麻痺があっても働ける 実際に働いている方に聞いた、働きやすい職場とは

麻痺とは何らかの原因で体が思うように動かせなくなった状態のことです。
麻痺の程度は様々で、完全に動かすことができない「完全麻痺」や動かしにくさはあるが動く「不全麻痺」、目に見えない分では神経や呼吸に使う筋肉の麻痺などがあります。
身体に麻痺をきたすと、日常生活はもとより、仕事の面でも何らかの「できない」ことがらに直面します。そのため、職場選びはより慎重になるのではないでしょうか。

「左半身に麻痺があります。左手が使えず、足も思うように動きませんが、歩くことはできます」
「脳梗塞の後遺症で左半身麻痺と言語障害があります」
「怪我で半身マヒに。車いす生活です」
「脳梗塞の後遺症で左片麻痺があります。基本的に左手足を使えず、すべての動作は右手足だけで作業を行います」


このように、麻痺の原因や程度は様々なので「麻痺がある方」という条件で語るには、事情が違い過ぎる面が多々あります。

しかし、アンケート結果から麻痺によって仕事で困ったことや職場で受けているサポート、自身で工夫していることや役に立つアドバイスには、共通点も多くあります。

今回は、アンケート結果から見えてきた「仕事探しの始め方」「自分にあった仕事の選び方」などをまとめました。これからの就職や復職の参考にしてください。

麻痺があっても働ける 実際に働いている方に聞いた、働きやすい職場とは

目次

1. 麻痺がある方が経験した仕事における不自由さ

麻痺がある方は日常や仕事探しでどのような体験をされているのでしょう。アンケートに寄せられた声をみていきましょう。

「脳腫瘍の手術後、左半身まひになった。左手が使えないため、軽作業の仕事などでも食べ物関係のものは、左手に手袋が出来ないため採用してもらえない」

「脳性まひで、手先の細かい作業が苦手です。電話の応対も多くて言語障害があるので、相手にびっくりされたことも沢山」

「左半身に麻痺があり歩いたり重い荷物を持つことができない。痺れを抑える薬の副作用で眠気が強い」

「右腕に麻痺があり肩から指先まで全て自由に動きません。首が凝りやすく疲れ易いです」

「多発性硬化症により右手が麻痺しており、字を書くことが非常に難しい状態です。また、両足が不自由で歩くことができず、車いすで普段移動しています」

「右手の使用が困難なので、電話の受電の時メモがとれない」


麻痺の部位や程度によって不自由さは異なります。就職して仕事をしていくためには、個々の状態に合ったサポートや工夫が必要になってきますね。

また、再発防止や痺れを抑える薬などの影響で、眠気や倦怠感を感じやすいといった声もありました。麻痺だけではなく、周囲の人からはわかりにくい部分での体調の整いにくさとも付き合いながら仕事をされている方がいるということがわかります。

そして、麻痺が生じていない部分を駆使してできる作業があっても、麻痺していない部分に負担がかかり新たに痛みが生じるなどこともあるのです。

こうしたことから、麻痺のある方が仕事をしていくためには、麻痺を加味した上でそのことに付随する様々な不自由さや課題を職場に理解してもらう必要があります。

それは、一見大変なことのようですが、実際に会社や一緒に働く同僚のサポートを受けながら麻痺があっても働くことができている方は大勢いるのです。

では、どのような環境ならば、麻痺があっても無理なく働き続けることができるのでしょうか? 今回のアンケート結果で得ることができた、働きやすい職場環境をみていきましょう。

2. 麻痺があっても働きやすい職場環境とは

麻痺があっても働きやすいく満足度が高い職場環境についての意見は、大きくわけて以下の2点が挙げられていました。

1. バリアフリーなど物理的に配慮のある環境
2. 通勤に関して配慮がある職場
3. 体調管理に配慮のある職場


では、それぞれ具体的なコメントとともに、詳しく見ていきましょう。

2-1 物理的に配慮のある職場 (バリアフリーへの意識)

「両下肢麻痺です。特に左足の膝が曲げられないので階段の上り下りが大変です」

「装具や杖を突きながらの歩行が余儀なくされるので走ることやテキパキ動くことができません」

「後縦靭帯骨化症で下半身に麻痺があり運動障害で車椅子での生活をしています。」


移動に車椅子や杖を利用する方にとって、段差は物理的な障害になります。社会全体でバリアフリー化は進んできていますが、実際に勤務するその建物がどうなっているのかを確認する必要がありますね。

「施設のバリアフリー化が充実しているとは言えない状況です」

「トイレに関しては、身障者用のトイレが全くないので、そういう点では大きくマイナス点です」

「トイレや入り口等“バリアフリー”を謳いながら、全然バリアフリーではない。健常の人が『こんなんで大丈夫やろ』みたいな仕事がありありとわかる。入り口等はうわべは車イス対応なのに、実際に車イスで移動なんかできっこない」


バリアフリー化が不十分で、負担や無理を毎日感じている声がきかれています。麻痺がある方にとって、職場の建物の構造が仕事の質に影響を及ぼす可能性は大いに考えられます。就職活動の際には環境の確認が欠かせないですね

以下、喜ばしい回答もあったので紹介します。

「洋式トイレのある部署に配属してもらえた」

「車内に車椅子対応の設備がある等働きやすかった」

「新たな障碍者用トイレを設置してくれた」


働きやすい環境に配属されたり、新たにトイレやスロープを設置するなどの対応をしてもらうことができたという回答は就職活動の励みになりますね

2-2 通勤に関して配慮がある職場

「下肢障害のある人については自動車通勤が可能です」

「通常禁止されている自家用車通勤を許可されている」

「時差通勤等が可能であれば、重度の障害があっても就労できるのではないかと思う」


職場のバリアフリーだけではなくまずは、無理なく安全に通勤できることも重要です。
毎日の通勤手段や時間に関する配慮の他に、荒天時には在宅勤務が可能だと安心できますね。

2-3 体調管理に配慮のある職場 (通院・勤務時間・休憩など)

「時間が有る程度自由で、体調に合わせて仕事を続けることが出来ています」

「仕事を配慮して午前中のみの勤務です」

「身体的に困難な作業は、時間や日を短くする等、上司と相談し無理しない程度にしています」

「脳梗塞の後遺症で右側が麻痺している。 もともと疲れやすかったが、ますます疲れるようになり最悪朝起きれず、身体が動けるまで休んでしまうことがある」

「疲れると持病が再発しやすくなるので、適度に休憩を取ることを上司と約束している」

「突然持病が再発して仕事を休まなくてはならなくなっても、了解してもらえる」

「疲れてきた場合、休憩を多めにとってくれたり、足が動きにくいときは、今日は無理をしないよう休ませてくれたりと、自分のペースで働かせてくれた」


疾患や麻痺が及ぼす身体への負担で体調がなかなか安定しない方や、疲れやすくなったという声が多く聞かれました。

無理なく働き続けることができるために、業務内容への配慮や時短勤務などで無理が生じない環境を実現しているケースもあるということがわかりました。
昨今注目されているフレックス制や在宅勤務への取り組みが広がっていくと益々働きやすい職場が増えていくでしょう。

物理的にも、精神的にも配慮のある職場環境を見つけていきたいものです。次は、そんな配慮のある働きやすい企業を、実際に働いている方々の意見とと一緒にご紹介していきます。

※他にも麻痺のある方の仕事に関する体験談がたくさん届いています。
→麻痺のある方の体験談はこちらへ

3. オススメの企業・業界・業種

では、これまでにあげたポイントを踏まえ、実際に働いている方の声を参考に具体的に満足度が高い企業とその特徴について紹介します。

【障害も含めて個人として認めてくれる】
・日本オラクル株式会社
「障害があろうとも差別することなく、障害を理解した上で他の人と平等に扱ってくれます。身体の状況が違ってもしっかり“1人の人間としての仕事”を向きあってもらえるところです」
満足度:★★★★★
配慮 :★★★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

【仲間の理解、面談の機会があり問題解決できる】
・石田プレス工業株式会社
「脳梗塞による上下肢麻痺がありますが、私の病気を仲間たちが全部知ってくれ、とても配慮があります。障害者であることの枠がなく 不当扱いされていません。たまに人事との面談があり、困ったことがあれば話し合うことができます」

「脳梗塞の後遺症で左半身麻痺と言語障害です。退職を選ぶことがなく会社側が待ってくれたことが とても嬉しいです。言語障害で会話ができないため配慮してもらい配属を変更で午前中のみなので無理せずに仕事することができる。感謝したいと思います」

満足度:★★★★★
配慮 :★★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

【障害者主体の職場で仕事がしやすい】
・株式会社スタッフサービス・ビジネスサポート
「障害者ばかりなので、体調を気遣っていただけること。何かあってもいいやすい。体調面での配慮が凄くあると思います。休みやすく早退もしやすいです」
満足度:★★★★
配慮 :★★★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

【さり気ないサポートが心地よい】
・社会福祉法人 協同福祉会
「原因がもやもや病で脳梗塞を発症し半身麻痺、高次脳機能障害です。特に麻痺手が全く動かず、両手を使う事が困難。また失語症でもあり、相手が何を言っているのかわからない事が多く、理解するのに時間がかかりますが、失語症でとっさに話が出てこない事が多くあり、介護施設の利用者の方に話しかけられた時フォローして下さった。多くの職員の方がさりげなくフォローして下さるのでありがたかった」
満足度:★★★★★
配慮 :★★★★★
→この企業に関する口コミはこちらへ

今回のアンケートで寄せられた満足度が高い職場としては、大企業が多い傾向が見られました。その理由として一定数の障害者雇用を実施していることや、バリアフリーの設備が整っているということが考えられます。また、医療・福祉系の職場は働いている人の意識や環境面から障害者の方にとっては働きやすさを感じることができる人気の職場と言えます。

しかし近年、特に障害者雇用が進んでいることから大企業や医療・福祉系ではなくても麻痺があっても働きやすい職場が増えているでしょう。
どのような職場でも働くとなると、働く側も雇う側もメリット、デメリットがあります。就職活動では自分にとってメリットが大きい企業に出会うことができるよう、幅広く探していくことをおすすめします。

4. 面接のポイントは伝え方

「相性もあるので、たくさん面接を受けるしかないと思います。」

これは、今回のアンケートでの回答です。
面接は人と会社の最初の出会いの時です。採用されることが目標ですが、気負いすぎずに「縁」があるかないかと捉え、自分にあった職場との縁を探してどんどん出会っていきましょう。

しかし、闇雲に進めることは、体力的にも精神的にも好ましくありません。
ここまで見てきたこと「働きやすい環境を得るためには会社や一緒に働く仲間に自身の障害のことを知ってもらい、理解を得ること」を大切に仕事探しを進めていきましょう。

ここからは、自分と会社、お互いを知るための最初の機会である「面接」のポイントをご紹介します。どのような伝え方をするのが良いのかを、経験者からのアドバイスと併せてみていきましょう。

4-1 自分を知ってもらう(伝えるべきこと)

「面接時に、自分の障害については正直に話しておいた方がいいと思います。入社してからじゃないと分からないこともありますが、最低限配慮してほしいことを言っておかないと苦労すると思います」

「主治医の診断書を提出して、自分の病気の特徴、障害の悪化する可能性、出来ること、出来ないこと、将来できなくなるであろうことを明確に伝えておく」

「自分の障害について正確に把握し、身体障害者手帳にも正確な内容が反映されるようにしておいた方がよい。自分の場合には視覚障害が手帳に記載されていなかったとの理由で、入社後に困難が多かった。障害を隠す、軽く見せるより、最初から自分の困難な点とそれをどうカバーできるかを伝える方がよい」


面接では、これまでの経験やスキルとともに、仕事をする上で具体的に障害となることや、どのような支援が必要かということについて伝えることが大切です。そのためには、麻痺について的確に伝えることができるように事前に情報を整理しておく必要があります。

麻痺の原因となった疾患、現在の治療について、確認が必要なことは面接前に医師に聞いてクリアにしておきましょう。

■伝え方のポイント
① 麻痺の状態を伝えましょう
② 麻痺で動かないこと、それによってできないことを伝えましょう
③ サポートがあればできること、どのような支援や協力が必要なのかを伝えましょう
④ 職務経歴書と併せて、分かりやすくまとめたものを会社用に準備する方法もよいでしょう

4-2 会社についての確認(質問すべきこと)

「実際の導線やトイレは見ておいた方が良い」

「突然の病気再発でも休暇を無理なく取れるか確認しておく」

「通勤のルートも実際に見て、できれば実際に一遍通ってみるのが良い。電車やバス等、表向きはバリアフリーを謳っているが実際は電車を降りて改札を出てからエレベーターの場所がものすごく遠かったりします」


実際に面接当日に会社のトイレを見るまではしなくとも「会社に慣れ、仕事をしていく上で職場の環境を確認しておかないといけない」という意識を持って面接官と話すとよいでしょう。

与えられた仕事をやり遂げ、長く働き続けることができるように、面接の場で不安や疑問点をクリアにすることが大切です
併せて、通勤経路を自分でシュミレーションすることも必要です。面接で確認しておくと安心感が増しますね。

■質問することのポイント
① 導線など動きやすい職場かどうかを確認しましょう
② 勤務体制を確認し、障害に関わる事柄への配慮を得ることができるかを確認しましょう
③ 通勤方法を確認し合うと共に、他の方のケースや会社の助言などを得るようにしましょう

「伝えること」「質問すること、確認すること」を漏らさないためにも、面接に向けてチェックシートを作成しておくと安心です。チェックシートの項目や様式、作り方は自己流で構いません。

但し、いくつかの会社で面接した経験を次の機会で活かすことができるように、実際の面接でのやり取りや結果を書き留めると良いでしょう。仮に失敗した経験であっても振り返りをすることで将来的には成功に繋がります。

※他にも麻痺のある方の仕事に関する体験談がたくさん届いています。
→麻痺のある方の体験談はこちらへ

5.入社後に心がけていること

さあ、縁のある職場に採用が決まりました。麻痺とうまく付き合いながら働いている方は、入社した後にどんなことを心がけているのでしょう。
工夫していることや、周囲の方のサポートで解決したことなど、実際の業務での経験を紹介します。

5-1 周囲と連携して働く

「まず自分の障害について、できることとできないことをきちんと伝えることが大切です。 雇用者側はほとんどが障害を持たない人であり、実際どのようなことで困るのかというのはわかりづらいです」

「病気持ち故に出来ること、出来ないことをはっきりさせておいて、それをしっかり伝えておくと、急な欠勤にも対応してもらえる」

「できるかもしれないことはゆっくりでも時間が許せば自分自身で行う」

「早く動けない分他の人がその部分を担当し、変わりにその人の事務作業を私が受け持つというようにできることをさせてもらっています」


「できないこと」「できること」「サポートがあればできること」を会社に理解してもらうことで必要なサポートや配慮がされていることがわかります。アンケートの結果からは、そうした配慮をしてくれる会社の期待に応え、良好な関係を維持したいという気持ちが伝わってきます

また、普段から業務の手順書などを作成しておくと仕事が滞るというリスク管理ができます。 そして、自分ができることに積極的に取り組むという姿勢で働いている方は、職場でのスキルアップやキャリアアップができる可能性が広がりますね

5-2 自分仕様で働きやすく

「左麻痺のためキーボード入力を右手のみで行います。右手キーのダブルタッチで左手タイピングをサポートするフリーソフトを利用しています」

「パソコンなど自分の使い勝手の良いように仕様を変更したり、職場の協力を得て動きやすいようにオフィス内動線を考慮してもらった」


パソコンは障害のある方向けのカスタマイズの方法も多くあり、職場の備品も障害のある方にとって使いやすい工夫がされたものもあります。

また、デスクの配置なども自分が働きやすいようなレイアウトにすることや便利に活用できる物品の導入の相談、検討が会社とできる関係を築くことができると、これから先も障害者の方が働きやすい環境に改善されていくことが期待ができます。

麻痺があっても働きやすい職場で働くことができる人ということは、後に続く同じような境遇の方の希望にもなりますね。

5-3 体調管理

「疲れてきたら無理をしないように、適度に休憩をとりながら、仕事をする。疲れた場合は、早めに上司に現在の状態を言って、休める時は無理をせず休むようにする」

「足が硬直するのを防ぐため、しょっちゅう立ち上がって動く」

「無理せず思い切って休むようにする」


麻痺がある方は仕事に就いてからも、通院が必要なことや他の方と比べて疲れやすさや体調不良に陥ちりやすいということが考えられます。

継続して健康管理が必要な方にとって必要な休暇や休息、やむを得ない欠勤は仕事をないがしろにしていることとは違います。体調悪化防止や再発防止などの体調の自己管理ができるということは仕事に対しての責任でもあります
長く安定して仕事を続けることができるということが大事です。

※他にも麻痺のある方の仕事に関する体験談がたくさん届いています。
→麻痺のある方の体験談はこちらへ

6. これから仕事をさがす方へ

働きやすい職場環境や入社後の心がけについてご紹介してきました。
ここでは、麻痺があっても実際に働いている方はどのように求職活動をしたのか、仕事探しの方法について参考になる意見をご紹介します。

6-1 仕事の探し方

障害を持っている求職者は「一般雇用枠」と「障害者雇用枠」の両方に応募することができます。 「一般枠」は、障害であることを伝えず(クローズ)仕事をすることになります。
障害のない方と同じように働くことため、広い職種から選べ、昇進や昇給などの機会もあります。しかし、麻痺があることへの理解を得られにくく、周囲のサポートを受けることは難しいのが現状です。

「障害者雇用枠」は、障害であることを伝えて(オープン)仕事をにすることになります。そのため、職場の理解を得られ、周囲のサポートが受けやすくなるなど、働きやすさにつながることも考えられます。

麻痺があることで応募できる職種は減ったかもしれませんが、障害をもっていることで応募できる求人枠が2つに増えたと捉えることもできます。

仕事探しには、ハローワーク、障害者就業・生活支援センター、地域障害者職業センター、就労移行支援事業所、障害者専門の人材紹介会社、転職サービスなど様々な方法があります。多くの方が利用されているサービスについてみてみましょう。

①ハローワーク
障害を持つ方向けの求人について相談することができるほか、全国に障害者を対象にした就業支援のための施設があり、これらの施設の情報もハローワークで尋ねることができます。
「障害者雇用枠」の活用では専門のスタッフが職探しの相談や面接、就職後のことについて総合的に相談にのってくれます。

②障害者の方向けの人材紹介会社
障害を抱えることで、働くことに不安を覚えている方の就職活動を応援してくれる専用の人材紹介会社をご存知でしょうか?

具体的には、履歴書の書き方や面接の練習、おすすめする企業の紹介やその企業との連絡、事前見学の調整、入社後のケアや相談など、全面的なサポートなどを行ってくれます。

ハローワークなどでは公開されていない求人情報も扱っています。また企業との連絡が密なので、ホームページや求人票からは得られない職場環境なども知ることができます。

利用した方の声が寄せられているので紹介します。

「障害をわかったうえでそれを理解してくれる会社を探してくれました。仮に障害があっても何の問題もなく働けます。その状況を理解してくれる会社というのが絶対に存在するので、体験談や口コミを見ながら就職サービスのスタッフを良い意味で利用し、妥協せずに根気よく仕事を探していくことだと思います」

国は、障がいのある方の雇用の安定を目指し、企業に一定数以上の障害者を雇用するように法定雇用率を2018年から段階的に引き上げています。その効果は障害者の就職人数が増加しているという調査結果に表れています。

前向きに、さまざまな機会を活用して就職を目指しましょう。

6-2 会社見学は積極的にした方がよい

「会社見学ができるならした方がよい」

今回のアンケートでは、仕事探しの過程で会社見学ができるならした方が良いという声が多く寄せられています。気になる企業があれば、相談して見学の相談をしてみると良いでしょう。

先ほど紹介した、ハローワークや人材紹介会社でも、見学時期や見学時間の調整をしてくれることがありますので相談してみるのも良いですね。会社見学をすることで通勤ルートや職場環境の確認できるだけではなく、職場の雰囲気を感じることができます

特に、一度就職したことがある方の場合は、麻痺を発症する前の自分と今の自分では状態が異なっているので気持ち的な部分で再スタートを切ることに勇気が必要かもしれません。

新たな気持ちで改めて就職への一歩を踏む出すためにも、会社見学が良い意味で現実を見つめるきっかけになるかもしれません。

7. 最後に

「何ができて、何ができないのか、自分自身で常々十分に考えて、認識しておくことがまず大切だと思います。その上で、必要とされる仕事の中に自分にもできる仕事があるか、会社の窓口担当者と一緒によく考えるべきです。意外なことができたり、反対に、できそうな易しそうな仕事がどうしても無理だったり、というようなことがよくあります」

こちらは脳梗塞の後遺症で麻痺がある方が寄せて下さったコメントです。このコメントには今回のコラムで伝えたい要点が凝縮されています。

先天的に麻痺のある方も、病気や怪我により麻痺が生じた方も、希望の会社に就職して自分らしく働くことを実現させたいと望んでいます。

「受け身では何も出来ません。ハンディキャップがあっても出来る事はたくさんあると思います。初めの一歩で長く続けられる仕事もあると思うので、とりあえずやってみてください」

自分自身の麻痺のことを伝えることで、必要な支援や協力を得られチャンスが生まれます。 受け身でいたばかりに折角の働きやすい職場環境を手に入れることができなかったり、環境を整える機会を失ってしまったりすることは勿体ないことです。

前向きなチャレンジが道を拓きます。自分らしく働くことができる仕事探し、そして職場作りを目指していきましょう。

※他にも麻痺のある方の仕事に関する体験談がたくさん届いています。
→麻痺のある方の体験談はこちらへ

著者情報

新着口コミを毎週火曜に定期配信中
働きやすい環境を見つけるきっかけに


口コミを受け取る

関連するコラム