しぶりの職場の様子に緊張することもあるでしょう。
新たに始まる職場での心得を確認しておくと、気持ちも落ち着きます。何よりもアンケート結果に届いた、経験者のアドバイスは心強い味方になりませんか?

10-1体調管理について

「休み明けが苦手なので、休み明けの出勤日の前日は早く寝るようにしています。」

「気分が悪くなったりすると備え付けのベットで横にならせてもらっています」

「無理をしない。駄目だと思ったらすぐにやめる。薬は忘れずに服用する。」

「適度に休憩を入れ、飲み物やストレッチをすることでリフレッシュするようにしています。昼食時に人が多い食堂に行かず、コンビニ等の食事で済ませ、オフィスで静かに過ごしています。」

「なるべくストレスを溜めず、人間関係にもあえて気にしないように過ごし、自分勝手に我儘にして、だけど仕事は最低限こなすようにしている。」


体調を最優先に仕事をすることが、仕事を続けていくうえで大切です。責任感をもって仕事をやり遂げることは立派なことですが、無理をして一人で仕事や辛い気持ちを抱え込んでしまうと結果的に失敗に繋がってしまうリスクが高くなってしまいます。

「長い目でみて今は何を優先するべき時期なのか」と自問自答することも必要です。

10-2仕事での工夫

「なるべく同僚の方の付き添いの元、作業を覚える際にサポートを行ってもらいました」

「できることから少しずつがんばります。言われたことをメモに書いて忘れないようにしています」

「なるべくミスをしないように教えてもらったことは全てメモに残す」

「メモを取る、とったメモを確認する、怒られても何度でも担当の方に確認する。付箋や色ペンなどで視覚的に覚えられるようにしています。」


自分に「できること」「できないこと」、「得意なこと」と「苦手なこと」を把握し意思表示しておきましょう。できないことがあっても、できることをしっかりと行い、努力していく姿勢を常に持ち続けることで、周囲からのサポートも受けやすくなります。
仕事で受けた指示や教わった内容などはメモに残し、同じ質問を繰り返さない努力も大切です。

また、業務にあたっては手順書やメモやto doリスト(やるべきことリスト)のようなやるべきことやチェックリストを活用することは仕事を進めやすさにおいて効果的です。 チェックリストの作り方は自分が分かりやすければ問題ありません。

自身の仕事の進め方に役立つばかりではなく、仮に体調の変化で欠勤で周囲にサポートをお願いするときにも、業務の進捗状況が分かるようにしておくと周りへの連絡や連携、引継ぎがスムーズにできます。

11. 最後に

社会的な支援体制の拡充だけでなく、精神障害のある方が積み上げた実績もあり精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)を取得している方の就労数が年々増えています。

精神障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)を取得されている方が満足できる職場で働くことを目指す過程では、心身の調子が整わない時もあり辛い思いをすることもあるでしょう。

今回は、仕事探しの方法や向いている企業、勤務し続けるためのコツを紹介しました。
多くの情報や判断材料を得て、自分に向いている職場のえらび方がつかめた方もいるのではないでしょうか。

大切なのは、自分の症状を良く知り、企業に伝え、正しく理解されることです。

張り切って就職活動をしていこうと意気込んでいる方も多いでしょう。
場合によっては、すぐに就職を目指すのではなく、生活リズムを整え、心身のコンディションを整えることがまずは必要という方もいるでしょう。
また、必要な勉強をして就職を目指す段階にある方もいるかもしれません。

少し時間がかかったとしても、自分にあった進め方で就職することを目指しましょう。焦らず、頑張りすぎずにじっくりと進んでいくことが一番の近道です。

歩みはゆっくりでも、ここまでの努力や経験に誇りを持って新たなチャレンジにのぞんでください。

著者情報

関連するコラム