ASD(自閉スペクトラム症)がある方が仕事を続けるために 113人から学ぶ働き方の工夫

ASD(自閉スペクトラム症)がある方が仕事を続けるために 113人から学ぶ働き方の工夫

ASD(自閉スペクトラム症)を抱えながら仕事している方の中には、うまく付き合いながら理想の職場で働いている方もいらっしゃれば、悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば、コミュニケーションが苦手、感覚過敏がある、臨機応変な対応が出来ないなど、障害による特有の悩みを感じることはありませんか?

そんなときは、同じようにASDを抱えながら仕事をしている方々の声に耳を傾けてみませんか?今回のコラムでは113人のASDの方のアンケートをもとに

・どのようなことに悩み、どのように解決しているのか
・仕事探しはどのように行ったのか

といったアドバイスをご紹介していきます。
仕事との向き合い方や職場について悩むことや不安に感じることがある方は、ぜひ寄せられた声を、解決のヒントとして役立ていただけますと幸いです。

目次

1.ASDとは

2.ASDの特性による仕事の悩みと対策

3.ASDの方が職場で抱える悩みとその対策

4.転職や就活ではASDをオープンにするかクローズにするか

5.転職や就活の参考に、ASDの方におすすめの企業・業界・職種

6.求人の見つけ方

7.企業情報の集め方

8.最後に

1.ASDとは

    大人のASD症状として、職域でよく言われる症状には、

    ・親密なつきあいが苦手
    ・人と共感しない
    ・冗談やたとえ話がわからず字義通りに理解する
    ・会話が一方的である
    ・急な予定変更に混乱する
    ・融通がきかない

    などがあるが、このような傾向はASDでない人でもよく見られる。子供の頃の状態を把握できれば診断しやすいのは事実であろうが、本人は覚えていないし、両親の記憶も曖昧であることが多い。ましてや今日のようにマスメディアがASDを頻繁にとりあげると、本人や家族の記憶が子供の頃にASD症状があったかのような方向に引っ張られやすい。

    生来もっているASD特性自体にも軽症から重症までの連続性があるため、診断の可否ではなく、その特性の強さに応じて対応すべきである。大人ではなおさら診断ではなく、ASD特性がどの程度あるかの評価に止め、それに応じた対応を考えた方がよい。

    参考:厚生労働省「こころの耳」 

ASDの特性が仕事へ影響を与えることはありますが、その特性は人それぞれです。今回は寄せられた口コミをもとに、悩みの傾向をとらえ、それに対するご自身の工夫や職場で必要なサポートや配慮事項を考えていきます。

2.ASDの特性による仕事の悩みと対策

ASDの方は、仕事をする際にどのような悩みを抱えているのでしょうか? 先にも述べたようにASDといっても、症状は人それぞれです。

症状も違えば、悩みも異なることと思いますが、アンブレに寄せられた多くの口コミから悩みの傾向をみてみましょう。

【ASDの特性による仕事の悩み】

・気分に波がある(やる気のあるとき、無い時の差が激しい)
・コミュニケーションが苦手(他人の気持ちを察することが難しい、空気が読めない)
・ワーキングメモリーが少なく忘れっぽい
・ミスが多い
・集中しすぎて疲れやすい
では、これらの悩みへの対策、皆さんはどのようにしているのでしょうか?
ここからは具体的なコメントとともに紹介していきます。

2-1.気分の波による仕事の悩みと対策

ASDの方が仕事をする上で悩むことのひとつが「気分に波がある」ことです。
やる気のある時と無い時の差が激しく、働く上で困難が生じる場合もあります。

【悩み】

気分に波がある。元気があり、やる気に満ち溢れる時期と、何も楽しいことがないと感じ体を動かす気力さえ出ない時期がある。
団体・連合会・官公庁、事務系、女

気分に波があること。 気力に満ちている時期に仕事の予定をたくさん入れてしまい、いざ仕事をする時に気分が下がっている時期であったりすると仕事をこなすのが辛く感じることがあります。
教育、教師・塾講師・学童担当、女性

天気や生理の影響を受けやすく、気分の浮き沈みが激しい。
軽作業、女性



気分の波が大きいと、日によってこなせる作業の量にも差が出るため、仕事の予定を立てにくいなどの問題も生じます。

気分の波が激しくなる原因としては「過労」「天気」「生理周期」などの影響も考えられますが、全く原因がわからない場合も多いようです。
自分の努力で「気分の波」をコントロールできるならそれに越したことはないですが、実際には難しいものですよね。

では、気分の波による仕事への影響を少なくするには、どうすれば良いのでしょうか?

【対策や工夫】

やる気があるときにできるだけ仕事を進めておくことです。また、些末な点にこだわりすぎないように、80%できれば良いと考えるようにしています。
団体・連合会・官公庁、事務系、女

仕事の予定を入れすぎないようにする。家族と過ごす時間を第一に優先するようにする。
教育、教師・塾講師・学童担当、女性



ポイントは「気分の波がある」という前提で仕事の計画を立てることです。

  • 予定をびっしり入れずに余裕のあるスケジュールを立てる
  • 期限の決まっている仕事は、やる気のある時に早めに終わらせるつもりで進める
  • 上司や同僚にも「日によって作業能率が違う」ことを伝えておく
などの工夫をすると、仕事への影響も少なくなるはずです。
ただし「今日は調子がいいから」と集中して頑張り過ぎると、燃え尽きて後から疲れが押し寄せることにも注意が必要です。
コメントにもあるように「80%できれば良い」という心構えで仕事を続けられるといいですね。

2-2.コミュニケーションが苦手なことによる仕事の悩みと対策

ASDの方の多くは

  • 空気が読めない
  • 他人の気持ちを察することが難しい
  • アイコンタクトができない
など、コミュニケーションが苦手な特性を抱えています。



では、ASDの方が仕事をする上で抱える、コミュニケーションが苦手なことによる悩みとその対策について、それぞれ解説していきます。

①職場の人間関係になじめない

人付き合いが苦手なため、職場の人間関係でストレスを感じるASDの方は多いようです。

【仕事の悩み】

同期の女性たちと無難に仲良くなるのに苦労しました。友達っぽい関係を築くのが難しかったです。
ソフトウェア・ハードウェア開発、女性

相手との信頼を築くためにも休憩時に話をするが、なかなか会話のキャッチボールが続かない。
教育、女性

人間関係が上手くいかないケースが多かった。職場の同僚からの悪口や陰口が気になり、それが頭から離れない状態が続き苦しんだ。
医療・福祉・介護、男性

職場の人に親しくされすぎると体調を壊してしまったり、職場に行きたくなくなる。
医療・医薬、技術系、女性

人の表情を読んだり気持ちを察することが苦手で、相手を不快な気持ちにさせてしまうことがある。
軽作業、女性



「親しくなりたいのに上手く関われない」という意見も多い一方で、「人と親しくすること自体が苦手」という声もありました。
では、ASDの方は実際どのようにして職場の人間関係を乗り切っているのでしょうか?

【対策や工夫】

他人や集団に合わせるとすぐに疲れてしまうので、休日に人に会う予定を詰め込み過ぎないようにする。
団体・連合会・官公庁、女性

とにかく仕事だけに集中して、あまり人間関係に気を取られないようにしていました。
ソフトウェア・ハードウェア開発、女性

人と長時間一緒にいると疲れるので、意識して一人でいる時間を持つ。(休憩時間は一人でゆっくりしている)
軽作業、女性

雑談が特に苦手でストレスになるので必要以上の会話はせず程よく距離を取る。
小売・流通・商社系、女性



「友達のように仲良くならなくては」と思い過ぎず、「ただの同じ職場の人間」と割り切ることで気が楽になるかも知れませんね。
業務上どうしても必要なやり取りは避けられませんが、休憩時間は一人でリラックスして過ごすこともメンタルの維持には大切です。

こんなコメントもありました。

私のように人とコミュニケーションを取るのがむずかしい人でも、挨拶さえできれば大丈夫です。それと自分はこういう人なんだと正直に伝えておけば、大体の人は嫌な顔せず配慮してくれます。
小売・流通・商社系、女性



勇気が出るコメントですね。

人間関係の基本である「あいさつ」「返事」「ありがとう」「ごめんなさい」だけしっかり守り、あとは「必要以上に親しくならなくてもいい」と割り切るのも一つの方法です

②接客や電話対応が難しい

コミュニケーションが苦手なASDの方は、「接客」や「電話対応」が難しい方も多いようです。

【仕事の悩み】

空気が読めなかったり、間違った発言でお客様を困らせる事や、クレーム対象になる事もありました。
医療・福祉・介護、医療関係、女性

特に人や物との距離感を掴むのがとても苦手です。接客ロールプレイングの度に、ちょっと近寄りすぎだよと言われていました。
専門店、女性

他人との会話がうまくできない、そのため、電話応対や接客などの対人業務が苦手です。
軽作業、女性



ASDの方が電話対応を苦手に感じる理由としては「会話が苦手」なこと以外にも、以下ような特性によるためとのコメントがありました。

耳で聞いた情報が記憶できないため、電話対応に苦労しています。
レジャー・アミューズメント・フィットネス、女性



このように「耳から入った情報を処理する力の弱さ」も関係しているようですね。

では、ASDの方は苦手な「接客」や「電話対応」に対してどのような対策をとっているのでしょうか?

【対策や工夫】

距離感に関しては実際に私がどんな距離感で話しているのか、一緒に練習してくださったスタッフさんに真似をしてもらうことでまず相手の感じる不自然さを学ばせて頂きました。その上で具体的にこのくらいなら平気か都度確認しながらロールプレイングをしました。
専門店、女性

とにかく何でもメモを取る、他の人と同じ動きをできる様に周りを観察する、表情が乏しくなりがちなので常に鏡を見て確認するなど。
専門店、接客、女

電話を取る時、一呼吸おいてから受話器を取るようにしている。そうしないと相手の声が聞き取りにくい為。
運輸・交通、営業事務、男性



接客においては、適切な「相手との距離感」や「表情(笑顔)」なども大切です。
そのためには、鏡でチェックする、誰かにマネをしてもらうなどして「自分が他人からどう見えているか」を正しく知ることが、苦手克服への近道かも知れませんね。

また、接客や電話対応については次のようなコメントもありました。

電話対応については、どうしてもできないと伝え、同じ部署の先輩にお願いしていました。
自動車・運輸・輸送機器、女性

店頭に出るとお客様との間でトラブルになってしまう可能性もあったことから(実際にそうなったこともありました)、店頭には出ない配置にしてもらえました。
旅行・ホテル、一般事務、男性



可能であれば「接客や電話対応は苦手です」と正直に伝えて、他の人に代わってもらえるといいですね。
どうしても避けられない場合は、接客や電話対応での「定番の会話マニュアル」作って手元に置いておくと、少し安心できるのではないでしょうか。

③仕事中のトラブルにつながる

ASDの方はコミュニケーションが苦手であるがゆえに、仕事を進める上で重要な「状況確認」や「業務連絡」がスムーズにいかず仕事に影響が出てしまうこともあるようです。

【仕事の悩み】

他人の気持ちを慮ることが苦手なので、仕事をする際のコミュニケーションにズレが生じて困る
ソフトウェア・ハードウェア開発、企画・立案、男性

拘りが強く、コミュニケーション能力が低いため同業者とのコミュニケーションが円滑に進まない事もしばしばあります。空気を読むことが苦手で無意識に人を傷つけてしまうことがあるので注意しながら、人との関わりを持っています。
医療・福祉・介護、男性

相手の考え方と自分の考え方が違う為に話が噛み合わない事 色んな人の指示・アドバイスを同時に聞くと何をすれば良いか解らず混乱して仕事が出来なくなる。
アパレル・日用品、軽作業、女性

コミュニケーションを取るにあたり上手く周囲に伝わらなかったこと。また、私と周囲が思っている状況確認の違いが仕事に影響を与えることが多々あった。改善しようと対話を試みるが尚更悪化していくばかりで人間関係の構築にも悪影響を及ぼした。
システムインテグレータ、女性



説明を正しく理解しないまま思い込みで作業を進めてしまった、こだわりをゆずれず険悪なムードになってしまったという悩みが見られました。
人間関係は仕事に直接影響を及ぼすため、良好に保ちたいものです。

これに対しASDの方は、実際にどのような対策を取られているのでしょうか?

【対策や工夫】

なるべく発言を控えるようにしている事と拘りが強い部分を他人に押し付けないように努力しています。
医療・福祉・介護、男性

仕事ではコミュニケーションミスを防ぐために要点を何度も確認したり、「感情」が関わるときには「傷つけたらごめんなさい」とあらかじめ一言加えることなどをしました。コミュニケーション力を高めるセミナーに通ったりもしました。
旅行・ホテル、一般事務、男性

言い間違いはできるだけ訂正する 気を利かせるとだいたい迷惑がられるので、自粛する。
農林水産・鉱業、農作業・農業関連、女性

コミュニケーションを円滑に図るために自分の口では伝えられないことを文章で伝えるようにしました。
サービス・外食・レジャー系、接客、女性



業務上のコミュニケーションミスを防ぐための対策として
  • 要点をしっかり確認する
  • 文章(メモ)で伝える
  • 必要なことだけ絞って話す
  • こだわりが強い部分を他人に押し付けない
などが挙げられます。

情報を正しくやりとりする事はもちろん、職場の人と気持ちよく仕事ができるように心がけましょう。
コミュニケーション力を高める本を読むことや、セミナーに参加するのもおすすめです。

2-3.ワーキングメモリーの機能が弱いことによる仕事の悩みと対策

ASDの方は、ワーキングメモリーの機能が弱いことにより抱える悩みも多いようです。

【仕事の悩み】

ワーキングメモリが弱く耳からの情報の処理が苦手なこと。
通販・EC、調理スタッフ・調理補佐、男性

脳のワーキングメモリーが少ないため、言われたことをすぐに忘れてしまいます。
教育、男性

ワーキングメモリーが少ないため、得意先や電話番号、人名などをすぐに忘れてしまうことが困りました。言語能力の割に作業速度が遅いため、周囲に誤解を与えやすく、また作業によってスピード感にばらつきが出やすいので困りました。
専門店、男性



ワーキングメモリーの機能の弱さが仕事に与える影響には、以下のことがあげられました。

  • 仕事内容を覚えられない
  • 言われたことをすぐに忘れる
では実際にASDの方は、どのような方法でワーキングメモリーの機能の弱さをカバーしているのでしょうか?

【対策や工夫】

短記憶が弱いので仕事の前には必ずマニュアルや自分でメモをしたことを復習しています。その日にやるであろうことを予測して勉強してから仕事に向かいます。
サービス・外食・レジャー系、女性

得意先や電話番号、人名などを、細かくメモすることで、頭で覚えていなくてもメモを見ればすぐに分かるようにしました。作業はひたすら頑張って早くできるようにするしかなかったですが、これも作業手順のメモを作ることによって、もたつかないようにしました。
専門店、男性

物忘れしやすいのでメモを取ることを習慣づけ、慌てない仕事を心掛けました。
食品・化粧品、接客、男性

①常にノートを持ち歩き、聞いたことをすぐにメモすることで情報の抜けがないようにする
②複数人での打ち合わせの際は発言者ごとに分けてメモをとる
建築・建設・設計・土木、一般事務、男性



口コミから見えたワーキングメモリの機能の弱さへの対策は、以下のような内容があげられました。

  • その場ですぐにメモを取る
  • 仕事の前にマニュアルやメモを見て復習する
  • 何度も実践して体で覚える
メモなどの視覚情報にすることでより理解しやすくなることに加え、「忘れてしまってもメモを見れば大丈夫」という安心感から心に余裕が生まれ、ミスの予防にもつながります。
脳内の作業スペースを広く空けておくためにも、小さなことでもメモを取る習慣はASDの方におススメの方法です。

また、メモを取っている姿は、教えている側や説明している側にとって、仕事へのやる気や努力の表れとしてとらえられるというメリットもあります。
自分なりにがんばっている姿を示すことも周囲への協力や理解を得る上では大切かもしれませんね。

ただ、こんなコメントもありました。

同時作業ができず、聞きながらメモがとれない(話を聞き終わって、口頭で要約を確認してから、メモに書く)
物流・倉庫、女性



「話を聞きながらメモを取るマルチタスクが出来ない」という方は、メモをとる時間をもらえるように、上司に相談してみるといいですね。

2-4.ミスが多いことによる仕事の悩みと対策

ミスの多さに悩んでいるASDの方も多いようです。

【仕事の悩み】

何度も同じ事をする。単純なミスを起こす。こだわりが強い。 数字的な事が苦手。大局的な見方が出来ない。
団体・連合会・官公庁、男性

単純作業でのミスが多く、上司や先輩から何度も何度も責められた。人の指示を理解できずに勘違いして実行して迷惑をかけることも多かった。
シンクタンク・リサーチ・マーケティング、男性

忘れ物、凡ミスが目立ち注意されることが多く、予定外の事が起こると焦ってしまい余計に失敗ばかりしてしまう。
医療・福祉・介護、福祉関係、女性



口コミから見えたミスの内容は以下の通りです。

  • 何度も同じ失敗を繰り返してしまう
  • 単純なうっかりミスが多い
  • 指示を正しく理解できず自分の思い込みで仕事を進めてしまう
  • 忘れ物や遅刻が多い
  • 納期や提出期限を忘れる(間に合わない)
  • 焦ると余計にミスが増える
決して「やる気」だけの問題ではないことがうかがえますね。

では、ASDの方はどのようにして「ミスを防ぐための工夫」をしているのでしょうか?

【対策や工夫】

上司から仕事の指示を受けたら、すぐその場で復唱する。
軽作業、女性

勝手な想像で行動に移らないよう、念のため周囲の人に確認し、やるべき仕事を明確にしてから取り組むようにしています。
ソフトウェア・ハードウェア開発、企画・立案、男性

ミスがないようにスマートフォンを使ってスケジュール管理をしています。リマインダーをこまめに設定することで約束を忘れたりしないようにしています。予定は早めに組み、取り組み始めを早くすることで期日に間に合うようにしています。
男性

独り言でもいいから、やるべきことを落ち着いて考え声に出し1つずつ確認しながら行う。
医療・福祉・介護、福祉関係、女性

通勤に関しては、遅れそうにパニックになり、事故の元になってしまうので遅刻しそうな時は必ず事前に連絡をして、連絡を入れた時は強い叱責をしない様にしていただいた。
人材、経理、男性



ASDの方が実践しているミス対策としては以下の通りです。

  • わからないことは自己判断せず人に聞く
  • 業務マニュアルをこまめに確認する
  • 指示は復唱し、やるべきことをその場で明確に
  • スマホのリマインダー機能で提出期限を管理
  • 声出し確認しながら着実に作業する
  • 先輩にチェックや声掛けをお願いする
  • 遅刻しやすいことを先に伝えておく(事故防止のため)
中でも「わからないことは自己判断せず人に聞く」というのは大切なポイントです。

口コミにも「指示の意味を勘違いしたまま作業を進めてしまった」「勝手な想像で行動してしまった」など、確認不足や認識のズレ、思い込みの強さが原因と思われるコメントが多く見られました。

間違えたまま作業を進めてしまうと、後々取り返しのつかない大きなトラブルになってしまうこともあります。
わからないことは必ず人に聞くように心がけましょう。

しかし、誰に聞けばよいのかわからない、または聞きづらいということもあるかもしれません。入社時や定期的な面談があれば、サポートしていただける特定の方を決めていただけると安心できる旨伝えてみましょう。聞きづらいという悩みが少し解決できるのではないでしょうか。

2-5.集中しすぎて疲れやすいことによる仕事の悩みと対策

ASDの方の特徴として「集中し過ぎによる疲れやすさ」も挙げられます。

【仕事の悩み】

業務の際中にどうしても過集中状態になってしまいがち。
生命保険・損害保険、一般事務、男性

ASDの特徴で、夢中になったり興奮すると、時間に気づかず進めてしまい、エネルギーが無くなってしまう。
半導体・電子・電気機器、男性

プラント工場であったこともあり、危険な箇所も多く存在していました。なので、やはり常に気を配りながら業務を行うため、短時間に異常にまで体力を消耗してしまいました。その結果、事務所に戻ると、デスクワークでの業務が滞ってしまったり、ミスが多発したりしていました。
アパレル・日用品、男性

時間に区切りをつけることが難しく、集中し過ぎてしまう。
人材、一般事務、女性



ASDの方は、一つの作業に没頭するあまり休憩や飲食すら忘れてしまう「過集中」という状態になりやすい傾向があるようです。
過集中の間は作業がグングンはかどるので悪いことばかりではないのですが、その後疲れ果てて何もできなくなったり、突然集中力が切れてミスを連発したりということもあるので、注意が必要です。

では、集中し過ぎを防ぐためにどのような工夫が効果的なのでしょうか?

【対策や工夫】

2時間に一度は休憩を入れるようにして、気分転換を図るようにしている。
自動車・運輸・輸送機器、一般事務、男性

一つの作業のみを長時間続けず、間に別の作業を入れるようにする。
団体・連合会・官公庁、技術系、女性

時間が来たら、スマホのタイマーやアラームを鳴らすことと、周囲に声かけして、時間になったら、肩を叩いて止めてもらった。
半導体・電子・電気機器、男性

目が疲れてきた場合は必ず休憩を挟む。つまり、休憩に適した十分なスペースが設けられている場所でわずかの時間ながら仮眠をとる
生命保険・損害保険、一般事務、男性



過集中を防ぐための工夫としては、以下のような対策があげられました。

  • 終了したい時間にタイマーやアラームをセットしておく
  • 「一時間に一度は必ず休憩する」などのルールを決めて休憩する
  • あえて別の作業と交互にやる
集中しすぎると自分で我に返ることが難しいということでれば、気付かせてくれるツールを使ったり、変化を付けたりすることで気付くきっかけを作ることができそうですね。
過集中を防いでくれるスマホの時間管理アプリもあるので、どんどん活用してみましょう。

集中し過ぎて疲れ果て、翌日欠勤…ということにならないためにも、適度な休憩を意識的にはさむようにしましょうね。

3.ASDの方が職場で抱える悩みとその対策

体験談をみると、ASDの方は様々なお仕事をしていらっしゃいます。しかし、職場で感じる悩みには共通することも多いようです。中でも目立った悩みは以下の通りです。

【ASDの多くの方が職場で抱える悩み】

・理解できない指示の出し方がある
・急な予定変更や臨機応変な対応が難しい
・マルチタスクが苦手、優先順位がつけられない
・聴覚過敏や感覚過敏があり仕事に集中できない環境がある
ではそれぞれの悩みについて具体的なコメントをみながら、その対策についても寄せられたアドバイスを参考に紹介してきます。

3-1.理解できない指示の仕方があることへの対策

ASDの方は、どのような指示をされると理解できないと感じるのでしょうか。

【職場で抱える悩み】

口頭での指示理解が飲み込みにくい。頭の中を整理するのに時間がかかる。
人材、一般事務、女性

口頭指示が入りにくく、また一度に複数の業務を指示されると混乱したり、覚えることが難しかった。
医療・福祉・介護、女性

耳で聞いたことをすぐに理解できない(そのため、音声のみのやりとりとなる電話応対や複数人での打ち合わせが苦手。)
建築・建設・設計・土木、一般事務、男性

・曖昧な指示が理解できない(特に、人によってやり方の違う作業や、そのときによって柔軟に対応しなければいけない作業)
・言葉が文節として入ってこない時がある(言葉の意味が脳内で変換されず、音としてしか聞き取れない)
物流・倉庫、女性

大雑把なことや曖昧な事が苦手な私は最初は床をどこまで綺麗にしたらいいのか困りました。
女性



ASDの方にとって理解できないと感じる指示の出し方は次の通りです。

  • 口頭による指示
  • あいまいな指示
  • 一度にたくさんのことを指示される
では、どのような指示の出し方をしてもらうと、理解しやすくなるのでしょうか。

【職場の配慮や工夫】

状況を説明してからは、業務を一度にたくさんではなく、一つ覚えたら、また次の業務と、一つずつ業務を教えてくれるようになった。
医療・福祉・介護、女性

作業工程なども文字だけではなくイラストや番号を振ってくれる事で分かりやすくしてくれています。
医療・福祉・介護、男性



ASDの特性をよく知らない上司や同僚もいます。以下のような指示の仕方をしてもらうことで理解がしやすくなることを伝えることで、お互い仕事がスムーズに進むようになることが期待できます。上司や先輩に指示の仕方をお願いする時には、以下のポイントを伝えてみてください。

■ASDのある方にとってわかりやすい指示の出し方
  • 文字やイラストなど、視覚情報での指示
  • 指示は一度に一つずつ
  • 業務マニュアルをもらう
  • あいまいにせず、具体的な手順や数値まではっきり伝える
さらに、ご自身でも指示されたことを理解するための工夫をしている方もいらっしゃいます。

おうむ返しのように、指示は口で繰り返して確認してから取り組むようにした。
旅行・ホテル、男性

他の職員と報告・連絡・相談等の重要な話をしている際にも、他の事に注意が向いてしまうとその話が耳に入ってこなくなる為、スマートフォンのボイス機能等を使用し会話を録音しておき、後々会話内容を確認出来るようにしている。
医療・福祉・介護、介護、男性

他のパートさんの仕上がりの床を見て、従業員に注意受けない程度を自分で毎日見てある程度の仕上がりを覚えられるようになったので、作業にストレスが減りました。
女性

話が長くなりそうな時はメモを取り、最後に相手に合っているか確認したこと。
シンクタンク・リサーチ・マーケティング、女性



自分で出来る対策としては、以下の方法があげられました。
  • 口頭の指示をその場で復唱して確認
  • ボイスレコーダーで録音
  • 常にメモを持ち歩く
一生懸命仕事に取り組む姿勢は、プラスの印象を与えます。周囲のサポートとご自身のアイデアを活用して、働きやすい職場にしていきましょう。

3-2.急な予定変更や臨機応変な対応が難しいことへの対策

ASDの方が職場で抱える問題には「急な予定変更でパニックになる」「その場の状況を見ながら臨機応変に対応するのが苦手」という特性も大きな要因になっているようです。

【職場で抱える悩み】

私は臨機応変な対応が苦手で一つのことを黙々と作業している時に急に違うことを頼まれると自分の中にあるスケジュールが狂ってしまい頭の中でパニック状態になります。何時頃にどの作業をしてその作業が終わったらこれ…。というように自分の中でルーティンがあるのです。それを理解してもらうのにも大変でした。
百貨店・量販店、女性

不測の事態に弱く、予定外のことが起こると混乱する。
軽作業、女性

急なスケジュール変更や現在進行中、作画中の作業を中断して別の作業を間に入れなくてはならなくなった時、パニックになってしまい途方に暮れたり泣いたりしてしまうのですがそれを上手く相手に伝えられません。
ゲーム、女性

業務上の急な予定変更があった場合に臨機応変な対応ができず、パニックになることもあります。
専門商社、清掃、男性

先の見通しを立てるのが苦手なので、上司や同僚などに指示を出してもらわないと何をしたらいいのかわからなくなったり、ぼんやりとしてしまうことがあります。
軽作業、女性



コメントのように、「急な予定変更」でパニックになってしまったり、思考が止まってしまったりするASDの方は多いようです。
さらに、周囲の状況を把握することや、場の空気を読むことが苦手なASDの方にとって「臨機応変に動く」ことも苦手なことのようです。

では、実際にASDの方がどのように職場の配慮を得ているか、コメントを参考にしてみましょう。

【職場の配慮や工夫】

私が苦手な臨機応変は、なるべくさせないでくれていた。大人数のお客さんを相手にするのは苦手だったので、その時は別の方が変わってくださったり、イレギュラーのことは私は避けてもらえた。
医療・福祉・介護、女性

・自分の苦手なこと、得意なことを伝えることができ、上司の指示でレジはせずに品出し作業で活躍することができました。上司に理解をしてもらえてスケジュールを一緒に立てその通りに動くようにしています。1日の仕事の流れが把握できているのでとても働きやすいです。
・臨機応変な事が起こった場合でも私はスケジュール通り作業させてもらえてストレスがかなり減りました。
百貨店・量販店、女性

自分が何をすべきなのかわからない時に、こうすれば良いという方法が詳しく記載されたスケジュール表が貰えたので、大きなトラブルも無く、働けているから。
団体・連合会・官公庁、清掃、男性



コメントから見えた、職場での配慮は以下の通りです。

 
  • 1日のスケジュールを上司と決め、その通り仕事を行えるようにしてくれた
  • 担当業務を決めてもらった
  • イレギュラーなことが発生したら他の人が代わりに対応してくれた
  • 手が空いた時用にやるべきことを記載したスケジュール表を貰った
特に「上司と相談しながら一日のスケジュールを立て、毎日その通りに作業できるようにしてもらった」という配慮は、本当にありがたいですね。

職種によってもイレギュラーな仕事が発生しづらいものもあるようです。これから就職先を探す方は、参考にすると良いでしょう。おすすめの業界や職種については、後述しますのでご覧ください。

また、予定外の仕事を減らすためや、もし予定外の仕事を頼まれたときでも落ち着いて対応できるような心がけをしている方もいらっしゃいます。

なるべく予定変更が分かった時点で早めに連絡してくれるよう頼んだ。
教育、女性

不測の事態に備え、早め早めの行動を心がけている。
軽作業、女性



予定変更は早めに知らせてもらえるようにお願いしたり、急な予定変更にも対応できるように早め早めの行動を心がけたりすることは、行動や気持ちに余裕が生まれ、不安を和らげることにつながるでしょう。

3-3.マルチタスクが苦手、優先順位がつけられないことへの対策

ASDの方の多くは「マルチタスクが苦手」「優先順位がつけられない」などの特性があります。
その特性から生じる職場の悩みに関する声も、口コミには多く見られました。

【職場で抱える悩み】

マルチタスクが苦手で一度に2つ以上のことをこなすことができません。スーパーにはレジがありますが、レジはレジ打ち、商品をカゴに移す、お客様対応など一度に複数のことをこなします。私には難しいことです。
百貨店・量販店、女性

マルチタスクが求められるので、休日や繁忙期の忙しいときはパニックになること、注文を覚えられない、注文がたまると要領をえないでスピードが遅く、一部のスタッフに使えないやつ扱いされること。
レジャー・アミューズメント・フィットネス、調理スタッフ・調理補佐、女性

発達障害により、仕事上の優先順位を付ける事が苦手であり、重要な案件を後回しにしてしまったり、今する必要の無い事をやり続けてしまう。また、自分のやり方にこだわってしまう為、職場内の連携を乱してしまうことが多く、人間関係の悪化を招いてしまう。
医療・福祉・介護、介護、男性

月に2回あったイベントには多くのお客様や商品がどっと来て、様々な指示を次々に受けました。ひとつの作業中にほかのことを言われると優先順位がわからず固まってしまうことなどがありました。
専門店、女性



「マルチタスク」とは、複数の作業を同時に進めることです。
ASDの方はひとつの作業を黙々とこなす「シングルタスク」は得意な一方、マルチタスクでは混乱してしまう傾向があるようです。

特に、スピード感が求められる接客などの現場では焦るあまりにパニックを起こし、ミスを連発することや、固まって動けなくなってしまう方もいらっしゃるようです。
さらに、作業の優先順位をつけるのも苦手なため、重要な仕事を後回しにしてトラブルに発展することもあるようです。

マルチタスクや優先順位を考えるのが苦手なASDの方にとって、職場ではどのような配慮があることが望ましいのでしょうか。

【職場の配慮や工夫】

同時に作業などが難しいので作業内容や工程などをメモしてもらっている 決められた内容なら何とかできると思う。
建築・建設・設計・土木、一般事務、女性

スケジュールの管理に関しては正直に上長にお話し、優先度を一緒に検討するように心掛けました。タスクを付箋などで常に見えるようにして把握するように気をつけました。
ゲーム、女性



職場から受けた配慮には以下のような内容があげられました。

  • シングルタスクのみの業務に配置してもらった
  • 上司と一緒に仕事の優先順位を決める
  • 複雑な工程はわかりやすく紙に書いてもらう
まず、仕事をシングルタスクでわかりやすくした上で、仕事の進め方を上司と決めながら、やり方をわかりやすく見えるようにしておくことで、落ち着いて仕事ができるようになります。

また、ご自身でも仕事の進め方を工夫している方がいらっしゃいます。

付箋等でするべき事を書き、1つ終わる毎に外す。
団体・連合会・官公庁、男性

二つの事を一度に行う事が難しい為、一つ一つ順番に作業を行うようにしている。
医療・福祉・介護、介護、男性



マルチタスクが必要な仕事をする時のポイントは「タスクを見える化」することです。
やるべきタスクが一目でわかるように「付箋紙」や「スマホアプリ」などに書き出し、優先順位の高い順に上から並べると、頭の中が整理されてミスも防げますよ。

自分ひとりで優先順位を決めるのが不安な方は、上司や先輩にチェックしてもらうのを日課にするのもおすすめです。

3-4.聴覚過敏や感覚過敏があり仕事に集中できない環境があることへの対策

ASDの方に多くみられる特性に「感覚の過敏さ」があります。
中でも音に対して敏感な「聴覚過敏」に悩む方は多く、「仕事に集中できない」「疲れやすい」など様々な不調の引き金になってしまいます。

口コミにも、感覚過敏についてのコメントがたくさんありました。

【職場で抱える悩み】

BGMによる聴覚過敏や情報過多でふらふらになってしまい、早退を何度も進められた。
旅行・ホテル、男性

視覚と聴覚がとりわけ敏感で、見たもの聞いた言葉を全て拾ってしまい、頭の中がすぐにいっぱいになりパンク状態となります。厳しい言葉や大きな音も全て拾うので常に神経が高ぶっている状態で消耗が激しいです。
サービス・外食・レジャー系、軽作業、男性

感覚過敏で音が非常に苦手。作業中、ガムテープを使う機会が多くそれを剥がす音を聞いていると体調を悪くしてしまう。他にも音の処理が苦手で、何をいっているのかよく分からないことがある。
物流・倉庫、軽作業、女性

コールセンターという職場の性質上、至るところで電話のコール音が鳴り響き応対をするオペレーターの声があちらこちらから聞こえます。聴覚過敏の中でも人の話し声が苦手なタイプで尚且つ色々な音の中から必要な音を聞き取る能力が低い私にとっては鬼門と言ってもいい環境でした。働き始めて二ヶ月目以降になると、そのストレスからフルタイムで働くことも難しい程体調を崩してしまいました。
サービス・外食・レジャー系、女性



聴覚過敏の方にとって辛い職場環境には、以下のようなものがあります。

  • 大きな音が聞こえる
  • 常にBGMが流れている
  • 甲高い声や大きな声で話す人がいる
  • 絶え間なく電子音などが響いている
たくさんの音の中から必要な音だけを聞き取ることが苦手な方もいらっしゃるでしょう。雑音の多い職場では「正確に指示を聞き取ろう」と気を張っているだけで、多くのエネルギーを消耗してしまいます。

さらに「視覚過敏」のある方は、派手な色のものがゴチャゴチャある場所は、視覚情報の多さに飲み込まれてしまい、ミスが増えたり体の不調を感じたりすることもあるようです。

このことからも、感覚過敏のある方は、苦手なものになるべく触れない環境で仕事をすることが必要になり、職場の理解と配慮が不可欠です。実際にはどのような配慮がされているのでしょうか?

【職場の配慮や工夫】

聴覚過敏に対しては入社初日に会社全体に周知され、社員の皆さんからは穏やかな声で話しかけてもらえて大声を出されたことによるパニックを起こさずに済んでいる。
軽作業、女性

賑やかな環境が苦手なので、少人数の比較的静かな部署へ配属してくれた。
運輸・交通、営業事務、男性

防音用イヤーマフを使って、音を極力小さくする。
軽作業、女性

聴覚過敏があったため、常に耳栓をするように心がけていました。耳栓がないときはイヤホンでそっと音楽を聴くようにしてリラックスするようにしました。
団体・連合会・官公庁、女性



職場の配慮として次のような例があげられます。

  • 穏やかな声で話しかけてくれる
  • 人数が少なく静かな部署に配置してもらう
  • 防音用イヤーマフや耳栓をする
  • イヤホンで好きな音楽を聴く
ご自分の感覚過敏を予め周知することで、周囲の配慮を促すことができます。また上司との定期的な面談などがあれば、部署の配置なども相談しやすいかもしれません。

そして、コメントにあったイヤーマフや耳栓、イヤホンの使用は、許可が必要な職場もありますので、確認してから使用することをおすすめします。

他にも、BGMが常に流れている職場なら「音量を低くしてもらう」など、まずは可能な範囲で交渉してみましょう。
「その方が集中できて作業効率が上がる」「ミスが減る」など、職場側のメリットも提示すると聞き入れられやすいかも知れませんね。

また、触覚過敏で衣類にこだわりがある方には、カジュアルな服装がOKな職場がおすすめというコメントもありました。

服装はジーンズOKなため、感覚過敏で「オフィスカジュアルが着られない」という人には良い職場です。
シンクタンク・リサーチ・マーケティング、女性



勤務時間は長いものです。なるべくストレスを減らして仕事に集中するためにも、服装が中注力を妨げる要因であるなら、服装が自由な職場かどうかを確認することも必要ですね。

4.転職や就活ではASDをオープンにするかクローズにするか

ASDの方の多くは、障害をオープンにするか、クローズにするかということで悩むのではないでしょうか?
それは、伝えるか伝えないかで、働き方が大きく異なるからです。

では、オープンした方(障害者雇用枠で働いている方)、クローズにした方(一般雇用枠で働いている方)では何が違うのでしょうか?

4-1. ASDをオープンにした方の体験

まずはASDであることをオープンにした方のコメントです。オープン就労で良かったと感じること、逆に悩んだことはどのようなことでしょうか?

【オープンで就労して良かった点】

会社全体(経営陣、社員とも)自分を受け入れてくれる空気が感じ取れた。私の障害特性が会社全体に周知されているので、仕事上あまり無理を言われることはなく、聴覚過敏への配慮で穏やかな声で話しかけてもらえる。あまり細かく手出し口出しされることはなく、困ったときにだけ声をかけてくれる程良い距離感で接してもらえる。
軽作業、女性

障害の特性にあった業務を任せて頂ける為、集中してやり甲斐を持って業務に取り組むことが出来るから。
マスコミ・広告、軽作業、女性

私の場合は、内定では一般採用であったものの、内定後に障がいを明かしました。ただそれでも採用したい、とのことでした。この企業では、様々な部署の方々ともチームワークがあり、連携がしっかりとれていたと思います。配慮についても、連携が取れていたために落ち着いて働くことができました。
アパレル・日用品、男性



【オープンで就労して悪かった点】

障害枠で就職したにも関わらず、支援や理解がまったく得られなかった。
医療・福祉・介護、介護、女性

始めから自身を発達障害と公表していたが返って裏目に出てしまい信用が落ちてしまった。発達障害の度合いも様々ある中でのこの評価は自身にとって厳しいものとなった。一度偏見を持たれてしまうと弁解しようにもしきれない。それを理由にされ仕事内容が通常のものより簡単な内容になってしまった。仕事の意欲が湧かずに悶々としている。
システムインテグレータ、女性



では、オープン就労の「良かった点」と「悪かった点」についてまとめてみます。

オープンで就労して良かった点は以下の通り。
  • 障害の特性に合った業務を任せてもらえた
  • 自分が受け入れられている空気を感じた
  • 程よい距離感のサポートを受けられた
  • 会社全体で特性や聴覚過敏への理解があった
  • 各部署で配慮が連携されていて働きやすかった
障害をオープンにしたからこそ、ASDについての理解や配慮が得られたという理想的なケースです。

一方、オープン就労して悪かった点は以下の通り。

  • 障害者雇用で就職したのに全くサポートがなかった
  • 障害者のレッテルを貼られ、簡単過ぎる仕事を与えられた
「障害者」というだけで偏見を持たれてしまい、本来持っている能力まで低く見つもられてしまうのは本当に悔しいことですよね。
実際に障害者雇用の現場では「せっかくのスキルを生かせず物足りない」というようなミスマッチも起こっているようです。

ただ、それは「オープンorクローズ」の問題というより、その企業の側の問題ではないでしょうか。
転職や就職をする際は、そのような障害に対する理解や配慮の無い職場かどうかを見極めることが必要です。そのためにも求人票だけの情報で企業を選ぶのではなく、面接や見学を活用して少しでも内情や雰囲気を知ることが重要です。その方法については、後述しますので参考にしてみてください。

理解や支援の全く無い環境で無理をして働き続けることは、二次障害を引き起こすきっかけにもなります。
あなたらしく働き続けるためにも、ASDへの理解と配慮が得られる職場を選ぶことをおすすめします。

【ASDをオープンにして働くことのまとめ】

障害をオープンにすることは、職場での理解や配慮を得るためのスタートラインです。
無理せず安定して働き続けるためにも、ASDをオープンにして受け入れてくれる職場を選びましょう。

ただし、事前に面接や見学で
・これまでの障害者雇用の実績
・具体的に受けられる配慮
・配置される予定の仕事の内容
などを確認するようにしましょう。

4-2. ASDをクローズにした方の体験

つぎはASDであることをクローズにした方のコメントです。クローズ就労で良かったと感じること、逆に悩んだことはどのようなことでしょうか?

【クローズで就労して良かった点】

頑張ればきちんと評価されるし、持病の通院のための休みも許されるから。
外食・フード、介護、女性

クローズでの就労でしたので自閉スペクトラム症由来の困りごとについては相談しておりませんでしたが、職場の方々は私が何度も質問したり聞き取れなくて同じことを繰返し説明してもらう時も怒らず丁寧に説明していただきました。忙しい時や余裕の無い時でも声を荒げず教えてくださったことをとても感謝しています。
サービス・外食・レジャー、女性、



【クローズで就労して悪かった点】

クローズで働いていたので、当然ですが障害者に対する配慮はありませんでした。
人材、男性

クローズ就労ゆえ、口頭指示が多くなること。
外食・フード、介護、女性

クローズで、向いていない接客業に挑んだことがきつかっただけでなく、「自分で考えて行動して」など抽象的な指示が多くて混乱してしまった。また、BGMが聴覚過敏にはきつかった。自分のタイミングでこなせる仕事でもない。
旅行・ホテル、男性



では、クローズ就労の「良かった点」と「悪かった点」についてまとめてみます。

クローズで就労して良かった点は以下の通り。
  • もともと優しく世話好きな社員が多く、クローズでも困ることが無かった
  • 障害名を出さなくても、わからないことなどをたずねれば助けてもらえる
このように「障害名を出さなくても十分配慮してもらえている」というコメントがいくつかありました。

ただ、クローズでも配慮が受けられたというケースは「たまたま職場の環境が良かったから」という面が強いように思います。
しかし実際は、誰もが理解ある職場に出会えるわけではありません。

その点オープン就労なら「障害への理解や配慮」を前提としているので、確実にサポートを受けやすい職場であると言えます。

一方、クローズ就労して悪かった点は以下の通りでした。
  • 当然だが障害に対する配慮は全くない
  • 口頭指示や抽象的な指示が多い
  • ASDの特性に合った業務が出来ない
やはり、ASDをオープンにしないと配慮を受けられる確率は大幅に下がります。

【ASDをクローズにして働くことのまとめ】

クローズのまま障害名を出さずとも「自分は~が苦手だからこうして欲しい」などとASDの特性に対する配慮を求めることは出来ます。
しかし、多くは周囲の方と同じ条件で働くことを求められるため、特別扱いは出来ないと取り合ってもらえない可能性もあります。
確実にASDへの理解と配慮を求めるなら、オープンでの就労が安心です。

ASDをオープンにして働く働き方(障害者雇用)、クローズにして働く働き方(一般雇用)どちらがご自分の理想とする働き方なのかを考えたうえで、気になる企業の障害者雇用に対する取り組みを十分に確認すると良いでしょう。

5.転職や就活の参考に、ASDの方におすすめの企業・業界・職種

5-1. おすすめの会社、企業名

アマゾンジャパン合同会社
とてもオープンで透明性の高い職場です。外資系でとても自由な雰囲気で活気があり、多様性が尊重されるので、個性の強い方でも強みを発揮して働いていけると思います。
満足度:★★★★
配慮  :★★★★★
→口コミの続きはこちらへ



株式会社エイジェックフレンドリー
社名の通りフレンドリーで分け隔てのない人間関係と、社員の体調を可能な限り気遣って下さる上司の方々です。勤続年数に関係なく話をしやすく、自分のアイデアや意見が反映されやすい職場環境です。また、少しでも具合が悪い時には、遠慮なく欠勤・遅刻・早退をするようにという上司の方針で、体調管理がしやすいのも大きなメリットです。
満足度:★★★★★
配慮  :★★★★
→口コミの続きはこちらへ



ゼネラルエンジニアリング株式会社
通常の障害に比べて理解するのが難しい発達障害に理解のある、あるいは理解することが難しいと理解している方が多く、固定観念にとらわれずこちらの障害に関する説明をよく聞いてもらえます。またそれに対して希望する配慮も通してもらえることが多いです。
満足度:★★★★
配慮  :★★★★★
→口コミの続きはこちらへ



名鉄観光サービス株式会社
障がいを受け入れ、私の表現力の乏しさに苛立つことなく寛大な心で受け入れて接してもらえて一緒に仕事をさせてもらえたからです。
満足度:★★★★
配慮  :★★★★
→口コミの続きはこちらへ



リコークリエイティブサービス株式会社
①障害に対しての配慮がしっかりしている。
②食事中を除いては、雑談がほとんどなく、雑談が苦手な人にとっては面倒な人間関係があまりない。
③飲み会が強制ではないので、参加したい時だけ参加している。
④事業所全体の従業員数が多いので、社員食堂がある。そのため昼食代を安く抑えることができる。
⑤オフィスの環境が良く(採光が十分になされている)、快適に仕事をすることができる。
満足度:★★★★★
配慮  :★★★★
→口コミの続きはこちらへ



5-2. おすすめの業界・業種

では次に、ASDの方におすすめの業界や業種について考えてみます。 といっても、業種や業界も様々、そして症状や特徴もそれぞれ異なりますよね。
そこで1つの手がかりとして、アンブレに届いたASDのある方からの体験談113件をもとに、統計をとり傾向をみてみました。

まずは業界です。

ASDの方の業界割合グラフ
ASDの方の業界満足度グラフ

多くの方が勤めている業界は「サービス・外食・レジャー系」「小売・流通・商社系」、そして満足度が最も高い業界も「不動産・建設・設備系」「コンサルティング・専門サービス系」でした。必ずしも 満足度が高い業界=人気のある業界というわけではなさそうです。

次は職種です。

ASDの方の職種割合グラフ
ASDの方の職種満足度グラフ

多くの方が勤めている職種は「事務」「軽作業」でした。そして満足度が高い職種は「清掃」「事務」という結果になりました。

皆さんの予想はどの業界と職種でしたか?
業界と職種に関する詳しい調査結果は以下のコラムでご覧いただけます。ぜひ参考にしてみてください。

ASD(自閉スペクトラム症)の方の転職、113人の実体験を調査、向いている仕事は?

また、ASDの方が働いている企業が一覧で確認できます。
満足度の高い企業や気になっている企業の口コミはこちらから。

では、このような企業はどのように探せばよいのでしょうか?
次は仕事の探し方を確認していきましょう。

6.求人の見つけ方

6-1. 働き方によって選べる採用枠「一般枠」と「障害者雇用枠」

求人には一般枠(クローズ)障害者雇用枠(オープン)があり、障害者手帳を所持している方は、「一般枠」「障害者雇用枠」のどちらにも応募することができます。

先にも述べたように、ASDをオープンにするか、クローズにするかといった悩みは応募できる雇用形態にも影響してきます。
少し重複する部分もありますが、もう一度簡単に説明します。

「一般枠」は、障害であることを伝えず(クローズ)仕事をすることになります。障害のない方と同じように働くことため、広い職種から選べ、昇進や昇給などの機会もあります。しかし、うつ病への理解を得られにくく、周囲のサポートを受けることは難しいのが現状です。

「障害者雇用枠」は、障害であることを伝えて(オープン)仕事をすることになります。そのため、職場の理解を得られ、周囲のサポートが受けやすくなるなど、働きやすさにつながることも考えられます。

▼障害者枠(オープン)や一般枠(クローズ)についてはこちらでもご紹介しています。
障害者枠(オープン)か一般枠(クローズ)か?メリットとデメリットを解説

 

6-2. 求人の見つけ方

①ハローワーク

障害のある方専門の窓口があるため、相談やアドバイスを受けることができます。求人数や障害のある方への求人情報も多く扱っています。

【ハローワークを利用した方】

大田区のハローワークで、障害者雇用担当のベテランの方に、面接で話すことができない自分に同伴して説明を代行してもらいました。それどころか、本来求人票は一般の障害者向けの軽作業系だったのですが自分のスキルを売り込んでもらったおかげで業務内容から雇用条件までガラッと変わり給与も大幅向上しました。
人材、WEBディレクター、男性

障害枠で探しているときにスタッフの方についてもらい、「何ができて何ができないか」を説明し、きちんと配慮を受けられるであろう職場を紹介していただいた。
医療・福祉・介護、介護、女性

ハローワークの求人検索機で現在の仕事を探しました。障害者専門の職員さんに、仕事探しの相談から履歴書の添削、志望動機の書き方の指導などを受けました。応募できるかどうかの交渉もしてもらえました。また、障害者就業・生活サポートセンターの紹介もしてもらい、担当の職員をつけてもらえました。
軽作業、女性



▼参考: 厚生労働省職業安定局「ハローワークインターネットサービス」

②人材紹介会社

障害を抱えることで、働くことに不安を覚えている方の就職活動を応援してくれる専用の人材紹介会社をご存知でしょうか?

具体的には、履歴書の書き方や面接の練習、おすすめする企業の紹介やその企業との連絡、事前見学の調整、入社後のケアや相談など、全面的なサポートなどを行ってくれます。

ハローワークなどでは公開されていない求人情報も扱っています。また企業との連絡が密なので、ホームページや求人票からは得られない職場環境なども知ることができます。

ひとりで1からはじめる就職活動との違いは、専門のアドバイスやサポート、自分にあった企業の紹介を受けられるため、担当者と一緒に不安を取り除きながら活動を進めていくことができます。

しかし、人材紹介会社も一つの企業です。紹介できる企業の得意分野や担当者の性格はさまざま。自分の希望や意見が伝えやすく、理解してもらえる人材紹介会社かどうかをチェックしてみましょう。

次は、気になる企業を見つけたら、その企業の情報をどのように集めると良いのか、紹介していきます。

▼障害者雇用の求人サービスについてはこちらでもご紹介しています。
ハローワークだけじゃない、障害者雇用枠の求人はここでも!求人サービスを紹介

7.企業情報の集め方

会社紹介の採用ページや企業サイトだけでは、あなたが実際に働くことになるであろう職場の雰囲気はつかめないかもしれません。できるだけ自分の目で確かめてみましょう。

7-1. 事前に見学して企業の雰囲気を確認

企業によっては職場を事前に見学させてくれるところもありますし、人材紹介会社に登録している方は、アドバイザーを通して見学をお願いすることもできます。まずは確認してみるといいでしょう。体験談にも、事前に見学を行うことで、面接だけではわからない職場の雰囲気が伝わるとの意見が多くみられます。

【就職する前に職場見学をした方からのアドバイス】

職場見学はした方が良いと思います。傲慢な人や、人を教えられない人が職場にいるとそれだけで空気が悪くなりますし、自分も辛い思いするので。学べそうだな、っていう雰囲気がある職場を選ぶには見学と下調べは必要です。
医療・福祉・介護、医療関係、女性

会社を見学した際に特に見るべきポイントとしては・・やはり顔と目ですかね。 問題ない企業なら顔と目が生き生きしていますが、問題ある場合職場の空気と職員の人たちに生気がないのが特徴です。そこは本当・・見極めが重要ですね。
マスコミ・広告、デザイナー、男性

障害者雇用なら障害者の方がすでに何人働いているのか、仕事をするうえでのその人たちと関わるかなども見学の時点で聞いておくと会社選びをするうえでのいい判断材料になると思います。
シンクタンク・リサーチ・マーケティング、女性



7-2. 面接はその企業を良く知るチャンス

面接は、企業側があなたを審査するだけの場ではありません。大事なのは、あなたが企業に求めるものと、企業があなたに求めるものがマッチングすること

不安や疑問がある場合は、面接時の質問タイムなどでクリアにしておきましょう。具体的に聞いておきたい内容については、以下の経験者さんの声を参考にしてみてください。

【面接で企業の情報や職場の様子、自分に対する配慮などの情報を得るための工夫】

自分の得意、不得意を把握しておき、面接の時点で企業に伝えておくことが大切だと感じました。働き始めてから伝えた事はこちらに非があった事ですし、相手も心の準備が出来ていればもう少しおおらかな態度でいてくれた可能性があります。
専門店、接客、女性

自分自身の障害特性をしっかり把握して、面接では隠さずに伝えましょう。たとえ隠して入社してもいずれは特性が表に現れて業務に支障が出て、かえって厳しい状況に陥るケースになる可能性があります。自己のコミュニケーション能力だけでは充分に会社に伝えることが困難と思うのなら、 ジョブコーチの協力をためらうことなく利用しましょう。
運輸・交通、営業事務、男性

障害者雇用で働く場合は、入社前の面接の際等に自分のできることや苦手なこと、配慮して欲しいことをあらかじめ企業に伝えておいたほうが良い。そうすることで入社後十分な配慮を受けることができる可能性が高まる。そのためには自分の障害特性について知っておいた方が良い。
建築・建設・設計・土木、一般事務、男性



面接で緊張しすぎて質問できなかったということが無いように、予め知りたいことをまとめておきましょう。予め準備をしておくだけで心に余裕ができ、面接にものぞみやすくなります。

働きはじめてから大変な思いをすることは、大きな負担になってしまいます。心地よい職場環境で病気と上手に向き合っていくためにも、面接時での質問のチャンスは大事にしましょう。

8.最後に

これまでの内容をまとめます。

・コミュニケーションが苦手なASDの方は「職場の人間関係は仕事上の付き合い」と割り切って、まずは挨拶など基本的なやりとりが出来れば良いと考えることで気が楽になります。接客や電話対応など苦手な業務は無理せず配置を替えてもらうのも1つの方法です。

・過集中による燃え尽きを防ぐためには、タイマーやアラームを活用しこまめに休憩や気分転換をはかることが大切です。聴覚過敏によるストレスは、なるべく静かな環境で作業できるように上司に相談してみましょう。その他、イヤーマフや耳栓による防音もおすすめです。

・指示は口頭だけではなく、メモやイラスト、業務マニュアルなどの視覚情報にしてくれるよう上司に話してみましょう。自分でもこまめにメモをとる習慣をつけると、ワーキングメモリーの機能の弱さをカバーできるだけでなく、仕事に対する前向きな姿を印象づけることができます。

・急な予定変更やイレギュラーなことが起こらず、毎日同じスケジュールで作業できる環境なら、ASDの方も安心して働くことができるでしょう。マルチタスクは出来るだけ避け一つずつ確実に終わらせることを心がけます。タスクの管理や期限の管理には、付箋紙やTODOリストが便利です。

・転職や就活を行う上で、ASDをオープンにするかクローズにするかも多くの方が悩むポイントです。まずはご自分の症状を一番に考え、どのようなスタイルで仕事を行うことがベストなのかを考えましょう。通院や急な体調不良による休みを必要とする場合は、配慮やサポートを受けやすいクローズ就労=障害者雇用も検討すると良いでしょう。

・ASDと付き合いながら、理想の仕事や職場で働いている方も多くいらっしゃいます。ASDの方におすすめの企業や業界、職種には傾向がみられますので、同じASDをお持ちの方の意見も参考にしてみましょう。


これまでにご紹介した体験談は、ほんの一部です。症状も人それぞれ、企業の対応もそれぞれ異なります。
まずはご自分の症状や、できることできないことについてまとめてみましょう。そして、自分にあった職場を自分のペースで見つけてください。

そして気になる企業の様子やサポート状況は、事前に自分の目で確かめることが理想的です。求人票ではわからない企業の様子を知るためにも、ハローワークの専門スタッフに相談したり、人材紹介の専門アドバイザーと一緒に就職活動を進めたりするのも良いですね。
さまざまな企業の中で、あなたが幸せに働ける環境に出逢えることを、私たちは心から願っています。

※この記事は投稿いただいた口コミから生まれています。
皆さんの貴重な体験談は多く方へ届き役立ちます。ぜひ体験したこと、感じたことを教えてください。
口コミの投稿はこちら
↓↓↓
口コミの投稿

新着口コミを毎週火曜に定期配信中
働きやすい環境を見つけるきっかけに


口コミを受け取る

関東圏で就職、転職をお考えの方へ
障害者雇用のプロに相談してみませんか?
  • ・面接対策
  • ・配慮のある求人紹介
  • ・自己PRなどの作成補助
  • が受けられます

無料相談してみる

関連するコラム

視覚障害のある方が仕事で抱える悩みと対策、望む配慮
視覚障害のある方が仕事で抱える悩みと対策、望む配慮
腎臓病の方へ 仕事と治療を両立するための98人から学ぶヒント
腎臓病の方へ 仕事と治療を両立するための98人から学ぶヒント
新着記事一覧へ