パニック障害の方が仕事を続けるために 330人から学ぶ働き方の工夫

パニック障害の方が仕事を続けるために 330人から学ぶ働き方の工夫

パニック障害を抱えながら仕事している方の中には、うまく付き合いながら理想の職場で働いている方もいらっしゃれば、悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば、「通勤電車に乗るのが怖いから出勤時間を変えたい」「1人で行う仕事に不安を感じる」「パニックの症状が出た時の対応を周囲の方にお願いしてもよいのか?」こんな悩みや不安を感じることはありませんか?

そんなときは、同じようにパニック障害を抱えながら仕事をしている方々の声に耳を傾けてみませんか?今回のコラムでは330人のパニック障害の方の体験談をもとにどのようなことに悩み、どのように解決されたのか、仕事探しはどのようにされたのかをご紹介していきます。

これから就職や転職を考えている方のお役に少しでもなれれば幸いです。

目次

1.パニック障害とは?

2.パニック障害の特性による仕事の悩みと対策

3.パニック障害のある方が職場で抱える悩みとその対策

4.転職や就活ではパニック障害をオープンにするかクローズにするか

5.転職や就活の参考に、パニック障害の方におすすめの企業・業界・職種

6.求人の見つけ方

7.企業情報の集め方

8.最後に

1.パニック障害とは?

    「パニック障害」も「不安障害」も、近年よく用いられるようになった病名ですが、正確にいうと、両者は並列関係にあるものではなく、「パニック障害」は「不安障害」の下位分類のひとつです。

    「不安障害」というのは、精神疾患の中で、不安を主症状とする疾患群をまとめた名称です。その中には、特徴的な不安症状を呈するものや、原因がトラウマ体験によるもの、体の病気や物質によるものなど、様々なものが含まれています。中でもパニック障害は、不安が典型的な形をとって現れている点で、不安障害を代表する疾患といえます。

    不安障害の原因は、まだ十分には解明されていません。どんな病気もそうですが、精神障害の発症には、生物学的(身体的)、心理的、および社会的要因がいろいろな度合いで関わっています。

    ~中略~ 不安障害の発症に心理的要因が関与していることも間違いありません。パニック障害では何の理由もなく突然パニック発作に襲われるのが典型的とされていますが、実はこれも、
    ・過去に何らかのきっかけがあった
    ・発症前1年間のストレスが多い
    ・小児期に親との別離体験をもつ
    などの心理的要因があるケースが多い、という報告もあります。

    参考:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」

    あなたも、このような要因であてあまるものはありませか?もちろん、様々な要因が重なったのかもしれませんが、その1つが仕事だということも少なくないはずです。

    ではまず、パニック障害になりやすい職場について見ていきましょう。

2.パニック障害の特性による仕事の悩みと対策

パニック障害のある方は、仕事をする際にどのような悩みを抱えているのでしょうか?口コミから悩みの傾向を把握したところ下記の悩みを持つ方が多いようです。

【パニック障害による仕事の悩み、その傾向】
  • 過度なストレスにより症状が出やすい
  • 予期不安が起こる
  • 早速、悩みの詳細とともに対策について解説します。

    2-1.過度なストレスにより症状が出やすいという悩みとその対応策



    パニック障害はストレスにより悪化します。人間関係も劣悪であったためストレス過多で不眠・食欲不振が生じ、3ヶ月ほどで10kg痩せてしまいました。
    小売・流通・商社系、デザイナー、女性

    ストレスがかかると過呼吸になり、手足のしびれや冷寒がします。
    チェーンストア・スーパー・コンビニ、接客、女性

    どんな事でも頑張りすぎるとストレスになって、心身に症状がでて日常生活も難しくなる。
    チェーンストア・スーパー・コンビニ、接客



    パニック障害のある方はストレスがかかると心身に症状が出やすくなります。したがって、日常的でいかにストレスを減らせるかがポイントと言えそうです。ここからは毎日の生活で講じるべき対策について考えてみます。

    【対策①:目の前のことに集中するか思い切って休む】

    物事を考え過ぎないよう、今に集中して仕事を行うようにしている。
    建築・建設・設計・土木 接客、男性

    ストレスがあると感じたら、無理せずに休むことです。
    アパレル・日用品 仕分け・商品管理、女性



    パニック障害のある方は物事を考えすぎてストレスをためてしまうことがあるようです。そのため、深く考えすぎないように目の前のことに打ち込むことで気を紛らわすことが大切といえます。

    ただ、目の前のことに一生懸命になりすぎてもストレスが溜まってしまうので、ときにはうまく休憩するようにしましょう。

    ストレスがたまっていると感じたら習得したオフィスの椅子に座りながらでもできる自律訓練法で緊張をほぐします。
    専門店、一般事務、女性



    休んでばかりいられないという方におすすめの方法が自律訓練法です。自律訓練法とは、リラックスした体勢で決まった言葉による自己暗示をかけて気持ちや体調を安定させる方法です。 自律訓練法の主な内容は以下の通りです。

    • できるだけ静かな場所で楽な姿勢をとる
    • 「言語公式」と呼ばれる言葉を頭の中でゆっくり反復する
    • さりげない集中(受身的集中)を行う
    体調や持病によって副作用が出ることや終了の仕方にコツがあるため、必ず専門医に相談したうえで取り入れるようにしましょう。

    参考:厚生労働省「e-ヘルスネット 自律訓練法」

    【対策②:余裕を持った行動を心がける】

    ストレスがたまると発作が起きやすかったため、規則正しい生活を心掛けていました。立場上、移動を伴う業務があるときは時間に余裕をもってみたり、パニック発作が出てしまったとき用の薬などを持ち歩くようにしていた。
    専門店、女性

    朝はとにかく早く出かけ、発作が起こってもすぐに停まれる道で通勤しました。
    医療・医薬、女性

    できるだけ朝早く出勤し、ラッシュを避け、途中下車してもかまわないように余裕をもって出勤する。
    生命保険・損害保険、一般事務、女性



    パニック障害のある方は突然不安に襲われることが多いため、日ごろから対策をとっている方も多くいらっしゃいます。体験談に挙げられた対策は非常にシンプルでした。それは、「余裕」を持って行動することです。

    車で移動する機会がある方は、なるべく早い時間に出発すれば、いざというときに停車して気持ちを落ち着かせられます。そのためにも、予め停車できる場所を確認しておくとより安心ですね。

    電車で出かけるときも同様に、早めの時間に出発すれば、いざというときに途中下車できます。

    余裕を持つのは、車や電車を利用するときに限りません。発作に対処できるよう、日ごろから時間に余裕を持って過ごすように心がけましょう。

    2-2.予期不安についての悩みとその対応策


    パニック障害には、予期不安という症状があります。予期不安とは、過去に経験したパニックの再発を恐れて不安になる症状で、体験談にも多くのコメントが寄せられていました。

    動悸、呼吸困難感、気が狂ってしまうのではないか、死ぬのではないかという恐怖(予期不安)があります。特に緊張しやすいような場面で症状は強くなる傾向にあります。
    医療・医薬、女性

    予期不安が強くいま発作が起きたらどうしようとか不安な事ばかり考えてしまう。パニックを起こしたら動けなくなり、頭が真っ白になったり色々と症状が出て息ができなくなる等で悩んでいます。
    サービス・外食・レジャー系、女性

    パニック障害の予期不安でその日によって通勤ラッシュの時間に会社に向かえない時がありました。また、会社で発作が起きそうになったり、苦しくなってくると人混みなどが怖くなるのでその場から逃げたいという気持ちになります。
    専門店、女性



    予期不安で感じる内容は人それぞれですが、それが原因で行動に起こせない、息苦しさなどの症状があらわれる方が多く、通勤途中や仕事中に感じる方もいらっしゃいます。しかし緩和できる策があると気持ちにゆとりができ、少し楽になるかもしれません。
    自分なりの工夫をされている方もいらっしゃるので、見てみましょう。

    【対策①:気を紛らわす】

    その他には空き時間にはなるべくポジティブな感情を維持する、リラックスできる音楽に耳を傾けるという工夫もしてきました。
    医療・福祉・介護、女性

    仕事中などに発作が起こりそうな時は唇を強く噛んだり、頭の中で歌を歌ったり気を紛らわしています。それでもヤバイな~と思ったらトイレに行ったり飲み物を飲んだりしながらやっています。
    農林水産・鉱業、女性

    好きなアロマオイルスプレーを自分で作って持ち歩きリラックスするように心がけたりしていました。
    サービス・外食・レジャー系、女性



    音楽を聴いたり飲み物を飲んだりするだけでも、状況の悪化を防ぐことができるようです。中にはアロマオイルを使用するなど、自分なりのリラックス方法を習得している方も見受けられました。

    気分転換の方法はさまざまあります。自分なりに予期不安が和らいだ方法を探してみるのも良いですね。参考に口コミから見られたおすすめの気分転換の方法を紹介します。

    ■予期不安を和らげる工夫(一例)
    • 会社の近くの喫茶店に立ち寄る
    • トイレに行く
    • ユーチューブでお笑い動画を見る
    • 自販機で飲み物を飲む
    • 深呼吸をする
    • ストレッチをする
    • 帰宅後にヨガを行う


    【対策②:薬や飴、グミ、ガムなどを用意する】

    過呼吸時に飲む薬を服用していました。服用することで不安感が和らぎますが「薬を持っている安心感」があったため過呼吸自体の回数が減りました。
    不動産・建設・設備系、男性

    グミやガムを噛んで唾液を出すと幾分か楽になる
    小売・流通・商社系、男性

    投薬は必須ですが、他はあめ玉を舐めていました。メンソール系のあめは精神安定の効果があるため、少しの違和感でも直ぐにあめ玉を口にいれるようにしました。「これで大丈夫」と自身に何度も言い聞かせました。
    医療・福祉・介護、女性



    パニック障害の症状は自分自身の力で調整できないこともあります。そのため、過呼吸が起きたときなどに必要に応じて薬を飲まなければなりません。

    ただ、薬を飲まなくても持っているだけで不安が和らぐ方もいるようです。外出する際には不安感を減らすために薬を常備するようにしましょう。

    また、薬だけでなく飴やグミなどでも気持ちを落ち着かせることができるようです。薬以外に不安を和らげられる食べ物を見つけると、日常生活の安心感がさらに高まることでしょう。

    【対策③:苦手な場所やシチュエーションをあらかじめ避ける】

    通勤電車については会社の近所に引っ越し、徒歩か自転車にて通勤していた。
    ソフトウェア・ハードウェア開発、女性

    電車の場合はすぐ何かあっても出れるように各駅停車の電車に乗る。車での移動の時は高速道路を使わずに下道、一般道路を使うようにする。
    小売・流通・商社系、技術系、男性

    苦手なことをことごとく排除した仕事を選ぶこと。これに尽きると思います。たとえば、混んでいる電車が嫌なら、職場と家が自転車や徒歩で行ける近さのところをさがすとか、オフィスが狭いのが嫌なら、人が少ないか、オフィスが広々した会社を選ぶとか。
    生命保険・損害保険、女性

    電車については、とにかく朝早い電車に乗ることを心がけました。ほとんど始発に近いくらいの電車です。業務開始の2時間前くらいに、会社には到着してしまうのですが、それども混んでいる電車に乗るよりは断然心身が楽でした。
    生命保険・損害保険、女性

    出社時間を遅らせて貰っている。これにより混んでいる電車を回避することが出来る。
    一般事務

    唯一工夫したのは通勤手段を色々変えてみたこと。発作が起きたらすぐ降りれるように出入口扉の近くに立つ。
    百貨店・量販店、女性



    混雑した通勤電車が苦手という方は多くいらっしゃいます。それを避けるために、徒歩や自転車による通勤方法を選択したり、出勤時間を早めたりすることも方法の1つです。さらに車で通勤する場合は、停車しやすいように高速道路を使わない方が良いというアドバイスもありました。

    電車に乗らざるをえない場合は、発作が起きたときに対応できるよう、入口扉の近くに立つように心がけることで少し安心し、落ち着くことができるかもしれません。

    病気に対して理解をしてくれて、電車に乗れなくなった時期は自宅での作業に変更してくれ、給料も変わらず頂いています。
    ビジネスコンサルティング、デザイナー、男性

    会議などは事前に上司に知らせておき、いつでも抜け出せるようにしていました。~中略~閉鎖空間(会議室、朝礼の場)などに居合わせようとすると強い不安に襲われ吐き気や腹痛、寒気といった症状が出る。具合の悪くなる条件を予め確認し、その条件を満たさないように行動する。満腹感があると不安なので、食事は少なくする。
    専門商社、一般事務、男性



    通勤環境について周囲に相談したとしても、待遇を変えずに働けている方もいました。思い切って相談すれば、予期不安が起こりやすい状況を避けられるかもしれません。

    また、会議や朝礼という場を苦手とする方も多く見受けられました。いつでも抜け出せるように許可をもらっておくことは安心感につながります。そして満腹感があると不安が増長されることもあるようです。そういう傾向がある方は集合前の食事量に注意すると良いですね。

    3.パニック障害のある方が職場で抱える悩みとその対策

    パニック障害のある方は、職場でどのような悩みを抱えているのでしょうか?口コミから悩みの傾向を把握したところ下記の悩みを持つ方が多いようです。

    【パニック障害の方の多くの方が抱える職場での悩み】
  • 苦手な環境や場面がある
  • 広場恐怖への不安がある
  • 突然パニックのパニックや体調不良への不安
  • 早速、悩みの詳細とともに対策について解説します。

    3-1. 苦手な環境や場面があるという職場での悩み


    まず、パニック障害の方はどのような環境や場面を苦手と感じているのでしょうか?コメントから傾向をみてみましょう。

    【パニック障害のある方にとって苦手な場面とその悩み】

    人が多いところや緊張する場面、運転をする、遠出をする等をすると、具合が悪くなってしまうのではないかという恐怖から、冷や汗や動機・口喝などが現れます。
    住宅・建材・インテリア・エクステリア、受付・窓口業務、女性

    伝票を入力などは全く問題がなかったのですが、電話での応対や急な注文等『予想外』な事が起こるたびにドキドキしてしまいました。
    食品・化粧品、女性

    仕事のタスクが複数になると、どうしても「焦る気持ち」からアドレナリンが出てきて「手が震える」「死ぬんじゃないのか」って感覚に襲われます。
    ソフトウェア・ハードウェア開発 コールセンター、オペレータ、男性

    何事もそうですが調理に関する仕事でしたので、特に時間に追われる意識が強くパニックや不安を感じることが多くありました。
    医療・福祉・介護、女性

    高圧的な話し方をされると萎縮してしまい、混乱してしまいます。
    ソフトウェア・ハードウェア開発、一般事務、女性

    感覚過敏により、明るい電気の職場にいられない(まぶしくて目を開けていられない、吐き気と頭痛がしてくる)。聴覚過敏により、何も無いのに気配を常に感じ、誰かがそこにいるような気がして恐怖感でいてもたっても居られずにパニックになる。
    専門店、接客、女性

    過去の出来事が頭をよぎり、不安になるかと思います。
    半導体・電子・電気機器、男性



    パニック障害の方にとって苦手な状況とは以下のようなものが例として挙げられます
    • 人が多いところ
    • 緊張する仕事や場面
    • タスクが多く焦る場面
    • 時間に追われる場面
    • 高圧的な話し方をされる場面
    • 感覚を刺激する状況(感覚過敏、聴覚過敏など)
    • 過去の出来事を思い出させる場面
    こうした苦手な場面や状況があるという悩みを抱える方に対して、職場としてはどのような工夫でサポートすることができるのでしょうか。口コミに寄せられたコメントをみていきましょう。

    【職場の対策①:相談しやすい環境と臨機応変な対応がある】

    なるべく店舗が混まない時間帯にシフトを組んでくれ、休憩時間も他の従業員と重ならないようにしてくれました。店舗が混んできたら、レジ打ちから商品整理に回してくれたり、負担を軽くしてくれました。出勤したら必ず体調の様子を聞いてくれてその日の業務を決めていました。
    小売・流通・商社系、販売・接客・サービス、女性

    幸いにも、症状が出てくるシチュエーションにある程度法則性というか、一定の条件のようなものがあったのでそういった状況をある程度周囲の方々が気にかけてくれて、症状が出て勤務が続けられないような状態にはならないようにしてくれていました。
    メーカー・製造系、軽作業、男性

    接客や電話対応など不安に駆られそうな仕事からは外してくださいました。また、通院などの都合上早退するときが多かったのですがその際にもやりかけの仕事をスムーズに引継いでくださるなどの支援を行ってくれました。さらに、仕事仲間には病気の事を勉強し私を理解しようとしてくれる方もおりとても嬉しかったです。
    男性

    仕事が煮詰まっていることを感じ取って代わりにタスクを進めてくれたり、体調が優れない際の会議を代わってもらう等、周りのメンバーには多大なサポートをしていただきました。
    ビジネスコンサルティング、男性

    人事の方に相談し 細かい休憩を取ることを許可してもらったり、シフトを緩やかに入れ、自分を追い込まないようにしました。
    教育、女性

    淡々とこなす業務は得意なので、それができるように環境を整えていただいたことに感謝しています。
    専門店、経理、女性

    現在働いている職場では機械音や線路が近くにある場所だったりと、音が大きいので、上司の方に聴覚過敏だからとイヤホンをしての作業許可を出してくれた。
    医療・福祉・介護、女性



    これらを見ると
    • 苦手な仕事は変わってくれる
    • 混雑するなど忙しさが予想できる時間に合わせて仕事を変更してくれる
    • 症状が出やすいシチュエーションを理解し、避けられるよう対応してくれる
    • 追い込まれる前に休憩をとるなどして気分転換をさせてくれる
    • 苦手だと感じない状況で働けるような配慮がある
    • イヤホンの利用など個々の要望を受け入れてくれる
    このような職場の対応や配慮、サポートがあると苦手な場面や状況をさけながら仕事をすることができ、不安を和らげることができそうです。

    そのためにも、自分のパニック症状が出やすい状況を把握しておくと同時に、上司などに伝えておくと理解を得られる可能性も高くなります。
    把握するという点では、以下のようなアドバイスもありました。

    一番の不安要素が何なのかを明確にすることです。それが分からないまま仕事を探し、採用されいざ仕事をしてもまた同じ事を繰り返すことになります。まずはよく考え、不安要素の回避方法を作っておくことが大事です。
    半導体・電子・電気機器、男性

    メンタルが少しでも安定する様に、出来ることなら怖いものには近寄らない 過去がフラッシュバックする状況から避ける
    外食・フード、女性

    苦手なことを明確にして、企業分析をしっかりした上で求人を探した方がよいと思う。
    医療・福祉・介護、女性



    過去の不安を把握しておけば、それを回避することもできます。逆に不安要素が明確になっていないと、不安要素を内包した仕事に就く可能性が高くなります。過去の不安を思い出すような仕事に就かないよう、苦手分野を明確にして企業分析をすることも重要です。

    3-2. 広場恐怖への不安があるという職場での悩み

    パニック障害の症状の一つに広場恐怖があります。広場恐怖とは、強い不安に襲われたときに「逃げられない」「助けてもらえない」という恐怖を抱く状態です。

    【広場恐怖への不安とその悩み】

    閉塞空間であるため、この病気は逃げ出せない環境下にあるといきなり発症するといった病です。そのことから、いつ恐怖が襲ってくるかで悩みました。
    医療・福祉・介護、男性

    満員電車に乗れない。狭い所が苦手。集団会場が苦手。
    設備・プラント、経理、男性

    緊張や疲れで過呼吸がおき、死ぬという恐怖におそわれる。特に会議は薬を飲まないと出席出来ない。
    自動車・運輸・輸送機器、総務、女性

    1人の勤務だったので、プレッシャーがあって半年で辞めました。
    サービス・外食・レジャー系、医療・介護・福祉、女性



    パニック障害のある方は、電車や狭い場所、集団の中などで「逃げられない」と思うことや、1人になることで誰も助けてもらえないと思いこむことで、パニック症状を起こしやすくなります。職場でもそういった状況に立ち会うことは多いに考えられるため、特に不安を感じる方も多いのではないでしょうか?

    では、職場ではどのような対応があると働きやすい環境になるのでしょうか?

    【対策①:一人で働かなくてよい環境を整える】

    1人では絶対に働くのは困難だったと思います。なので病気を理解した上で時間をずらしてくれるなどとても感謝しきれません。
    専門店、女性

    なるべく1人になるような仕事をもらわないようにしたり、複数でやる仕事を選び、迷惑のかかることが無いように上手く調節するようにしていました。
    専門店、女性



    1人になる状況ができると、パニック障害になったときに助けを求めることができないと思い不安が増幅してしまいます。シフト制の仕事であれば複数人が働いている時間帯にシフトを組んでもらうことで1人の状況を避けることができます。

    しかし、上司に要望を伝えるのは非常に勇気のいることです。どうしても相談できない場合は本社の担当者に相談するのも一つの手段といえます。

    本社の総務部の方からも上司に言いにくいことがあれば直接話を聞くとも言ってくれました。
    サービス・外食・レジャー系、清掃、女性



    日ごろ顔を合わせることがないと思えば、少しは気楽に相談しやすくなるかもしれません。配慮を得るためには、自分から申し出て相談することも必要ですね。

    【対策②:上司や周囲の仲間が見守ってくれる】

    症状が出てしまった時に代わってもらえるよう、上司の手が空いている時は遠隔でモニタリングをしてくれていました。
    IT・通信・インターネット系、コールセンター、オペレータ、女性

    通話中に症状が出てしまった時は、別の担当に代わる旨だけはきちんと説明して、上司が対応を代わってくれています。どうしても理不尽なお客様に当たるとそういう症状が出やすくなってしまうため、手が空いている時は遠隔モニタリングしてくれています。 症状が出ても少しゆっくりすると落ち着くので、小さな個室のような休憩室を使わせてもるえるようになりました。
    IT・通信・インターネット系、女性

    仕事を続けていくのが難しくなったので最終的に店長に相談したところ、発作が起きても恥ずかしい事ではないから大丈夫。不安に思う気持ちが更に症状を悪化させるのだから周りの人に助けをもとめればきっと大丈夫。と言葉をかけてもらい気持ちが少し楽になりました。
    小売・流通・商社系、女性

    発作が起きそうな時は、1人になると余計出てしまうので一緒にいてくれたり、話しをそらしてとにかく明るい話しやゲームの話しをひたすらしてくれました。
    総合電機、女性



    1人でいることに不安を感じることを理解して、見守ってくれたり声掛けをしてくれたりする職場、本当に素敵な職場ですね。頼れる人がいる中で働ける、それだけで不安を和らげることができ、結果として仕事の効率もあがるかもしれません。

    3-3.突然のパニックや体調不良への不安に関する職場での悩み

    パニック障害の症状の一つに広場恐怖があります。広場恐怖とは、強い不安に襲われたときに「逃げられない」「助けてもらえない」という恐怖を抱く状態です。

    【突然のパニックや体調不良への不安に関する悩み】

    体調が悪くなりやすい、少しのことでも不安になる、過呼吸を起こすと迷惑がかかる。
    メーカー・製造、事務、女性

    過度なストレスにより、クラクラしたり気持ち悪くなり、過呼吸になったり。急に不安が襲ってきて、起きていられなくなり、寝ていても治らない。
    小売・流通・商社、販売・接客・サービス、女性

    突然のしんどさ、心拍数の上昇、動悸、めまい、吐き気、逃げ出したくなる気持ち、不安感。 先の予定が入ってると、プレッシャーになり、体調を崩しやすい。
    不動産・建設・設備、人事・経理・総務・企画、女性

    緊張度が高い、パニック発作、離人感、手の震え、睡眠障害(不眠)、摂食障害(嘔吐なし過食拒食)/報連相をする情報の取捨選択、風邪を引きやすい、ストレスが蓄積されると朝動けなくなったり吐き気やめまいなどで身体の自由がきかない、胃痛や頭痛。
    メーカー・製造系、事務、女性



    【対策:体調不良時にサポートしてくれる】

    就業時間中に具合が悪くなったら、別室で休んでも大丈夫だった。仕事量を減らしてもらえた。
    事務、女性

    外出できない時期がありましたが、内勤にしてもらえたりしました。
    IT・通信・インターネット系、事務、女性

    急遽、仕事中に体調が悪くなった際に嫌な顔せずに早退していいと言ってくれた時です。
    サービス/外食/レジャー系、軽作業、女性

    顔色が悪そうな時には、ピーク時でなければポジションを裏方と変わってくれたり、少し座ってできる仕事(チラシ折りなど)をさせてもらえることもありました。
    サービス・外食・レジャー系、女性

    パニックになったときにどのようにしてほしいかをあらかじめ紙に置いて伝えておいたため、落ち着いて対処してもらいました。また、体調の悪いときは無理をせず休んでもいいよと声をかけてくれ、月に2、3回は休みをもらったり別室で仕事をしていました。
    コンサルティング・専門サービス系、女性

    急に発作が起きた時も慌てず椅子や横になれるようにすぐに準備してくれた。
    小売・流通・商社系、女性



    ちょっとした体調の変化でも仕事を代わってくれたり、休ませてくれたりする周囲のサポート体制は心強いものです。また発作時の対応も周囲が知っていてくれると、より安心して働けることができます。

    発作時に対応は、周囲の方のほとんどが知らないのではないでしょうか。だからこそコメントにもあったように、予め発作時の対応を知っておいてもらうことは、一緒に働く周囲の方にとっても安心できるのではないでしょうか。
    紙で書いて渡しておくことで、いざというときに参考にしてもらえます。お願いの仕方にも一工夫施すと良いですね。

    4.転職や就活ではパニック障害をオープンにするかクローズにするか

    パニック障害のある方の多くは、障害をオープンにするか、クローズにするかということで悩むのではないでしょうか?それは、伝えるか伝えないかで、働き方が大きく異なるからです。

    では、オープンした方(障害者雇用枠で働いている方)、クローズにした方(一般雇用枠で働いている方)では何が違うのでしょうか?

    4-1. パニック障害をオープンにした方の体験

    まずはパニック障害であることをオープンにした方のコメントです。オープン就労で良かったと感じること、逆に悩んだことはどのようなことでしょうか?

    【オープンで就労して良かった点】

    理解者や配慮をしてくださった支援者の方が多くて助かりました。参考になれば幸いです。
    チェーンストア・スーパー・コンビニ、男性

    障害をオープンにして受けられる支援を最大限に活かせば就労支援員の方や人事担当の方が打ち合わせをして色々な問題解決に向けて取り組んでもらえますし、環境を改善してもらえます、そして、就業できた、という自信にもつながる。
    団体・連合会・官公庁、女性

    職場でパニック障害があることを、オープンにして働いてきましたが、理解のある上司だと発作が出そうな状況を避けてくれるようになり、かなり気にかけてくれるようになりました。
    専門店、女性



    オープンで働くと発作が起きそうな状態を回避できる環境を整えやすくなります。整えられた環境で勤務を続けることで、パニック障害があっても働けるという自信を獲得できるようになるでしょう。

    【オープンで就労して悪かった点】

    パニック障害と聞いた瞬間、精神的な病気なので腫物にでもさわるかのように扱われるので、発作が起きたときの為にある一部の人にしか話してなかったのですが、パニック障害と知らない人の前で発作が起きた時が大変でした。
    総合電機、女性

    私は今回、クローズで決めていたのに、結局、上司には障害のことを話しました。でもまわりの人達は私の障害の事は知らなかったので、結局、中途半端でした。
    サービス・外食・レジャー系、女性



    オープンしたいけど、周囲の反応が心配という方は、まずオープンかクローズかの迷いについても触れながら、まず上司に相談してみるのも良いかもしれません。しかし、コメントにもあったように、誰まで伝えるかは発作時の対応の有無にもつながります。発作が起きたときの対処などを考えると、一番身近な周囲の方にも伝える方が無難かもしれませんね。

    【オープンで就労することのまとめ】

    オープンで就労することで、発作に備えて職場の環境を整えてもらいやすくなります。
    オープンで就労すると症状について気を使われてしまうようですが、かなり困ったという口コミはあまり見られませんでした。その点からもオープンで就労するメリットは大きいと考えられます。

    ちなみに、気を使われてしまう背景には、パニック障害への正しい理解をされていない状況にも問題があるように思えます。
    オープンにするときは、誤解を与えない努力も必要です。発作が起きやすい状況を伝えたり、発作が起きた時の対処法を説明したりすることで、周囲の見方もかわるのではないでしょうか。


    4-2. パニック障害をクローズにした方の体験

    次に、パニック障害であることをクローズにした方のコメントです。クローズ就労で良かったと感じること、逆に悩んだことはどのようなことでしょうか?

    【クローズで就労して良かった点】

    職場のひとからは、普通に接してもらえました。自分は障害のことを隠したりしました
    チェーンストア・スーパー・コンビニ、男性

    職場ではクローズでしたが、事情を知る身近な友人や家族が常に気にかけてくれていました。
    レジャー・アミューズメント・フィットネス、女性



    クローズにすることで普通に接してもらえ、そのほうが働きやすいと感じている方もいるようです。ただ、職場でサポートが受けられないので、発作が起こりやすいなど個々の症状の程度により、余計に不安を感じることもあるでしょう。

    【クローズで就労して悪かった点】

    職場でオープンにしていなかったので、とくに対応はありませんでした。
    医療・福祉・介護、女性



    当然ながらクローズにして就労すると周囲からのサポートや配慮は受けられません。発作が起きたときに対処できないのはかなりリスクが高いと言わざるを得ません。

    私の場合、面接で病気の事を言ってしまうとほとんどの会社の面接で落ちます。なので、面接では病気の事を隠し働きなれた頃に、相談として病気の事を打ち明けたりもしましたが、その時点でクビです。
    団体・連合会・官公庁、女性



    このように、オープンにするとそもそも面接で落ちてしまうケースもあったようです。しかしそれは会社の問題です。そのような会社に最初からオープンにして勤めたとしても、配慮やサポートを得ることは難しく、長く働き続けることはできないでしょう。 むしろ、そのような会社だということを入社前からわかって良かったと思ったほうが良いかもしれません。

    病院から安定剤をもらってやり過ごしていましたが、人間関係が良くても、会社の人手不足などに気をもまれやすく、出来ないところにも手を伸ばしては自責の念を感じていました。クローズでの勤務でしたが、やはり理解してもらうよう努める方が良かったかもと今は思います。
    医療・福祉・介護、女性



    クローズにして働くことに困難さを感じ、最終的にオープンにした方がよかったと考える方もいらっしゃいます。

    【クローズで就労することのまとめ】

    クローズで働くと就労のチャンスが高くなりますが、勤務してからサポートを受けられないという悩みが出てきます。そのため、はじめにクローズで働き、途中から状況が悪くなりオープンにする方もいるようです。結果として退職に至る場合もあり、より精神的なダメージが大きくなるかもしれません。

    そもそも、パニック障害をオープンにすることで面接が受からないような会社は、実際に入社できたとしても長く続けることは難しいでしょう。パニック障害への理解を得られない可能性が高いからです。

    理想の企業を見つけるには時間がかかるかもしれませんが、長く働きつづけられる仕事を見つける場合は、パニック障害であることを受け入れる会社を探すほうが良いでしょう。

    5.転職や就活の参考に、パニック障害の方におすすめの企業・業界・職種

    5-1. おすすめの会社、企業名

    株式会社アインファーマシーズ
    従業員の方の理解力があって、体調に負担のないように働ける環境が整っていたところがおすすめです。体調が悪くなったらすぐに別室で休ませてくれたり、時には早退させてくれたりとフォローしてくれたとこが非常に助かりました。
    満足度:★★★★
    配慮 :★★★★★
    →口コミの続きはこちらへ

    株式会社イカイアウトソーシング
    日本人だけでなく外国人も多く老若男女様々な人が多く働いていて、上下関係人間関係もほとんどなくみんな明るく優しい人ばかりで、色々と声をかけてくれたり配慮もしてくれ、さらに同じ作業の繰り返しなので難しいこともなく、集中してやりこなせることができたりととても働きやすいところでした。
    満足度:★★★★
    配慮 :★★★★
    →口コミの続きはこちらへ

    株式会社ダルトン
    基本的に良い人が多い職場だと思います。人に気遣いが出来る人が多く、お互いに良い距離感を持ち仕事を進めています。営業はノルマがありますが、達成していなくとも強く責められる事などはありません。パニック障害を打ち明けた時も、自然と受け入れてくれる人が多いと感じました。また、満員電車に乗れなくなったため、朝の出勤時間をずらしていただけました。
    満足度:★★★★★
    配慮 :★★★★★
    →口コミの続きはこちらへ

    株式会社農業法人モクモク
    職場の上司や同僚の方の雰囲気が良く、わからないところできないところを責めるのではなく、優しく教えてくれます。職員の位が高くなればなるほど会社の掃除を一生懸命にされている様子に感銘を受けたのを覚えています。私意外にも何名か精神疾患や他の障害を持った方が働いているのも見受けられます。「区域の人にお世話になっているから区域の人に還元したい」という気持ちを持った企業だと思います。
    満足度:★★★★★
    配慮 :★★★★
    →口コミの続きはこちらへ

    津田産業株式会社
    自分の病気の事をとても周りの人が理解してくれてみんなでサポートしてくれている。少しでも異変を感じたら報告しやすい職場環境を作ってくれていてとても感謝している。
    満足度:★★★★
    配慮 :★★★★
    →口コミの続きはこちらへ

    パナソニック株式会社
    優しく丁寧に教えてくださりました 健常者と障害者が助け合って仕事をしている雰囲気の職場でした。
    満足度:★★★★
    配慮 :★★★★
    →口コミの続きはこちらへ

    FPサービス株式会社
    まずは残業なども少なく、無理をさせないという環境でした。また状況に合わせ通勤の時間帯を変更してくれたり、疲れにくい高価な椅子を購入してくれたりと、とても理解のある職場でした。
    満足度:★★★★
    配慮 :★★★★
    →口コミの続きはこちらへ

    5-2. おすすめの業界・業種

    では次に、パニック障害の方におすすめの業界や業種について考えてみます。 といっても、業種や業界も様々、そして症状や特徴もそれぞれ異なりますよね。
    そこで1つの手がかりとして、アンブレに届いたパニック障害のある方からの体験談約330件をもとに、統計をとり傾向をみてみました。

    まずは業界です。

    パニック障害の方が働いている業界の割合
    パニック障害の方が働いている業界別満足度グラフ


    多くの方が勤めている業界はサービス・外食・レジャー系小売・流通・商社系で全体の半数以上を占めています。かなり多くの方がこの2つの業界で働いていることがわかります。

    一方、満足度が最も高い業界はいかがでしょうか?
    IT・通信・インターネット系サービス・外食・レジャー系の満足度が高い結果となりました。

    特に「サービス・外食・レジャー系」の業界は、働いている方も多くその58%の方が満足しているという結果であったということは、おすすめの業界といえるのかもしれません。

    次は職種です。

    パニック障害の方が働いている職種の割合

    パニック障害の方が働いている職種別満足度グラフ


    多くの方が勤めている職種は販売・接客・サービス事務でした。そして満足度が高い職種は軽作業人事・経理・総務・企画という結果になりました。

    皆さんの予想はどの業界と職種でしたか?
    業界と職種に関する詳しい調査結果は以下のコラムでご覧いただけます。ぜひ参考にしてみてください。

    パニック障害の方の転職、330人の実体験を調査、向いている仕事は?

    また、パニック障害の方が働いている企業が一覧で確認できます。
    満足度の高い企業や気になっている企業の口コミはこちらから。

    では、このような企業はどのように探せばよいのでしょうか?
    次は仕事の探し方を確認していきましょう。

    6.求人の見つけ方

    6-1. 働き方によって選べる採用枠「一般枠」と「障害者雇用枠」

    求人には一般枠(クローズ)障害者雇用枠(オープン)があり、障害者手帳を所持している方は、そのどちらにも応募することができます。

    先にも述べたように、不安障害をオープンにするか、クローズにするかといった悩みは応募できる雇用形態にも影響してきます。
      少し重複する部分もありますが、もう一度簡単に説明します。

    一般枠は、障害であることを伝えず(クローズ)仕事をすることになります。障害のない方と同じように働くことため、広い職種から選べ、昇進や昇給などの機会もあります。しかし、不安障害への理解を得られにくく、周囲のサポートを受けることは難しいのが現状です。

    障害者雇用枠は、障害であることを伝えて(オープン)仕事をにすることになります。そのため、職場の理解を得られ、周囲のサポートが受けやすくなるなど、働きやすさにつながることも考えられます。

    ▼障害者枠(オープン)や一般枠(クローズ)についてはこちらでもご紹介しています。
    障害者枠(オープン)か一般枠(クローズ)か?メリットとデメリットを解説

    5-2. 求人の見つけ方

    ①ハローワーク

    障害のある方専門の窓口があるため、相談やアドバイスを受けることができます。求人数や障害のある方への求人情報も多く扱っています。

    ハローワークの相談員の方には、職務経歴書や履歴書の添削まで、丁寧に対応していただきました。
    物流・倉庫、一般事務、女性

    障害の状態を伝えて働けるか相談をして、就労できるようにしてくれました。
    小売・流通・商社系、接客 女性



    ▼参考: 厚生労働省職業安定局「ハローワークインターネットサービス」

    ②人材紹介会社

    障害を抱えることで、働くことに不安を覚えている方の就職活動を応援してくれる専用の人材紹介会社をご存知でしょうか?

    具体的には、履歴書の書き方や面接の練習、おすすめする企業の紹介やその企業との連絡、事前見学の調整、入社後のケアや相談など、全面的なサポートなどを行ってくれます。

    ハローワークなどでは公開されていない求人情報も扱っています。また企業との連絡が密なので、ホームページや求人票からは得られない職場環境なども知ることができます。

    ひとりで1からはじめる就職活動との違いは、専門のアドバイスやサポート、自分にあった企業の紹介を受けられるため、担当者と一緒に不安を取り除きながら活動を進めていくことができます。

    体験談にも専用の人材紹介会社を活用したという声が多くありますのでご紹介します。

    応募する際に事前に自分が抱えている疾患を告げ、勤務可能な環境かを確認してくれた。
    ソフトウェア・ハードウェア開発、コールセンター・オペレータ、女性

    人材紹介会社の担当者と自分の体調について細かく面談をして今の自分にできる範囲での仕事選びをしてくれた。また入社した後も再々連絡をしてくれて困ったことがないかなど気にかけてくれている。
    専門商社、仕分け・商品管理、男性



    しかし、人材紹介会社も一つの企業です。紹介できる企業の得意分野や担当者の性格はさまざま。自分の希望や意見が伝えやすく、理解してもらえる人材紹介会社かどうかをチェックしてみましょう。

    次は、気になる企業を見つけたら、その企業の情報をどのように集めると良いのか、紹介していきます。

    ▼障害者雇用の求人サービスについてはこちらでもご紹介しています。
    ハローワークだけじゃない、障害者雇用枠の求人はここでも!求人サービスを紹介

    7.企業情報の集め方

    会社紹介の採用ページや企業サイトだけでは、あなたが実際に働くことになるであろう職場の雰囲気はつかめないかもしれません。できるだけ自分の目で確かめてみましょう。

    7-1. 事前に見学して企業の雰囲気を確認

    企業によっては職場を事前に見学させてくれるところもありますし、人材紹介会社に登録している方は、アドバイザーを通して見学をお願いすることもできます。まずは確認してみるといいでしょう。体験談にも、事前に見学を行うことで、面接だけではわからない職場の雰囲気が伝わるとの意見が多くみられます。

    【就職する前に職場見学をした方からのアドバイス】

    もし、今から職場を探すのでしたら、自分の通勤ルートの確認と可能でしたら職場見学をした上で安心して働けそうな会社を選ぶといいかと思います。
    通信、女性

    7-2. 面接はその企業を良く知るチャンス

    面接は、企業側があなたを審査するだけの場ではありません。大事なのは、あなたが企業に求めるものと、企業があなたに求めるものがマッチングすること。

    不安や疑問がある場合は、面接時の質問タイムなどでクリアにしておきましょう。具体的に聞いておきたい内容については、以下の経験者さんの声を参考にしてみてください。

    【面接で企業の情報や職場の様子、自分に対する配慮などの情報を得るための工夫】

    受かる為に病気の事は伏せておきましたが、発作が起きたら困るから、きちんと理解してもらってから面接した方がいい。 今の職場の人には、伝えたので安心して勤めています。ポケットの中には、頓服忍ばせていますが…。
    医療・福祉・介護、女性



    面接で緊張しすぎて質問できなかったということが無いように、予め知りたいことをまとめておきましょう。予め準備をしておくだけで心に余裕ができ、面接にものぞみやすくなります。

    働きはじめてから大変な思いをすることは、大きな負担になってしまいます。心地よい職場環境で病気と上手に向き合っていくためにも、面接時での質問のチャンスは大事にしましょう。

    8.最後に

    これまでの内容をまとめます。

    ■パニック障害の特性による悩みとその対策

    パニック障害の特性による悩みには、過度なストレスによりパニックになってしまうことがあげられました。対策としては下記のようにストレスをためないような工夫が有効です。

    ・目の前のことに集中して自分の世界に入る ・ストレスを感じる前に思い切って休む
    ・場合によっては自律訓練法で気持ちや体調を安定されるのも効果的
    ・余裕を持った行動を心がけ、気持ちを落ち着かせる

    また、過去に経験したパニックの再発を恐れる予期不安に駆られることもありますが、以下のような方法で不安を和らげる方もいらっしゃいました。

    ・リラックスできる音楽などを活用して気を紛らわす
    ・薬や飴、グミ、ガムなどを用意して気分を落ち着かせる
    ・苦手な場所やシチュエーションをあらかじめ避ける

    ■パニック障害のある方が職場で生じる悩みとその対策

    パニック障害のある方が職場で働く際の悩みとして、苦手な環境や場面に遭遇するとパニックになることがありました。職場にも苦手な環境に遭遇する可能性もあります。苦手な環境をさけるために、予め緊張しない仕事・職場を見つけるなど対策を講じるほかに、理解を得ることでサポート体制が整った職場で働いている方もいらっしゃいました。

    パニック障害への理解により得られる職場のサポート例
    • 相談できる環境を整えてもらう
    • 高圧的な態度や話し方が苦手であることを知ってもらう
    • イヤホンやサングラスを装着する許可をもらう
    • 過去に不安感じたことを避けられる仕事の仕方を考えてもらう

    パニック障害の方に多くみられる「逃げられない」「助けてもらえない」という不安を抱く広場恐怖に悩む方もいらっしゃいますが、職場では以下のような対策があると不安を和らげながら働くことができるようです。

    • 可能な限り一人で働かないように時間をずらしてもらう
    • 複数でできる仕事を行うように調整してもらう

    ■パニック障害をオープン・クローズにしたときの比較

    転職や就活を行う上で、パニック障害をオープンにするか、クローズにするかも多くの方が悩むポイントです。まずはご自分の症状を一番に考え、どのようなスタイルで仕事を行うことがベストなのかを考えましょう。通院や急な体調不良による休みを必要とする場合は、配慮やサポートを受けやすいクローズ就労=障害者雇用も検討すると良いでしょう。

    パニック障害と付き合いながら、理想の仕事や職場で働いている方も多くいらっしゃいます。パニック障害の方におすすめの企業や業界、職種には傾向がみられますので、同じパニック障害をお持ちの方の意見も参考にしてみましょう。

    これまでにご紹介した体験談は、ほんの一部です。症状も人それぞれ、企業の対応もそれぞれ異なります。まずはご自分の症状や、できることできないことについてまとめてみましょう。そして、自分にあった職場を自分のペースで見つけてください。

    そして気になる企業の様子やサポート状況は、事前に自分の目で確かめることが理想的です。求人票ではわからない企業の様子を知るためにも、ハローワークの専門スタッフに相談したり、人材紹介の専門アドバイザーと一緒に就職活動を進めたりするのも良いですね。

    さまざまな企業の中で、あなたが幸せに働ける環境に出逢えることを、私たちは心から願っています。

    ※この記事は投稿いただいた口コミから生まれています。
    皆さんの貴重な体験談は多く方へ届き役立ちます。ぜひ体験したこと、感じたことを教えてください。

    口コミの投稿はこちら
    ↓↓↓
    口コミの投稿

    新着口コミを毎週火曜に定期配信中
    働きやすい環境を見つけるきっかけに


    口コミを受け取る

    関連するコラム

    新着記事一覧へ