UMBRE

うつ病患者に聞く、症状と上手く付き合いながらでもできる仕事選びのポイント

うつの疾患を持ちながら仕事を続けている人、療養から仕事復帰をすることになった方にとって、職場環境への不安や悩みは数え切れないほどあるはずです。

あなたの症状を周囲の同僚や上司たちがどう捉えるのか、そもそも快く受け入れてもらえるのか…

ストレスの多い環境では、「会社に行けない」、「仕事が続かない」という事態への懸念もきっとありますよね。

または、現在お勤めの職場に不満を抱えていて、転職活動を検討している方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときに頼りになるのは、やっぱり同じ境遇にいる仲間の実体験ではないでしょうか?

そこでこの記事では、仕事をしながらうつと向き合っている方々から集めたアンケート結果を交えながら、みなさんが実際に職場で体験した「よかったこと」「辛かったこと」をまとめました。

また、アンケートで見えてきた「オススメの勤務先」として、うつの疾患を抱えている状態でもできる、うつの治療をしながら働くのに向いている企業もご紹介いたします。

目次

経験者の声から学ぶ、うつと上手く付き合える仕事選びに大切なこと

まずは、うつの疾患を持ちながらも仕事を続ける方々からの、仕事選びに対するアドバイスを見ていきましょう!

集まった回答の結果は、以下のような2つのポイントに大きく分かれているようです。

1、 うつの疾患を隠さない 2、 自分が無理せず働ける環境を考えてみる

では、アンケート結果の生の声を交えながら、それぞれ詳しく見ていきましょう。

①うつの疾患を隠さない



「やはり、自分が病気だと隠してしまう方もいると思いますが、隠そうとすると、余計に不安やストレスがたまりやすくなり、長続きしないと思います。勇気を出して、面接をした方がきっと自分に合う職場が見つけられるはず。」

「確かに、素直に話せば面接で落ちる可能性は飛躍的に上がると思います。しかしながら、それを隠して入社したところで自分の病気や障害を隠しきれるわけではありません。そうなった時に会社に迷惑がかかるのはもちろんですが、一番困るのは自分です。」

「しっかりと自分の症状や仕事が出来るペースなどを訴えた上で、雇ってもらえる場所が最高の職場になると考えています。」

うつの疾患を隠していると、職場での人間関係にもかえって悪影響があります。
仕事で失敗をしてしまったとき、本当はうつの症状が原因だったとしても、周囲の人々はそれに気づくことができないかもしれません。
何度もミスを繰り返すあなたに、不信感を抱いてしまう危険性もあります。

そしてなによりあなた自身が、秘密を抱えながら仕事をするのは苦しいですよね。
「うつと分かったら採用してもらえないかもしれない…」といった不安も、ひとまず拭い去ってしまいましょう。

そもそも「うつだから」という理由で不採用になってしまうような企業には、入社してからもあなたをきちんとケアしてくれる環境は望めないはずです。

②自分が無理せず働ける環境を考えてみる



「一人で仕事をするのはプレッシャーも強く責任が重くなりますので、決して一人で仕事をしない、チームワークを重視した会社が良いかな、と思います。」

「上司の知識や寛容さ次第で病気に対する対応がガラっと変わってしまうのは事実です。良い上司、理解力の高く相談にもきちっとのってくれる真面目な上司に巡り合うと、やる気が俄然高まり「頑張ろう」という意欲が非常に高くなります。」

「通勤時間もあまりかからないところの方がいいかと思います。長時間の電車通勤などですと、それだけでもきついです。それから、私は朝に気分が落ち込むことが多いため、昼間ぐらいから働けるような職場がいい、というように、それぞれ働きやすい時間帯もあるかと思いますのでそこもきちんと確認しておくべきだと思います。」

「「選り好みはしている暇はない」とか、「入れればどこでもいい」と言うスタンスは病状が悪化するリスクがあるので非常に危険です。自分の肌に合うか、仲間と分かち合えそうか、必ず確認しましょう。」

「離職率を聞くのがよいと思います。よい会社なら、離職率が高くなるはずがないからです。また、入社後はどういったケアがあるのかも聞いておくと良いと思います。」

うつの疾患を快方に向けていくためには、できないことを頑張りすぎないのも重要です。

そのためにはまず、「どんな職場なら、自分が無理しないで心地よく働けるか」を考えてみることが大切。

それらをまとめたら、転職を考えている企業などに聞いて不安をクリアにしていきましょう。

次の章では、うつと上手く付き合っていくための企業選びのポイントをご紹介します。

うつと上手く付き合える企業選びと面接のポイント

うつの疾患を持つ方が転職活動で気をつけるポイントは、世間一般のそれとは少し異なります。
特に、うつの場合はより配慮が行き届いた障害者枠求人への応募も可能なので、一般雇用とどちらを希望するかを事前に考えておくのがいいでしょう。

企業選びのポイント



うつの疾患をお持ちの方が働きやすい企業を考える場合、会社のミッションや業務内容よりも大きな決め手になりうるのが「職場環境」です。

会社紹介の採用ページや企業サイトだけでは、あなたが実際に働くことになるであろう職場の雰囲気はつかめないかもしれません。

企業によっては職場を事前に見学させてくれるところもあるので、まずはお願いしてみるといいでしょう。

周りの人間関係でのフォローも大事なので、職場を事前に見ておくとよいと思います。

勤めるであろう場所を可能ならしっかり見学することだと思います。通路、トイレ、持ち場の仕事場など。エレベーターがあるかどうか。段差があるなし、階段に手すりついているか。自分が動くということに支障がでないかどうか。 仕事内容も見学できるならどんな雰囲気であるか仕事の流れなども確かめつつ後は自分のペースで仕事がはかれるか、パーソナルスペースを保てるかなどを見極めるのがオススメです。

社内に同じ病気や障害の人がいるかどうかも確認してみることを勧めます。既に障害者の雇用をしている職場なら、ケアやサポートの体制が整っている可能性も高いです。

無理をして症状が悪化したり再発したりすることのないように、現場を自分の目で判断する他、就労支援サポート担当者の有無やその対応なども確認できたら理想的です。

面接のポイント



転職活動の面接は、企業側があなたを審査するだけの場ではありません。
大事なのは、あなたが企業が求めるものと企業があなたに求めるものがマッチングすること。
不安や疑問がある場合は、面接時の質問タイムなどでクリアにしておきましょう。

具体的に聞いておきたい内容については、以下の経験者さんの声を参考にしてみてください。

聞くべき事は全て面接で聞いた方が良いです。うつ病などの精神疾患は考慮してもらえるのか、配慮はあるのかなど。

もし、精神面で何かあったら時短勤務ができるのか、通常よりも多く休憩を取ることができるのかを、聞くべき質問として挙げられるかと思います。

時間設定や業務内容調節だけでは、「障害者に対する理解があるかどうか」を図れません。自分がどこまで出来て、何が出来ないのかその都度明確にしておき、それを職場に伝える必要があります。

就職先を探す時には、障害に配慮がある障害者枠での採用が理想ですが、待遇面などで生活の維持が難しい場合には、障害をオープンにしても通常の求人で採用される事はありますので、諦めずに何度も挑戦することが大切です。

休職期間についての定めがあるかどうか、実際に休職した場合の給与はどうなるのかを聞いておくと良いでしょう。

心地よい職場環境でうつと上手に向き合っていくためにも、面接時での質問のチャンスは大事にしましょう。

働きはじめてから大変な思いをするほうが、あなたの心にとっても大きな負担になってしまいます。

うつの疾患を持つ方が実際に経験していること

では、このような意見をくださったうつ病患者の方々は、実際にどんな経験をしてきたのでしょうか?

アドバイスの裏側には、それぞれ辛い経験もあるはずです。
アンケート結果の中から、特に意見が多かった内容をいくつか抜粋してご紹介します。

仕事をしていて、辛かった経験は?


そもそも障害に対して配慮をするという発想自体がないのではないかと疑ってしまうような職場でした。今でいうところのブラック企業でしたので仕方ないとは思いますが、障害を持つ方にはとてもきつい職場だと思います。

健常者と同じように難しい仕事を指示され、プレッシャーも大きかったです。面接などでも一人で仕事をするとは聞いておらず、非常に大きな責任もあったので、不安になることが多かったです。

残業を抑制する仕組みが整っていませんでした。うつ病になる人が私以外にもいたにも関わらず、過去の反省が全く活かされていませんでした。産業医との面談はありますが、面談の結果を通じて、業務内容が軽減されることはなく、なんのための面談かがわかりませんでした。

もしかしたら、この記事を読んでいるあなたにも同じような心当たりがあるかもしれません。

でも、安心してください。
このように辛いエピソードばかりが集まったわけでは決してありません。

次に、うつの疾患にきちんと配慮してもらいながら働いている方の経験談もご紹介していきますね。

今の(もしくは以前勤めていた)職場で受けている配慮は?


毎朝、自分の精神状態の確認をしてから仕事量を決めてもらえたので、無理なくテンポよく仕事ができました。また、終業後に今日感じたことを聞いて頂き、体調に関して心配な点や周囲から見た客観的な自分を把握して治療に役立てることができ、病気と向き合いながら仕事をすることができました。

通院に際しての早退を認めてくれたり、急に休んでも怒られるどころか皆さんが体調を気遣ってくれました。症状が酷くて買い物に行けず食料がなかった時に、先輩が自腹でお弁当を買って家まで届けてくれたこともありました。休職も限度の日数いっぱいまでさせてもらいました。本当にいろいろなところで、物理的にも精神的にも助けてもらっています。

上司や同僚にも同じ疾患を持つ人がいて理解のある職場だったので、うつをオープンにしてからはプレッシャーから解放されてストレスが減りました。

うつに対する理解と配慮のある環境がやはり働きやすいようです。
周囲の人々が優しさに溢れ、安心して仕事ができる環境をできるだけ探してみましょう!

うつの疾患を抱えながらでも働きやすい業界・業種、企業

では、ここまでご紹介してきたアンケート結果から、具体的にポジティブな回答をくださった方がおススメの業界・業種や企業を具体的にご紹介していきます。

①オススメの業界・業種



・業界:システム開発、製造業、アパレル
オススメ業界は、対人ストレスが少なく、集中して作業に取り組むことができるシステム開発や製造業です。
また、反対に接客系の業務も多いアパレル業界がオススメなのは、うつへの配慮が整っている企業もあることが理由のようです。

・業種:電話対応、接客、カスタマーセンター、窓口
意外にも、お客様とのコミュニケーションがメインの業種がオススメというアンケート結果に。

これらはマニュアルがしっかりあるため、安心して業務に専念できることがメリットのようです。

直接相手と顔を合わせる接客やカスタマーセンターのお仕事に抵抗がある場合は、電話対応のみの業種を選ぶとよいでしょう。

②オススメ企業



具体的なオススメ企業は、以下のように「オススメポイント」別にまとめてみました。 実際に勤務していた方の「生の声」もご紹介するので、就職活動の際の参考にしてみてくださいね。

■福利厚生や制度が充実している

・東日本技術研究所
「有給休暇制度や残業振替などの制度が充実しており、風邪などでやむなく欠勤しても給料に直接響くことがありません。」

・NTT東日本-東北 総務部 購買課
「福利厚生がとても充実しています。 有給も取りやすい環境 職場も相談できる環境です」

・キヤノン株式会社(派遣労働
「大手企業なので施設が充実していて、福利厚生も正社員に準ずる形で提供されます。 服装がある程度自由なのも◎」

・富士通株式会社
「福利厚生制度が大変手厚く休職中も不自由なく暮らせました。復職する際も、就業規制や産業医面談などのサポートがありました。」

・武田薬品工業株式会社
「会社が設けている制度、組合や共済会の支援は非常に手厚いです。一定の条件を満たせば、病欠→有給休職→無給休職を取得でき、その間の所得も保障されます。定期健診まで会社負担で受診できます。ただ職場や職種により、認知度や理解度、活用度に差があります。理解のある職場や上司に恵まれれば、安心してリスタートできます。」

■病気や障害者への理解がある

・株式会社ノジマCS担当 アニメーションスタジオ
「障害者雇用に積極的。若い人が多く、冗談を言い合ったり楽しい職場です。 数か月に1回、自己評価表をつけて上司と話し合うことができ、シフトの相談にもよく乗ってくれます。」

・社会医療法人きつこう会
「何らかの病気や障害がある方にとってはとても理解があり、その病気や障害の程度に合わせて仕事を割り振っていただけるため、リハビリも兼ねて社会で働きたいという方にはとても良い職場だと思います。頻繁に上司や先輩から声をかけて頂けます。」

・日本電気株式会社
「研修教育でうつ病についての理解が深まるよう全社で取り組んでいて、うつ病の社員も無理なく働ける配慮をする空気が生まれてきました。周りに助けられながら仕事が出来ています。 他にもうつ病の社員がいるので、部署にも助け合いの気持ちがあるのがありがたいです。」

・株式会社リクルートオフィスサポート
「特例子会社ということもあり、さまざな障害を持った人が働いているため、自分の障害で引け目を感じることが少なく、体調管理もしやすいです。また、さまざな職歴の人がいるため、初めて携わる仕事は丁寧に教えてもらえるので、働きやすいです。」

・株式会社熊谷組人事総務部
「障害者雇用に理解があり、制度も周りの人間関係も良かったです。病気などへの偏見も感じられず、体調面でフォローしてもらえるので働きやすいです。」

■仕事内容がおすすめ

・雪印メグミルク株式会社
「シフト勤務で時間が決まっており、基本的に残業もないので、体のリズムを作りやすい。また、マニュアルによって定型化した仕事が基本なので、顧客応対が苦手でなければ勤まりやすいのではないでしょうか」

・株式会社富士通
「成果評価制度が浸透しているため、自分で計画を立てて実行していく力がある人にはオススメめです。粘り強く自身の仕事に取り組み、改善していける思考を持っている方だと活躍できるはず。」

■職場の雰囲気が良い

・ユナイテッドアローズ
「和気あいあいとした職場で、「些細なことでも何かあった場合は上司や営業担当に話すようにして」という配慮が非常に良かったです。」

・株式会社アカデミア 学習塾講師
「アットホームな職場で、体調が悪いときもある程度配慮してくれます。短時間労働など、さまざまな働き方を選択することができるので、持病がある人も働きやすいです。」

・高場産業建設課
「社長と社員の垣根がなく、とても風通しの良い社風です。みんなが声をかけてくれるので、コンディションを整えることができます。体調が不安定で復職をためらっている方にも安心してオススメできる職場です。」

・グリーンテック
「人間関係が良く、困ったことは話してほしいと働きかけてくれて、「力になりたい」とまで言ってくれます。顔の表情なども観察してくれていて、気分が悪そうだと話し相手になってくれるうえ、適切なアドバイスもしてくれる環境です。」

大事なのは、「うつでも幸せに働く覚悟」かもしれません

うつの疾患に関して理解があり、きちんと配慮してもらえる職場もあれば、そうでない職場もあります。

そんなさまざまな企業の中であなたが幸せに働ける環境に出逢えることを、私たちは心から願っています。

ちょっとでも「おかしいな、不安だな」と思ったときには、うつを悪化させてしまいかねない危険な職場から早めに逃げたってかまいません。

しかし今回ご紹介した内容は、そのような状況にあなたが陥ってしまう前にできる予防線のようなもの。

あなたの大事な心を守り、ありのままのあなたで仕事をしていくために、最初の段階で我慢をしないことを大切にしてくださいね。

著者情報

関連するコラム