てんかんと仕事、どこでどのように働くべき?悩みと対策を徹底紹介

てんかんと仕事、どこでどのように働くべき 悩みと対策を徹底紹介

てんかんを抱えながら仕事している方の中には、うまく付き合いながら理想の職場で働いている方もいらっしゃれば、悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば、突然発作が出たらどうしよう、通院のために休みは取れるだろうか、対処法など周囲の方に伝えたほうが良いだろうか、といった疾患による特有の悩みを感じることはありませんか?

そんなときは、同じように不安障害を抱えながら仕事をしている方々の声に耳を傾けてみませんか?今回のコラムでは280人の不安障害の方のアンケートをもとに、

・どのようなことに悩み、どのように解決しているのか
・仕事探しはどのように行ったのか

といったアドバイスをご紹介していきます。
仕事との向き合い方や職場について悩むことや不安に感じることがある方は、ぜひ寄せられた声を、解決のヒントとして役立ていただけますと幸いです。

これから就職や転職を考えている方のお役に少しでも立てれば幸いです。

目次

1.てんかんとは

2.てんかんの特性による悩みとその対策

3.てんかんの方が職場で抱える悩みとその対策

4.転職や就活ではてんかんをオープンにするかクローズにするか

5.てんかんの方におすすめの企業・業界・職種

6.求人の見つけ方

7.企業情報の集め方

8.最後に

1.てんかんとは

    てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの「てんかん発作」をくりかえし起こす病気ですが、その原因や症状は人により様々で、乳幼児から高齢者までどの年齢層でも発病する可能性があり、患者数も1000人に5人~8人(日本全体で60万~100万人)と、誰もがかかる可能性のあるありふれた病気のひとつです。

    「てんかん発作」は、脳の一部の神経細胞が突然一時的に異常な電気活動(電気発射)を起こすことにより生じますが、脳のどの範囲で電気発射が起こるかにより様々な「発作症状」を示します。しかし症状は基本的に一過性で、てんかん発作終了後は元通りの状態に回復することが特徴です。

    原因は様々で、脳腫瘍や頭部外傷後遺症などの明らかな原因がある場合は「症候性てんかん」、原因不明の場合は「特発性てんかん」と呼ばれます。 治療は適切な抗てんかん薬を服用することで、大部分の患者さんでは発作は抑制され通常の社会生活を支障なくおくれます。一方、抗てんかん薬では発作を抑えることができず、「難治性てんかん」として複数の抗てんかん薬の調整や外科治療などの専門的なてんかん治療を必要とする場合もあります。

    てんかんをもつ人にとって、発作が起こっている時間は通常数秒から数分間にすぎないため、発作が起こっていないその他のほとんどの時間は普通の社会生活をおくることが可能です。従って、病気の特性を周囲の人がよく理解し、過剰に活動を制限せず能力を発揮する機会を摘み取ることのないよう配慮することも、てんかんをもつ人に対するケアを行う上で大切なポイントです。

    またてんかんをもつ人は、小児では発達や就学、成人では就労や自動車運転、女性では妊娠と出産など、生活上のさまざまな問題に対する継続的なサポートを必要としています。

    参考:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」
てんかんの方は治療を行い症状と付き合いながら過ごすこともでき、また発作があっても多くの方が普通に社会生活を送ることが可能とのことです。 しかし、突発的な発作や症状が出ないかといった心配や、できない仕事を避けることができるかなど、様々な不安を抱えていることと思います。 ここからは、それらの不安を内容別に取り上げながら、周囲の方がどのような工夫をしているかをみていきたいと思います。

2.てんかんの特性による悩みとその対策

てんかんをお持ちの方は生活や仕事をする上でどのような悩みを抱えているのでしょうか?

実際に寄せられたコメントから以下のような傾向がみられました。

【てんかんの特性によって生じる仕事上の悩み】
  • 突然の発作に関する悩み
  • 症状のコントロールに関する悩み
では突発的に起こる発作に対してどのような対策を行えば良いのでしょうか?実際に寄せられたコメントから、急に起こる発作に関する悩みとその対策について考えて行きましょう。

【悩み】

ストレスや睡眠不足が続くと、突然発作が起こったり、発作の予兆がでたりする。その発作というのが、一瞬意識を失うものからしばらく意識が戻らないものでかつ全身痙攣を伴う。意識が戻ってもすぐに意識がとぎれたりしばらくは起きられなかったりする。発作の後は大抵とてつもない疲労感があり休息を必要とする。全身痙攣も他人から見たら気味が悪いし死んだように見えるそうだ。そのため、発作がでたらどうしようと対人系の仕事は緊張するしそれがさらにストレスとなる。
教育、事務、女性

急に発作やけいれんが起き、倒れてしまう。薬は欠かせない
医療・福祉・介護、女性

頭が真っ白になったり、急に倒れたりします。以前階段から、倒れたことがあります。
医療・福祉・介護、女性

発作の前兆が倒れるギリギリまで感じることができないので困りました。小さな子どもを抱いたり動き回ること、立ちっぱなしで過ごすことが多いため、発作で倒れて子どもにケガをさせないかという点で不安を抱えながら働いていました。
教育・女性

電車の中で倒れ一時的に電車を停めてしまい、大勢の方に迷惑をかけてしまった事がありました。これがトラウマとなり、発作とは関係なく、電車に乗ると不安で気分が悪くなるようになってしまいました。癲癇はいつ発作が起きるかわからないので、通勤中や職場で発作が起きてしまったらどうしよう…という不安が大きかったです。
人材・女性

以前勤めていた会社を辞めることになり、体調が回復してきたので新しい仕事を始めました。しばらくは順調に仕事をしていましたが、電話やフロアにいる沢山の人の声、オフィスの蛍光灯の明かりなどに眩暈や息苦しさを感じるようになり、発作を度々起こすようになってしまいました。
女性



てんかんの症状は完全にコントロールするのが難しい場合があります。特に通勤の途中や仕事中に一度発作が起こってしまうと「また発作が起きるのでは?」という不安から、さらに精神的な負担となってしまう場合もあります。では、これらのような悩みに関して日常的にどのような対策を行えば良いのでしょうか?

【対策】

睡眠をしっかりとることと、服用している薬を飲み忘れないようにすることです。
小売・流通・商社系、営業、男性

朝昼晩の食事の時間は決まった時間に取る。 昼寝をとる。 疲れたら、何もしないで横になる。
メーカー・製造系、軽作業

発作が起きないように規則正しく生活するように努力しています。
医療・福祉・介護、女性

処方された薬は極力飲み忘れないようにするのに、職場に必ず薬を持っていく。とんぷくをすぐに服用できるように用意する。仕事で失敗しても、クヨクヨする前に対策を考えたり、先輩に必ず相談する。
チェーンストア・スーパー・コンビニ、接客、女性

通勤途中で動けなくなった場合でも間に合うように、少し早めの電車に乗る。薬の飲み忘れをしない。発作の前兆を感じたら、トイレに駆け込む。万が一発作が起きても大丈夫なように、デスク周りは綺麗にしておき、誰かが代わりに仕事ができるようにしておく。
小売・流通・商社系、女性

日中にてんかんの発作が起こる時が困りました。お客さまにダイレクトにご迷惑をおかけしてしまうので、発作が起こらないようにと誘発されるようなものは避けてきました。例えば、音に反応するため、店内のBGMは耳に残りにくい音楽などに変えたりするなど。
医療・福祉・介護、男性



悩みとして寄せられたコメントからは、てんかんの発作が起こりやすくなる要因には、以下のようなものがあることがわかりました。

【てんかんの発作が起こりやすくなる要因の一例】

  • 睡眠不足
  • 不規則な生活や仕事による肉体的な疲労
  • 精神的なストレスや緊張
  • 薬を正しく服用していない、途中でやめてしまう
  • 音や光など外部からの刺激
人によって発作のきっかけとなる物事は異なりますが、これらの要素を極力少なくすることがてんかん発作への対策となりそうです。

【てんかんの発作を抑えるための対策一例】
  • 規則正しい生活をする
  • 十分な睡眠をとる
  • 適度に休憩を取るなど、肉体的な疲労をためない
  • 薬を正しく服薬する
  • ストレスをためない
  • 音や光などで刺激を受ける場合は避ける
  • これらの対策をすることが、発作を抑える上で重要であることが分かります。

    突然の発作を抑えるためには、疲れをためないことが重要です。少しでも疲れを感じたら適度に休憩をとり気分を落ちつかせましょう。また睡眠を十分にとり、その日の疲れは持ち越さないようにすることも大切です。規則正しい生活をおくることは睡眠の質も高めることにもつながります。睡眠だけでなく、生活リズムを整えることをこころがけましょう。

    具体的に発作が起きやすい状況が分かる場合は、それらを避ける工夫も必要です。光や音に敏感な方は予めそれを避けることも必要です。

    身体的な面だけではなく、感情的になったり、落ち込んでストレスをためてしまったり、発作が起きやすくなる状況は人それぞれでしょう。

    精神的に負担が大きくなってしまったときは、身の周りの人に相談したり、自分なりの方法でストレスを発散したりするなど決して無理をしないことも発作を抑える上で大切ですね。

    このように、ご自身の心がけで発作を抑えることができても、職場ではもしものときに備え、周りの理解や協力を得る必要も出てきます。
    次は、職場で生じる悩みやその対策、特に理解を得るために必要なことについて紹介していきます。

    3.てんかんの方が職場で抱える悩みとその対策

    体験談を見ると、てんかんを抱えている方は様々な形で働いていらっしゃいます。職場で抱く悩みには共通する部分も多いようです。中でも目立った悩みは以下の通りです。

    【てんかんの方が抱える職場での悩み】
    • 仕事中、急に発作が起きないか不安
    • 体調の変化や通院のための休憩や休みが必要
    • てんかんの特性によりできない仕事がある
    これらの悩みが特に多く寄せられました。いずれの悩みも職場や周りの方からの理解が重要となる悩みです。加えて、単なる理解だけでなく、いざというときの対処法や時短勤務などの柔軟な働き方、特性に合った仕事の割り当てなど具体的なサポートが必要になります。

    以上を踏まえた上で職場で悩んでいる方と、悩みが解決できている方のコメントを見ていきましょう。

    3-1.仕事中、急に発作が起きないか不安

    仕事中の急な発作に関して多くの方が不安を抱えていらっしゃるようです。具体的なコメントを見ていきましょう。

    【急なてんかんの発作に関する職場での悩み】

    服薬を継続していないと、てんかん発作をおこす。業務中に起きてしまうと、同僚や上司からの信頼が低下してしまう。
    食品・化粧品、軽作業、男性

    転職で株式会社セントメディアに入社したのですが、入社時にてんかんであることは上司に伝えたところ、「以前同様にてんかん患者の部下が休みがちで迷惑をかけられた」と渋られ半年間発作が出なかったら正式採用とする、ということになりました。今では正式採用で頑張っていますがもし発作が起きていたらと考えるとぞっとします」
    人材・男性

    不規則な時間帯業務だったので睡眠不足などにより接客中に発作が起きてしまわないかが心配な点でした。
    アパレル・日用品

    てんかんが頻発していると働くのは困難です。ただいつ起きるかも自分で分からないのでよく仕事中に倒れたりしました。人数がシフトによっては少ないので自分がいないことで仲間に負担をかけてしまうということが一番困りました。その後の対処はある程度仲間も分かっていたので大丈夫でした。」
    外食・フード、男性

    この職業自体はてんかんがあるからしてはいけないわけではないのでそこまで重く考えてませんでしたが、営業中発作が起こってしまった時がありました。その時に周りの人はてんかんに詳しい人がいなかったので私の対応の仕方が分からなくて困らせてしまいました。
    レジャー・アミューズメント・フィットネス、女性

    アパレル勤務をしていたのですが、いつ、てんかん発作やパニック発作が起こるかわからない状態で不安な中働いておりましたので、毎日仕事に集中できず、お客様の接客中もいつも頭の中は発作の事でいっぱいでした。パニック発作がでると過呼吸になってしまい立てなくなり倒れてしまうこともあるので、毎日病院で処方されたお薬は服用していましたが、これといってすぐに良くなるこはありませんでした。毎日仕事にも集中できず成績はガタ落ちでしたので、毎日発作との恐怖の戦いでした。
    専門店、女性



    ここで仕事中の発作に関する具体的な悩みをまとめます。

    • 発作が起きると上司や同僚に迷惑をかけてしまう
    • 「発作が起きてしまうのではないか」と常に不安、仕事に集中できない
    • 勤務時間が長い、または不規則で発作の予防が困難
    取り上げたコメントからは以上の悩みが考えられます。では、これらの悩みに対して理解を得るにはどのような工夫を行えば良いのでしょうか?

    【仕事中の発作について対策や工夫ができている職場の様子】

    スケジュールをメモし、メモを机上に置いてみなさんが把握できるようにしてある
    団体・連合会・官公庁、事務、男性

    1時間おきに必ず休憩をとるようにしている。また、上司に体調についてしっかり説明している
    団体・連合会・官公庁、女性

    発作がでても大丈夫な様に対処法などを店長に報告しておき、高い所に乗ったりするのを控えています。また、替えの洋服、パンツなどを常に持ち歩いてロッカーに入れてあります。
    百貨店・量販店、接客、女性

    「薬の服用はもちろん、日頃の食事や睡眠など健康管理に気を配っています。又上司や同僚には持病について事前に相談させてもらい、仮に症状がでても数分後には落ち着くのであわてないで下さい等伝えました。相談した事により、周りが快く受け入れてくれ精神的に少し楽になりました。
    団体・連合会・官公庁、女性

    担当の人に広い時間で行動できるように許可をもらって例えばこれまでは1時間未満で終わっていた作業も2倍以上かかるので、目安2時間の仕事だと「11時から17時間で自分の都合の良い時間」で出来るようにしてもらった。家で何度か行動をスムーズに出来るようにあらかじめやり取りの中で必要な会話をメモしたり、書類などで最初に書けるものは用意したりする。
    軽作業、女性



    コメントを見ると仕事中の発作への対策、理解を得る工夫として以下のものが挙げられます。

    【仕事中の急な発作に対する職場での対策】
    • 自分の症状や対処法について事前に正確に伝えておく
    • 仕事の進捗について他人にも分かるようにしている
    • スケジュールは余裕を持ってたてる
    • 症状が出た際に必要な備品があれば事前に用意しておく
    自身がてんかんであることを隠しながら働くことも選択肢のひとつですが、クローズでの就労ではいざという時に周りの方に迷惑をかけてしまうというのも事実です。

    症状の特徴と対処法を事前に伝えることで職場に負担をかけないだけでなく、自身も安心感を持って働くことができます。また、発作により仕事ができなくなったとしても、周りの方を困らせないようにする準備も大切です。仕事への支障を最低限にしておけば周りの理解も比較的得やすくなりますよね。

    3-2.体調の変化や通院のための休憩や休暇が必要

    発作の兆候や体調が悪化してしまった場合、無理せず休憩をとらなければいけません。また、定期的な通院のためにどこかで一度は仕事を欠勤しなければなりません。自身のペースを大切にしながら柔軟に働いていくためには、職場でのてんかんに関する理解と自身の症状に合わせた具体的なサポートが必要になります。

    では、ここでの具体的なサポートとはどのような状況を指すのでしょうか?実際のコメントからてんかんと上手に付き合いながら働いている方の状況を見ていきましょう。

    【休みや休憩がとりづらい職場の様子】

    てんかん発作が仕事中、又は通勤途中で起こったらどうしようという恐怖。人事の人しか病気を知らなかったので、通院の度に新人のくせに…という雰囲気の中、早退すること。発作の前兆を感じた時でも、自由に休めない不自由さ。
    小売・流通・商社系、女性

    体調面で不安があるとき(病状が出る前)に、大事をとってシフトを減らしたい時、現場にいるスタッフによく思われなかったり、またスタッフが納得していてもマネージャーに圧をかけられたり。
    専門店・女性

    体調悪い日に休むと休むことが悪みたいに言われる
    建築・建設・設計・土木、接客、女性

    店長等は休憩じゃなくても煙草吸いにいったり休憩するが、全くさせてもらえない。
    外食・フード、飲食、男性



    これらのコメントを見ると、休みがとりづらい職場の具体的な悩みとして以下のものが挙げられます。

    • 休むことに対して職場の理解が無い
    • 仕事中の休憩が取りにくい
    これらの状況を改善するには職場からの理解と具体的なサポートが必要不可欠です。では、休むことに関して理解がある職場とは具体的にどのような職場なのでしょうか?

    【休みや休憩がとりやすい職場の様子】


    働き方に関する理解が得られている。年次有給休暇が取得しやすい 団体・連合会・官公庁、男性

    癲癇は周りに言い辛い病気なので、社員メールで欠勤報告する場合も「風邪」等の理由で誤魔化して大丈夫、と気遣っていただきました。また、万が一業務中に倒れた場合の対処法を教えてほしいと、上長様方のほうから協力的に接してくださいました。
    レジャー・アミューズメント・フィットネス、女性

    日々体調が変化することを深くご理解くださって、休憩を取らせてもらったりしていました。働いてすぐに発作が起こり入院してしまいましたが、その後は作業内容を変更するなど気を使って柔軟に対応してくださったためです。
    教育、女性

    営業部から経理部への異動をさせて頂きました。また朝方体調が悪く仕事にいけないことがよくありましたので、電話をすることで特別にフレックスタイム制のようなものを導入してくれました。実際に使用はしませんでしたが、体調が悪くなったときの為に医務室を作っていただきました。月に1回上長の方が一緒に病院へ同行してくださいました。
    総合電機、男性



    ここで体調不良や通院による休暇を気にしなくて良い職場の傾向を見てみましょう。

    【休むことを気にしなくて良い職場のポイント】

  • 有休が取りやすい、福利厚生が充実している
  • 個人の事情に合わせて融通を利かせてくれる
  • ・フレックスタイム制などの導入により柔軟な働き方ができる
    特に「個人の事情に合わせて融通を利かせてくれる」という特徴は特に重要になりそうです。そのような職場であれば、自身の症状と付き合いながら安心して働くことができますよね。

    また、前項で病気への理解を得る工夫として以下のものを挙げました。

    • 自分の症状や対処法について事前に正確に伝えておく
    • 仕事ができない場合に周りの負担を減らす工夫
    休みに関して周りの理解とサポートを得るためには、これらの工夫を通してなるべく仕事に支障がでないようにする配慮も重要ですね。

    3-3.てんかんの特性によりできない仕事がある

    てんかんという病気の特性上、どうしてもできない仕事が発生してしまいます。「できない仕事がある」ことに関して、具体的なコメントを見ていきましょう。

    【できない仕事に対する悩み】

    身体の部分的な痙攣。残業が続いたりして疲労がたまると、手の指先が痙攣する。そのため、パソコンでの仕事に支障がある時がある
    団体・連合会・官公庁、女性

    高校生くらいからてんかん 何度か検査入院していたこともある、現在通院中。現在も発作は出ている。内勤の仕事でクリアできている面もあるが、車を使わなければならない時、人に頼まないといけないという事が困ると言うより申し訳ない気持ちになる。
    運輸・交通、事務、女性

    脚立にのぼる作業があること。(発作の危険性があるため高所はできるだけ避けることが望ましい)
    ビジネスコンサルティング

    てんかん発作持ちであることで抗てんかん薬を服薬しています。面接時にお話をして正規職員として働いています。業務で車両を運転する機会があり運転禁止のため周囲に気を使わせてしまうことがあり毎回気持ちが落ちてしまう。
    (医療・福祉・介護、男性

    体調がその日によって異なる。頭痛のタイプでは嘔吐やめまいで動けない時間がある。精神的に他人の対応などで敏感で怒ったり泣いたりした後に無意識で倒れることもある。健康に過ごす時は翌日、翌々日は健常者だった時以上の疲れで寝込んだりする。人との会話で決まったことは割とスムーズに出来るが、初めての行動の時は言葉が理解できなかったり、数字を間違えたりする。
    軽作業、女性



    てんかんの方の特性上、以下のような業務はどうしても難しくなります。

    【てんかんの方が避けたほうがよい仕事】
    • 車の運転を伴う仕事
    • 高所など不安定な場所での作業
    • 長時間の残業など、生活リズムに影響を及ぼす仕事
    • 個室など、一人きりで行わなければいけない仕事
    では、「できない仕事がある」ことに理解がある職場とはどのような職場なのでしょうか?また、配慮を求める際にはどのような工夫が必要なのでしょうか?

    【できない仕事、難しい仕事に対する配慮のある職場】

    ストレスを溜めないようにするために、休憩時間は全力で休む。業務が手に負えないときは手が空いてる人に助けを求める。わからないことや不安なことはすぐ聞く。自分一人で対処しない。
    教育、介護、女性

    働く際に自分が発作を起こしたら会社に迷惑をかけますし、何より子どもたちを守ることが一番ですから自分の病気の詳細をなにもかもさらけ出した上で雇用していただきました。ですから子どもたちを送迎する車には乗らない、運転しない、一人で子どもを見ないなど常に私は正社員のサポートに回るようにしました。
    医療・福祉・介護、女性

    発作が起こらないように、できるだけ夜勤に入らないようにし、連勤も避けていました。揚げ物関連は怖いので近寄らないようにし、極力品出しや、レジ、掃除を率先して行っていました。ストレス、疲労によるものなので、疲れが溜まっている日は代わってもらうこともありました。
    専門店、女性

    腫れ物にさわるかのような対応ではなく、私のよさを認めてくれ、フォローしてくれます。特別扱いをすることはなく、私の仕事上での要望もしっかりきいてくださいます。
    教育、女性

      ライン作業で工程が細かく分かれているため、自分の周りに何人も作業員がおり、途中で倒れるなどの、不慮の事故と言われるものが発生すれば、即ラインを停止し、周りが集まって救助に向かう点や、常時リーダー級の方が数名、何かあった時に備えて巡回してくれています。
    家電、軽作業、男性



    てんかんの特性上、できない仕事があるのは仕方のないことです。しかし、コメントのように
    • 腫れ物のように扱うのではなく、その人ができる仕事に取り組ませてくれる
    • ひとりに負担が偏ることなく、できないことがあってもフォローし合える
    このような職場であれば、できる仕事でその分をカバーできたり、不安な部分を補ってもらいながらやり遂げたりすることができますね。

    【できない仕事や難しい仕事に対して配慮を得るために必要なこと】
    • 分からないことやできないことは事前にしっかりと報告する
    • 自分でできないことをしっかりと把握し、できることに関しては率先して取り組む
    ここまではてんかんの方が職場で抱く悩みを紹介しました。これらの悩みは自分ひとりで解決するのは難しく、ある程度職場からの理解を得る必要がありそうです。
    そのためにも、てんかんであることをオープンにする必要ほうがより詳細に伝えることができるように思えますが、中にはてんかんであることをクローズにして働いている方もいらっしゃいます。

    では、オープンでの就労とクローズでの就労には、それぞれどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?
    こちらもコメントをもとに詳しく紹介していきます。

    4.転職や就活ではてんかんをオープンにするかクローズにするか

    てんかんの方の多くは、障害をオープンにするか、クローズにするかということで悩むのではないでしょうか?
    それは、伝えるか伝えないかで、働き方が大きく異なるからです。

    では、オープンした方(障害者雇用枠で働いている方)、クローズにした方(一般雇用枠で働いている方)では何が違うのでしょうか?

    4-1.てんかんをオープンにした方の体験談

    まずはてんかんであることをオープンにした方のコメントです。オープン就労で良かったと感じること、逆に悩んだことはどのようなことでしょうか?

    【オープンで就労して良かった点】

    障害者の人でも働ける環境を作ってくれて、なるべく多くの人がいる場所にしてくれていた点は配慮をしてくれていたと思います。何かあった時にすぐ対応できるようにと考えてくれていました。私の場合は、給料も同じでした。迷惑などもかけていたと思うのですが、ちょっとしたことが認めてくれているように感じました。
    外食・フード、接客、女性

      病気が増えて、通院しなければならなくなったがこちらの都合に合わせてシフトを組んでくれた。また、度々病状や仕事に支障が出ているか、確認をしてくれた。
    団体・連合会・官公庁、受付・窓口業務

      病名がわかる前も、わかってからもきちんと理解をしてくれた所。 定期的にいかなければならない病院の日でも、有給とは別に休みをくれたりしました。
    レジャー・アミューズメント・フィットネス、女性

      婦人服売り場で働いていたので、スタッフが皆様女性だったこともあり、体調面については何でもオープンに話ができました。とても感謝しています。病名もスタッフ全員が理解してくれていたので、常に私の発作の事を気にかけてくれたり、業務中も棚卸等体力の使う仕事は他の方も一緒に手伝ってくれたりと、とにかく色々と助けてくれました。
    専門店、女性



    【オープンで就労して悪かった点】

    「言葉では「理解する」と言ってくれたものの、実際はお荷物扱いされたからです。
    物流・倉庫、軽作業、男性

    私の体調を配慮しての配属は考えてくれていると思ったが、実際私は現場で働きたいという意向を考えてくれなかった。
    医療・福祉・介護、女性

    配慮がある面は、同情の目をしてこないところ・必要以上の心配をしてこないところです。配慮がない面は、障害者の目の前で「障害者になりたい」「障害者はいいなー」「障害者手帳があると、レジャーで安くなるなんて、めっちゃ徳やね」など軽率な言葉が飛び交う時があるとこです。
    運輸・交通、事務、女性

    女性ばかりの部署だったが、理解があった反面、女性特有の「私さんは病気だからね」という発言もあった。
    総合電機、受付・窓口業務、女性



    オープンにした方の中でも意見は分かれています。

    主なメリットとしてはてんかんという病気を知ってもらうことで、様々なサポートが望めるということです。通院や症状のための欠勤やできない仕事などを周りに分かってもらうことで、症状と付き合いながら働くことができます。

    デメリットとしては、てんかんをオープンにすることで差別をされたり、腫れ物のように扱われる可能性があるということです。しかしこれは、オープンにすること自体のデメリットではなく、その職場に問題があるといえます。

    【てんかんをオープンにすることのまとめ】

    てんかんの症状を周りに分かってもらうことは、症状と付き合いながら働く上で大きなメリットとなります。しかし、企業によってはオープンにすることで逆に心無い対応をされる場合もあるようです。就職や転職を行う際はそのようなことがないよう、その職場の取り組みや雰囲気を十分に検討することが大切ですね。


    4-2.てんかんをクローズにした方の体験談

    次にてんかんをクローズにして働いている方のコメントを紹介します。クローズ就労のメリット、デメリットはそれぞれどのようなものがあるのでしょうか?

    【クローズで就労して良かった点】

    過去に勤めていた企業でもてんかんはオープンにしていませんでしたので、純粋に企業として満足していました。
    ソフトウェア・ハードウェア開発、男性

    お給料のよさ、仕事の内容は自分の性格にもあっていてとても楽しい職場でした。責任の大きい仕事が多かったので病気で離れたことがいつも悔しく感じます。
    女性

    健常者だった時はもう少し広い範囲で勤務させてもらった。手伝いという感じで少ない範囲を私の動けるように任せてくれた。一週間の間に火曜日か水曜日など希望を言うと私の希望で入らせてくれた。
    軽作業・男性

    現職では、てんかんであることをオープンにするよう担当医に言われているので仕方なく言ってますが、今までは隠してきていました。ストレスが溜まってしまう中、てんかんだからと腫物を触るような態度があり、正社員でも長期間働けないのが辛い。名前を聞いただけで派遣契約を切られ辛い思いしかしていない。なので発作が起こりそうな気がするときは休むか早退するしかないから。
    通信・女性

    私はてんかんのことを内緒で働いていたので、特に特別な配慮等は受けていない。派遣社員だったが、本当の社員のように扱ってくれたことは印象深い。
    教育、事務、女性



    【クローズで就労して悪かった点】

    今までは、私自身があまりてんかんの事をオープンに話していませんでした。ですので、仕事内容によっては「大丈夫かな?」と思うものもありました。しかし、それは私がきちんと病気の事をオープンにしていれば、理解してもらえたと思います。
    専門商社、女性

    いつ症状がでるかなどでの、仕事勤務する上での不安がいつもあること。
    メーカー・製造系、エンジニア・技術職/男性/)

    面接の時に、言ったら採用されない…と思ってしまって伝えてなかったのですが、1回勤務中に倒れてしまいました。その日から、上司は常に気遣ってくださるようになったのですが、その更に上の方には伝わっておらず、もっとシフトを入れろと言われました。
    百貨店・量販店、接客、女性

    周りに隠しているので、救急車を呼ばれてしまったり、大変な思いしかありません。
    ソフトウェア・ハードウェア開発、男性



    クローズにした方の中でも、やはり意見が分かれています。

    主なメリットとしては望んだ仕事に就きやすいことや、てんかんを打ち明けることで待遇に差が出てしまうのを防げる、といったものが挙げられます。

    反対にデメリットは、いつ症状がでるか常に不安を抱えながら働かなければならない点です。実際に発作が起こってしまった際の対応もクローズにしていた場合は十分に受けることができません。

    【てんかんをクローズにして働くことのまとめ】

    確かにクローズにした方が仕事の選択肢は広がるかもしれません。とはいえ、病気と仕事の両立を考えたときにクローズでの就労では負担が大きい場合も多いようです。

    てんかんをオープンにするか、クローズにするか。これは働いている企業の状況によって左右されます。やはり自分の症状と上手く付き合いながら、仕事に対してもやりがいを持てるのが理想でしょう。いずれにしろ、就職や転職の際には企業の取り組みや仕事内容などを事前にしっかり把握して企業を選ぶことが重要といえます。

    5.てんかんの方におすすめの企業・業界・職種

    5-1. おすすめの会社、企業名

    ・株式会社エイジス
    私の場合は、昼休憩などで寝てしまうと、てんかん発作が起こりやすくなるので、食事した後に寝てしまわないように、適度に周りの人間が話かけてくれますし、最初に万が一、作業中にてんかん発作がおこった時、どう対処すればよいかを聞いてくれます。
    満足度:★★★★★
    配慮 :★★★★
    →口コミの続きはこちらへ

    ・株式会社日立システムズ
    会社全体としては障害者雇用に積極的であり、制度上の配慮も整っています。 ただ、業務が多忙となる部門もあります。強い意志で希望を伝え、負担の少ない部門で活躍している人もいます。
    満足度:★★★★
    配慮 :★★★★
    →口コミの続きはこちらへ

    ・株式会社三井住友銀行
    病気に対して配慮があり、時間外業務を行わない形で何年も働かせてもらっている。 病気により数ヶ月欠勤をした時も、給与が減ることはなかった。 (賞与は減る)
    満足度:★★★★
    配慮 :★★★★
    →口コミの続きはこちらへ

    ・大器株式会社
    大きな会社ではないのですが、私自身働く事が好きだったので就活活動で受かったときは大変嬉しかったです。部所も良い上司ばかりでアットホームな職場でした。突然意識を失った時はびっくりされたと思いますが偏見なく、何も聞かず普段通りに接してくれました。これからも偏見のない社会が増えてきたら嬉しいです。
    満足度:★★★★
    配慮 :★★★★
    →口コミの続きはこちらへ

    ・ダイレックス株式会社
    高いとこに在庫が直してあり、脚立に乗らないととれない高さでしたが近くにいた人が「危ないから取ってあげるよ」と声をかけてくれてとても助かりました。また、ボーッとしている時とかは心配をして「大丈夫?少し休んできたら?」ってとても気遣いの出来る職場でした
    満足度:★★★★
    配慮 :★★★★
    →口コミの続きはこちらへ

     

    5-2. おすすめの業界・業種

    では次に、てんかんの方におすすめの業界や業種について考えてみます。 といっても、業種や業界も様々、そして症状や特徴もそれぞれ異なりますよね。
    そこで1つの手がかりとして、アンブレに届いたてんかんのある方からの体験談約220件をもとに、統計をとり傾向をみてみました。

    まずは業界です。

    てんかんの方が働いている業界の割合


    てんかんの方が働いている業界別満足度グラフ


    多くの方が勤めている業界は「サービス・外食・レジャー系」「メーカー・製造系」でしたが、満足度が最も高い業界は「小売り・流通・商社系」「IT・通信・インターネット系」でした。
    人気のある業界が、必ずしも満足度が高いとは言えないようです。

    次は職種です。

    てんかんの方が働いている職種の割合


    てんかんの方が働いている職種別満足度グラフ


    多くの方が勤めている職種は「事務」「医療・介護・福祉」「販売・接客・サービス」でした。そして満足度が高い職種は「事務」「販売・接客・サービス」という結果になりました。

    皆さんの予想はどの業界と職種でしたか?
    業界と職種に関する詳しい調査結果は以下のコラムでご覧いただけます。ぜひ参考にしてみてください。

    【てんかん 転職】向いている職種や業界とは?222人の実体験調査から解説

    また、てんかんの方が働いている企業が一覧で確認できます。
    満足度の高い企業や気になっている企業の口コミはこちらから。

    では、このような企業はどのように探せばよいのでしょうか?
    次は仕事の探し方を確認していきましょう。

    6.求人の見つけ方

    6-1. 働き方によって選べる採用枠「一般枠」と「障害者雇用枠」

    求人には一般枠(クローズ)と障害者雇用枠(オープン)があり、障害者手帳を所持している方は、「一般枠」「障害者雇用枠」のどちらにも応募することができます。

    先にも述べたように、不安障害をオープンにするか、クローズにするかといった悩みは応募できる雇用形態にも影響してきます。
    少し重複する部分もありますが、もう一度簡単に説明します。

    「一般枠」は、障害であることを伝えず(クローズ)仕事をすることになります。障害のない方と同じように働くことため、広い職種から選べ、昇進や昇給などの機会もあります。しかし、不安障害への理解を得られにくく、周囲のサポートを受けることは難しいのが現状です。

    「障害者雇用枠」は、障害であることを伝えて(オープン)仕事をにすることになります。そのため、職場の理解を得られ、周囲のサポートが受けやすくなるなど、働きやすさにつながることも考えられます。

    ▼障害者枠(オープン)や一般枠(クローズ)についてはこちらでもご紹介しています。
    障害者枠(オープン)か一般枠(クローズ)か?メリットとデメリットを解説

    5-2. 求人の見つけ方

    ハローワーク
    障害のある方専門の窓口があるため、相談やアドバイスを受けることができます。求人数や障害のある方への求人情報も多く扱っています。

      自分でハローワークに出向いて、頻繁に仕事を探しに行っていました。障害者ということで、障害者登録をしたのですが、マンツーマンで同じ人と話せたので安心して探せたこと。
    運輸・交通、事務、女性

      ハローワークの障がい者登録をしたことによって、担当の人がつき、一緒に探してくれた。フォローなどもしてくれた。
    運輸・交通、事務、女性

      ローワークの障害者雇用という所に行きました。てんかんは、いつ起こるか分からない発作のため、拒否をさせられることが多いのですが何ヵ所も問い合わせて頂き、服薬で発作が治まってると言うことを伝えてもらい3ヶ所見つけて下さりました。
    ビジネスコンサルティング、介護、女性

      紹介センターを通して相談や対策を練っていきました。履歴書も添削してくれて助かりました。色々な施設の候補があったので自分の行きたいと思える所をキチンと選べました
    医療・福祉・介護、介護、女性

    人材紹介では、てんかんの持病があっても、起きている時は基本的に発作が起きない事を考慮し、雇用してくれるように、ダイキン側に話をしてくれました。
    家電、軽作業、男性



    ▼参考: 厚生労働省職業安定局「ハローワークインターネットサービス」


    人材紹介会社
    障害を抱えることで、働くことに不安を覚えている方の就職活動を応援してくれる専用の人材紹介会社をご存知でしょうか?

    具体的には、履歴書の書き方や面接の練習、おすすめする企業の紹介やその企業との連絡、事前見学の調整、入社後のケアや相談など、全面的なサポートなどを行ってくれます。

    ハローワークなどでは公開されていない求人情報も扱っています。また企業との連絡が密なので、ホームページや求人票からは得られない職場環境なども知ることができます。

    ひとりで1からはじめる就職活動との違いは、専門のアドバイスやサポート、自分にあった企業の紹介を受けられるため、担当者と一緒に不安を取り除きながら活動を進めていくことができます。

    体験談にも専用の人材紹介会社を活用したという声が多くありますのでご紹介します。

    企業側に私の魅力を人材紹介会社側が売り込んでくれたことです。サービス名はわすれました。
    運輸・交通・物流・倉庫系、軽作業、男性

    人材紹介では、てんかんの持病があっても、起きている時は基本的に発作が起きない事を考慮し、雇用してくれるように、ダイキン側に話をしてくれました。
    メーカー・製造系、軽作業、男性



    しかし、人材紹介会社も一つの企業です。紹介できる企業の得意分野や担当者の性格はさまざま。自分の希望や意見が伝えやすく、理解してもらえる人材紹介会社かどうかをチェックしてみましょう。

    次は、気になる企業を見つけたら、その企業の情報をどのように集めると良いのか、紹介していきます。

    ▼障害者雇用の求人サービスについてはこちらでもご紹介しています。
    ハローワークだけじゃない、障害者雇用枠の求人はここでも!求人サービスを紹介

    7.企業情報の集め方

    会社紹介の採用ページや企業サイトだけでは、あなたが実際に働くことになるであろう職場の雰囲気はつかめないかもしれません。できるだけ自分の目で確かめてみましょう。

    7-1. 事前に見学して企業の雰囲気を確認

    【就職する前に職場見学をした方からのアドバイス】

    求人情報だけでは仕事内容や人間関係がわからないので、一度企業に訪問し、働いている人の表情や上司とスタッフの会話に耳を傾けることをお勧めします。そういったところに仕事のきつさや人間関係などが分かると思います。
    販売・接客・サービ、男性

    会社見学が可能ならぜひさせて頂くといいと考えます。その時の従業員の挨拶はとても貴重な 判断材料だと思います。 病名を言うと障がい者差別をうけ言いずらいかもしれませんが,障がい者枠もありますので 遠慮なく伝えればと考えます。
    設備・プラント、男性

    会社見学は、そうそう観れる訳では無いので観れるだけ観せて貰いましょう。双方が合意できるなら、入社前に体験的に働かせて貰うのも良いと思います。障害者を雇用と言っても、法的に義務ずけられてるからやってるいる。いざ障害者を雇用しても、どう扱ったら良いのか苦慮される(いつ、体調が悪くなって、何日休むのだろうとかとか)。給料や仕事内容についてはよくよく話し合いましょう(体調が悪くて半月ぐらい休んでも、解雇や文句言われない様に)。
    医療・福祉・介護、男性



    7-2. 面接はその企業を良く知るチャンス

    面接は、企業側があなたを審査するだけの場ではありません。大事なのは、あなたが企業に求めるものと、企業があなたに求めるものがマッチングすること。

    不安や疑問がある場合は、面接時の質問タイムなどでクリアにしておきましょう。具体的に聞いておきたい内容については、以下の経験者さんの声を参考にしてみてください。

    【面接で企業の情報や職場の様子、自分に対する配慮などの情報を得るための工夫】

    転職をする時、私は重視している事があります。それは、働く時間帯・月あたりの残業時間・通院日がちゃんととることができるかを重視しています。このポイントが大前提で、次がお給料と福利厚生を見ています。現在も通院をしている人は、入社してから休みがとりたくても、なかなか言いづらい環境になります。はじめから通院があることを伝えていると、気が楽です。また身体一番に考えているならば、残業がありすぎると身体に負担がかかり、病気が悪化するかもしれません。残業の度合いはしっかり把握しておいた方がいいです。
    運輸・交通、事務、女性

    有給が発生するまでの間、平日に通院可能がどうかは面接時に尋ねました。対応をどうするか、社内で検討すると言われたため、聞いておいてよかったと感じました。体育会系の風土の会社だと、なかなか病気に対する理解を得られないことも多いと感じました。
    食品・化粧品、接客、女性

    面接時に今の状態を詳しく説明できるようにしておく必要があると思います。説明した上で、自分に出来ること、出来ないことを理解してもらう事も必要です。 上司も病気の事を時間と共に意識が薄れて行くので、定期的に話をする事をオススメします。
    医療・福祉・介護、男性

    会社見学だけでは実際の仕事内容の詳細は分かりません。志望する会社の担当者との話し合いを重視するべきです。その際に、自分の障害名を伝えるだけでは十分ではありません。障害の特性までは理解していないのが現状です。 ですから、ていねいに自分自身の特性や状況を説明し、できることとできないことを伝えておくといいと思います。その上で会社側が採用してくれるのかどうかをの返事を待ちましょう。
    教育、教師・塾講師・学童担当、男性



    面接で緊張しすぎて質問できなかったということが無いように、予め知りたいことをまとめておきましょう。予め準備をしておくだけで心に余裕ができ、面接にものぞみやすくなります。

    働きはじめてから大変な思いをすることは、大きな負担になってしまいます。心地よい職場環境で病気と上手に向き合っていくためにも、面接時での質問のチャンスは大事にしましょう。

    8.最後に

    これまでの内容をまとめます。

    ・てんかんの特性による悩みとしては突発的な発作に関することが多く、仕事をする上でも影響を及ぼしています。特に通勤中や仕事中での突然の発作が起きたらどうしよう不安です。

    てんかんとうまく付き合いながら仕事をしている方の中には、てんかんの発作が起こりやすい状況を把握し、十分な睡眠や規則正しい生活を心掛けることで発作をおさえる工夫をしている方もいらっしゃいます。

    また職場では周囲の方に自分のてんかんについて詳しく説明し、発作時の対応や発作にそなえて1人で仕事をしなくてよい配慮をお願いする方もいらっしゃいます。

    ・また、定期的な通院や体調不良によると休暇も必要となります。休暇をとることで、仕事に遅れが生じる可能性もありますが、配慮のある職場では、休暇を申し出やすい雰囲気や、休暇制度が充実している様子がうかがえました。 休暇について理解を得るためには自身の症状を詳しく伝えることや、自分にできる仕事を率先して行うといった工夫が必要です。

    ・転職や就活を行う上で、てんかんをオープンにするか、クローズにするかも多くの方が悩むポイントです。まずはご自分の症状を一番に考え、どのようなスタイルで仕事を行うことがベストなのかを考えましょう。通院や急な体調不良による休みを必要とする場合は、配慮やサポートを受けやすいクローズ就労=障害者雇用も検討すると良いでしょう。

    ・てんかんと付き合いながら、理想の仕事や職場で働いている方も多くいらっしゃいます。てんかんの方におすすめの企業や業界、職種には傾向がみられますので、同じてんかんをお持ちの方の意見も参考にしてみましょう。

    これまでにご紹介した体験談は、ほんの一部です。症状も人それぞれ、企業の対応もそれぞれ異なります。
    まずはご自分の症状や、できることできないことについてまとめてみましょう。そして、自分にあった職場を自分のペースで見つけてください。

    そして気になる企業の様子やサポート状況は、事前に自分の目で確かめることが理想的です。求人票ではわからない企業の様子を知るためにも、ハローワークの専門スタッフに相談したり、人材紹介の専門アドバイザーと一緒に就職活動を進めたりするのも良いですね。

    さまざまな企業の中で、あなたが幸せに働ける環境に出逢えることを、私たちは心から願っています。



    ※この記事は投稿いただいた口コミから生まれています。
    皆さんの貴重な体験談は多く方へ届き役立ちます。ぜひ体験したこと、感じたことを教えてください。
    口コミの投稿はこちら
    ↓↓↓
    口コミの投稿

    新着口コミを毎週火曜に定期配信中
    働きやすい環境を見つけるきっかけに


    口コミを受け取る

    関連するコラム

    新着記事一覧へ