聴覚障害の方に聞く、オススメの仕事と仕事探しのポイント

耳が聞こえにくい、ということは想像以上に、仕事において困難を来す場面があります。 例えばこんな悩みはありませんか?

「補聴器をつけると場所や相手によっては会話可能なレベル。外や広いフロア等他の音がする場所では会話が出来ない場合がある。」

「突発性難聴で左耳が聞こえません。会議では相手の話を十分に理解できない事もあります。また、転職しようにも、接客業は対応が難しいと思われ、困っています。」

「右耳が聞こえず、左耳も補聴器をかけないと聞こえません。そのため、電話応対はできません。社員や顧客との会話に不自由し、仕事がスムーズに進められないこともあります。」


聴覚障害の方に仕事に関してお聞きすると、このような声がたくさん上がります。この記事を読んでいる方の中にも、現在難聴と付き合いながらの復職、転職活動で、仕事がなかなか決まらず悩んでいる方がいらっしゃるかもしれません。

本記事では、同じく難聴などの聴覚障害をお持ちの方に実施したアンケートから見えた「向いている仕事」や「オススメの企業」について紹介していきます。またその仕事をどのように探していけばよいのか、多くのアドバイスも届いています。

あなたもぜひ、参考にしてみてください。

聴覚障害の方に聞く、オススメの仕事と仕事探しのポイント

目次

1.聴覚障害および難聴とは

「音が聞こえない、または聞こえにくい状態を聴覚障害といいます。病気、事故などで生じる場合や、生まれつきの場合、加齢による場合などがあります。
聴覚障害は、障害部位で、伝音難聴、感音難聴とこの両方がある混合難聴に分けられます。
伝音系は、耳介、外耳道、鼓膜、中耳の部分で、内耳から脳の聞こえの中枢までが感音系です。
中耳までに障害がある場合を伝音難聴といい、音が小さく聞こえます。内耳以降に障害がある場合を感音難聴といい、音が小さく、歪んだ状態になり、ことばがはっきりとは聞き取りにくくなります。
~中略~
音の大きさをデシベル(dB)という単位で表します。医学的には25dB以上の大きさの音で、ようやく聞こえる場合に、聴覚障害といいます。
聴覚障害になると、会話が分かりにくい、情報が得にくい、コミュニケーションが取りにくいといった不便さが生じます。ただ、個人差が大きいため、その状況はまちまちです。」


このように、難聴といっても障害のある部位により聞こえ方も異なってきます。

「また聴覚障害は、障害の程度により、国が定めた基準に従って身体障害者手帳の交付を受けることができます。身体障害者手帳を取得すると、様々な公的制度を活用できます。

聴覚障害の場合、6級、4級、3級、2級の4段階に等級が分かれています。聴力検査または語音明瞭度検査を行い、その結果で該当する等級の身体障害者手帳が交付されます。」


■交付基準
・6級:両耳とも平均聴力レベルが70dB以上又は一側耳の平均聴力レベルが50dB以上、他側耳の平均聴力レベルが90dB以上の場合
・4級:両耳とも平均聴力レベルが80dB以上又は両耳による最良語音明瞭度が50パーセント以下
・3級:両耳とも平均聴力レベルが90dB以上
・2級:両耳とも平均聴力レベルが100dB以上

■身体障害者手帳を取得するには、
 ・市町村の障害福祉担当課で、手帳交付の診断書の用紙等をもらいます。
 ・指定の耳鼻科にて検査を受け、診断書を作成してもらいます。
 ・この診断書と必要書類を居住地の市町村障害福祉担当課に提出します。
 ・県の審査を経て、身体障害者手帳が交付されます。(政令市・中核市は独自に認定・交付)
 こうした手続きを経るため申請から交付まで、1ヶ月程度かかることもあります。

参考:神奈川県障害福祉課「神奈川県聴覚障害者福祉センター」

ではこのような「聴覚障害」をお持ちの方は、仕事をする上でどのような悩みを抱えているのでしょうか?アンケートに届いたリアルな声を見てみましょう。

2.聴覚障害の方が働く上で悩むこと

まずは、聴覚障害の方が実際に仕事で経験している悩みは、大きくわけて3つに分けられました。

1.言いたくても言えない、聞きたくても聞けない辛さ
2.特に大勢の人のいる場では話が理解しづらい
3.聴覚障害から生じる、めまいや吐き気などの症状


では、それぞれ具体的に見ていきましょう。

2-1 .言いたくても言えない、聞きたくても聞けない辛さ

「感音性難聴4級で10年前から聞き取りが困難になってしまった。感音性難聴とは音が歪んで聞こえるため、ローマ字で言えば子音が判別できない。仕事で困ることは他人の話が聞き取れず、間違った聞き取りをしてしまうこと。3回聞き返すと相手も不機嫌になるので、適当に相槌をしたり返事をしてしまい、後で言った言ってないのトラブルが生じやすい。音も聞こえないので、緊急事態(非常ベルや救急依頼への対応ができなかったり、無駄な時間や手間を取らせてしまう)が発生した時が、自分の対応で取り返しのつかないことになってしまいかねないかが最も恐れていることです。しかし健常者でも犬笛が聞こえないとのおなじように自分が聞こえないことは存在しなていないものと開き直っているのでストレスはためないようにしてます。」

「難聴でお客さんの話しが聞き取りにくいので、二回まではお客さんに聞けるけれど、三度目からは聞くことができない」


難聴の場合、一度で聞き取ることができないことも多いため、何度も聞き返さざるを得なくなりますが、3回以上聞き返すのは相手に負担を与えてしまうと感じるようです。その結果、聞き取れずに終わらせてしまうことがよくあるようです。

言いたくても言えない辛さ、聞きたくても聞けない辛さが多く寄せられました。

2-2 特に大勢の人のいる場では話が理解しづらい

「感音性難聴で補聴器をつけているが、音はきこえるが後ろから声をかけられるとわからない。 仕事上では会議が一番こまる。一対一ならば会話が成り立つが、多数だと誰が何を言っているのかわからない。」

一対一であれば、唇を読み解くこともできますが、人数の多い会議はそれが困難であるため、話を理解することができなくなります。

このような意思疎通が図りづらい状況がミスや失敗を招き、結果退職することになったという方もいらっしゃいました。

2-3聴覚障害から生じる、めまいや吐き気などの症状

「体調は暑いとめまい・頭痛がして気分がわるくなる。」

また、聴覚障害の方は、耳の不調が引き起こす「めまいや吐き気」などの症状が伴うことも多く、体調面の悩みも見受けられます。突然の不調は、仕事をする上で戸惑うものです。

今記事を読んでくださっている方の中にも、同じようことに悩んでいませんか?

そのような悩みがある場合は、同じように聴覚障害をお持ちの方の意見を参考にしてみるのも1つの方法です。難聴の方の中には、難聴と上手く付き合いながらでもできる働き方を実践している方がたくさんいます。

そのような方から「どのような企業で働いているのか?」「どうやってその仕事を見つけたのか?」「どんな働き方をしているのか?」といったアドバイスが届いています。

順を追って紹介していきますので、ぜひあなたの求職活動の参考にしてください。

3.聴覚障害と付き合いながらでも働きやすい職場

実際に働いている聴覚障害の方がオススメする職場にはどのような特徴があるのでしょうか?
まずは満足できる「職場環境」について、実際に寄せられた声を見てみましょう。

「業務中はもちろん、業務以外でも私がなるべく孤立しないようにと配慮して頂いたようで、ランチなどに誘って頂いていました。みなさんそれぞれ忙しいにも関わらず、障がい者への配慮を意識してくれていました。」

「自分宛の内線以外の電話は同僚が率先して取ってくれた。また、新しくやる業務の時は隣でサポートし、こちらが手順を理解するまでついてくれた。その後のフォローも業務アウトプットを相互確認することにより行ってくれた。」

「右耳難聴の旨を伝えたところ、声かけと同時に肩を叩くなどして、こちらの気付きをうながしてくれた。普段はインカムを装着していて、電話応対の都度取り外す必要があり、その後に着け忘れてている際にも、よく気付いて教えてくれた。」


3回聞き返すと相手が不機嫌になる、という声も多くあったように、周囲とのコミュニケーションの取り方に悩みを抱えることもあります。

だからこそ、病気を正しく理解してもらい、サポートしてもらう体制を整えることが、双方にとって大切です。特に、声のかけ方や話し方の工夫、理解できているかどうかの確認といった周囲のサポートは、働きやすい職場には大切なポイントですね。

配慮やサポートのある職場環境について確認してきましたが、次はどのような職種や業務内容が働きやすいのでしょうか?
アンケートからのその傾向を見ていきましょう。

※他にも聴覚障害のある方の仕事に関する体験談がたくさん届いています。
→聴覚障害のある方の体験談はこちらへ

4.聴覚障害の方にオススメの職種・業種

職場環境だけではなく、業務の内容も、安心して働けるかどうかの重要な要素です。実際に聴覚障害の方が多く働いている、オススメの仕事はどんなものでしょうか。

①パソコンのスキルを活かせる仕事
データ入力やシステムエンジニアなど、パソコン(PC)と向き合って行う仕事は特にオススメです。相手の話が聞き取りにくいことがハンデになることもなく、また自分次第でスキルアップもしていくことができるため、安定して働くことが可能です。

「基本、キーボードやタイプでの入力のみの仕事で、依頼主ともマンツーマンで仕事の話ができるので、働きやすかったです。」

「障害のことを認識してくれているので、周囲が気を利かせてくれること。聞き取りが必要な業務をあまり実施しなくても働ける状況になるから。」

「他企業では難しいようなシステム関連の知識習得。企業における研修の受けやすさ 会社の就業環境の良さ。」


対面コミュニケーションが少ないという点であれば、事務作業もオススメのひとつです。


②テレワーク(在宅ワーク)
近年新しい働き方として注目されているテレワーク(在宅ワーク)。これも、データ入力などのPCを用いた業務を、自宅など自ら選んだ場所で行うことができるので、聴覚障害の方には向いていると言えるでしょう。

テレワークでは、基本的にオンラインのテキストベースで、仕事のコミュニケーションが完結するため、聞こえにくいことが仕事に影響しません。
また、委託契約であれば自分のペースで進められることも、めまいなどの体調不良を伴いやすい方も働きやすいのではないでしょうか。


③医療 / 福祉関係
仕事柄、視覚障害であることへの理解も得られやすいため、医療・福祉に関する業種もオススメです。障害者雇用枠などで入社すると、配慮やサポートがある可能性も高いです。

また、子どもたちに相対する業務内容であれば、言葉のコミュニケーションだけでなく、身体的なコミュニケーションなどで幅広く対応できるので、従事している人も多いようです。

5.聴覚障害の方が自分らしく働ける仕事の見つけ方

聴覚障害の方が自分に合った働き方ができる企業を、どのように見つけたらよいのでしょうか。

5-1 事前見学でリアルな職場環境を知ろう

求人票やインターネットの情報、面接だけでは、本当に働きやすい自分に合った職場かどうかを見極めることは難しいでしょう。企業を選ぶときには、事前見学を行うことをオススメします。

事前見学可能な企業は案外多いもの。気になる企業を見つけたら、まずはお願いしてみましょう。体験入社制度や研修期間がある企業なら、より職場の空気を体感できるはずです。
経験談を見ても、事前見学をオススメする方がたくさんいらっしゃいます。

「やはり働く場所にエアコン完備があるかがポイントですね。私は毎日補聴器を着けてるので仕事中は外したくないので、夏は涼しい場所で仕事をしたいです。」

「ネットに口コミ情報などあれば、チェックしておく。 若手社員が、多くいて定着率が高いかどうかを見る。 職場の雰囲気を感じ取る。 風通しの良い職場かどうか? 上司と意見交換できるかどうか? 将来の展望がはっきりしているか?」

「現場系で探すなら、必ず現場を見学させてもらうこと、です。さらに、お試し期間を設けてもらうことです。見るとやるとでは感覚が全く違いますから、進んでいろんなことをやってみてください。体を使う仕事は、自分の体の各部分を意識して動かしてみると、意外とできることが増えてきます。」


エアコンの有無、換気などの体調を左右する環境面はチェックしましょう。そして実際に見学する中で、職場の雰囲気や、従業員の関係性などを確認してください。聴覚障害の方が自分らしく働く上で、周囲のサポートは欠かせないものですから、サポートが受けやすい職場環境かどうかは重要です。

ただ、職場見学を申し出ることをためらう事があるかもしれません。そのような場合は、専門のアドバイザーが企業との間に入り、面接を受ける前からあなたと企業の調整役を行ってくれるサポート機関もあります。

そのサポート機関を紹介する前に、企業が募集する際の雇用形態について改めて確認してみましょう。

5-2 障害者雇用枠と一般枠

求人には「一般枠」と「障害者雇用枠」があり、障害者手帳を所持している方は、「一般枠」・「障害者雇用枠」のどちらにも応募することができます。

障害者雇用枠での採用であれば、業務内容や勤務上の注意点など、聴覚障害を持っていることに対し、より配慮された環境で働ける可能性が高いでしょう。
体験談でも、障害者雇用枠での入社をオススメしている声が上がっていました。

「他部署にも障害者がいましたが、通院のため毎週水曜日は午後休みを取得していました。そういった方については有給や欠勤扱いにはせず元から週4.5日勤務と勤務形態を個別に調整してくれていました。」

「障がい者枠で入ったが、周りの理解を得ているので仕事しやすい。」


より障がいに対する理解が深く、個別対応を受け入れてくれる、障害者雇用枠採用は心強いですよね。

一般枠での応募になる場合でも、あらかじめ聴覚障害があることを伝え、何らかのサポートを受けられるか確認しておくとよいでしょう。特別な制度などはなかったとしても、職場で配慮やサポートがスムーズに受けられることが考えられます。

5-3 専用のサポート機関を活用しよう

企業の探し方について具体的に見てきましたが、すべてを独りで行うのは、難しいと感じるかもしれません。
そんなときは、様々な疾患や障害を持った方の就労について専門知識のある、専門の公的機関や人材紹介会社を利用することもオススメです。

こういった機関では、面接対策が受けられたり、企業の紹介や仕事を始めてからも相談ができたりするなど、多様なサポートが得られます。

独りだけで行う就職活動とは違い、担当者や職員と相談することで、不安を和らげつつ活動を進めていくことができます。


①ハローワーク


ハローワークには障害のある方専門の窓口があるため、相談やアドバイスを受けることができます。求人数や障害のある方への求人情報も多く扱っています。実際に活用した方の声もあります。

体験者の声を見てみましょう。

「まずハローワークの障がい者枠の求人を探したほうが良い。 その担当の人が勧めてくる求人票に納得がいかない場合は、自分で探したほうが良い。 それでもって、障がい者支援センタのチャレンジトライを相談しながら利用し、会う職場を探したほうが良いです。」

「私のように、障碍者手帳を持っていないけど、障害があるという方は、転職がとても大変だと思います。一般的な会社は、健康な人材を求めているわけですから、そういう所を選ぶなら、健康なふりをして受けないと、まず受からないと思います。私も、見た目は健康に見えるので、健康なふりをして面接を受けています。その時に、休憩時間や詳しい仕事内容を質問して、自分にできるかどうかを探っていますが、休憩の事を聞くと、「やる気が無い」と思われてしまうのか、全然仕事が決まりません。確実なのは、ハローワークに行って、全部話したうえで、仕事を探してもらうのが安心なのではないでしょうか。」


疾患と求職活動、どちらにも専門知識を持った人にサポートしてもらえると安心ですよね。

→ハローワークインターネットサービスはこちらへ
参考:厚生労働省職業安定局「ハローワークインターネットサービス」


②人材紹介会社


障害を抱えることで、働くことに不安を覚えている方の就職活動を応援してくれる専用の人材紹介会社をご存知でしょうか?

具体的には、履歴書の書き方や面接の練習、おすすめする企業の紹介やその企業との連絡、事前見学の調整、入社後のケアや相談など、全面的なサポートなどを行ってくれます。

ハローワークなどでは公開されていない求人情報も扱っています。また企業との連絡が密なので、ホームページや求人票からは得られない職場環境なども知ることができます。

ひとりで1からはじめる就職活動との違いは、専門のアドバイスやサポート、自分にあった企業の紹介を受けられるため、担当者と一緒に不安を取り除きながら活動を進めていくことができます。

しかし、人材紹介会社も一つの企業です。紹介できる企業の得意分野や担当者の性格はさまざま。自分の希望や意見が伝えやすく、理解してもらえる人材紹介会社かどうかをチェックしてみましょう。

6.面接を受けるポイント

6-1 自己分析をしよう

大切なのは、まず、自分のこれからの働き方や自分の症状について、きちんと自己分析しておくことです。

心身ともにリスクを抱えやすいということを意識した上で、自分がどれくらい働けて、具体的にどういった仕事がしたいのか、自分にとって転職成功と言えるのは、どういった条件なのかといったことが重要です。

アンケートにも、このような声が集まっています。

「自分の体を知っているのは、自分だけだと思います。自分の体力面、精神面の限界を超えると、健康な方以上に大変になると思いますので、まずは自分と向き合い、勤務時間、勤務地、勤務内容等しっかり考えておくべきだと思います。私は、無理をしてしまい、めまいがひどくなり、通常に動けるようになるまで1か月以上かかりました。もちろん勤務もできず、退社に至りました。素敵な職場に出会えた場合、きちんと自分の病気のこと、通院のこと、可能な勤務範囲を伝えた上で、勤務できるよう努めていただければと思います。」

「就職先を探す際に気をつけるべきは、何を重視しているかです。私は、資格や技術よりか人格を大切にする企業を選びました。コミュニケーション能力や性格、考え方を元に判断して下さるならば、技術などが多少劣っていたとしても人事の方の見方次第によっては無限の可能性があるからです。」

「まず自分が何をしたいか、どのような仕事を任せてもらいたいのか、よく自己分析しておくとことが大事だと思います。次に、自分の障害の状況やどのようなサポートが必要なのかをしっかり伝える必要かあります。入ってから、こんなはずじゃなかった…ということのないよう、しっかり確認しながら進めることが大事だと思っています。」


6-2 面接は自分と企業のお互いを知りあう場

面接では、自己分析をもとに、あなた自身がどういった仕事ができるか、あるいはしたいのか。そして聴覚障害があること、配慮してほしい点などをしっかりと伝えてください。できないことも、サポートがあれば可能な場合があります。そのようなことは、前向きな姿勢を示すためにも、丁寧に説明しましょう。

その上で、企業側が求める業務内容や、実際の業務量など職場環境についての話もきちんと確認し、その企業と自分の求める働き方が、マッチしているか確認しましょう。 実際に現場で働く社員の方に直接話が聞けるとなおよいですね。

「自分が入社したら、具体的にどんな仕事を担当したいのかを明確にしておくべきだと思います。また、会社が自分にどんな業務を担当させるのかを確認することも必要かと思います。障がいをお持ちだと、できる業務も限られると思います。入社後に会社側とのミスマッチが無いように気を付けてください。」

「入社時、配属時に自分の障害内容や配慮して欲しいことをきちんと伝えることが大事だと思います。デメリットも包み隠さず打ち明けないと将来困る場面が必ずやってきます。また、障害に甘えず自分で出来ることは自分でやりましょう。仕事が出来なくても、仕事以外で誰でも出来ること(挨拶や共有部分の整理整頓等)だけでも積極的にやりましょう。」

「天候による疲れ、長時間労働、綺麗ではない職場、いろんなデメリットを直接聞いたらいいと思います。会話のやり取りも必要なので、その点も詳しく話したらいいです。」

「興味を持った会社の財務内容、直近3年間の損益の状況、人員削減が無いか、または離職率が高くないか、確認しておいた方が良いと思います。また、夕方から当該会社の近くに張り込んで、社員の退社時間や、退社時の表情など、調査しても良いかと。」


面接は、企業があなたを採用するか決めるためだけのものではありません。あなた自身が自分らしく働ける職場を選ぶ機会でもあります。「どこでもいいから雇って欲しい」ではなく、じっくり自分にとって本当に幸せな決断なのかを見極めましょう。

次は、入社後のアドバイスについて紹介していきます。

※他にも聴覚障害のある方の仕事に関する体験談がたくさん届いています。
→聴覚障害のある方の体験談はこちらへ

7.聴覚障害の方が入社後に心がけていること

面接に無事合格し入社が決まった後、聴覚障害の方が自分なりのリズムを整えるために心がけていることはどんなことでしょうか。

「周囲には、障害がある事を伝え、こちらから積極的に声がけをするようにしています。」

「話しの内容が分からない場合は、メモでとるようにしてます。メモの内容を確認してもらっています。」

「補聴器の音の調整をスマホで出来るよう設定してます。電話の応対はなるべく他の職員にやってもらう。」


面接のときだけでなく、ともに働く上司や同僚の方々に、聞こえにくいときちんと伝えておきましょう。何度も聞き返したり、メモで確認したりできるような環境を、自分から整えることが重要です。

周囲のサポートが受けられるとしても、できるだけスムーズに仕事やコミュニケーションを進められるよう、スマートフォンで補聴器の音の調整をできるようにしておくといった工夫も有効です。

聞こえにくいことをカバーできる環境づくりをしていくことで、自分らしく能力を発揮?できれば、あなたの転職・復職は成功したといえるでしょう。

8.聴覚障害の方が実際に働いているオススメ企業

聴覚障害の方々が働いている企業の中でも、オススメできる企業として高い評価を得ている企業をこちらでご紹介します。

・明星食品株式会社
「私が担当する業務が明確に割り振られていたので、その仕事をマスターすることに集中できました。また、障がい者への偏見や嫌がらせも全くない会社だったので、とても感謝しています。」
満足度:★★★★
配慮 :★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

・株式会社アルプス技研
「基本的に他部署や顧客と連携を取るような業務はなく、部内でルーチン業務の繰り返しだったため、特に障害を苦にする場面がなかった。」
満足度:★★★★
配慮 :★★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

・鈴与マネジメントサービス株式会社
「仕事内容も自分の好きなパソコン作業もあり、座り仕事や立ち仕事もあったので体に負担なく働けました。後人間関係もとても良かったです。」
満足度:★★★★★
配慮 :★★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

・SMFLキャピタル
「会議や説明会など複数の場ではパソコンを使ってノートテイク、もしくは後日に別途説明。電話は頼めば快く引き受けてくれる。特別に困っていることはないか悩み事はないか、ためこんでしまわないように何でも話してもらえるようにと定期的にメンターの時間を作ってくれている。配慮が欠けているという点はむしろない。」
満足度:★★★★★
配慮 :★★★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

9.最後に

聞こえにくいということは、人とのコミュニケーションが取りにくく、相手を不快にさせてしまうのではないかと心配することもあるでしょう。

しかし、聴覚障害の方でもできる仕事はたくさんあります。実際、周囲の方の理解が得られてサポート体制が整うことで、転職活動に成功した方がたくさんいらっしゃいます。

そのためにも、まず自分の症状やできること、できないことをよく把握しましょう。そして、企業に正しく理解してもらうことが大切です。
迷ったら、サポート機関を活用してみるのも良いですね。

自分のペースで大丈夫です。心から満足のいく職場と出会えることを、心から願っています。


※他にも聴覚障害のある方の仕事に関する体験談がたくさん届いています。
→聴覚障害のある方の体験談はこちらへ

著者情報

新着口コミを毎週火曜に定期配信中
働きやすい環境を見つけるきっかけに


口コミを受け取る

関連するコラム